GPU情報

IntelのRaja Koduriが3DMarkメッシュシェーダーテストでXe HPG Enthusthusthusast Gaming Graphics Cardsを発表、発売は間近?

投稿日:

Intelの上級副社長であるRaja Koduri氏は、しばらくの間、自身のTwitterフィードでいくつかの大きな爆弾を投下してきました。

最近のものはXe HPCチップのショットで、これは工学的な驚異ですが、ラジャはギアを切り替えて、Intel初のゲーミング・ディスクリート・グラフィックス・カードであるXe HPGのティーザーを投下したようです。

Intelが3DMarkのMash Shader機能を搭載したXe HPGのゲーミンググラフィックスカードのティーザーを公開

IntelのXe HPG(High-Performance Gaming)ディスクリートGPUやグラフィックスカードについて最後に聞いてから、しばらく経っている。Intelの主な焦点はXe-LPであり、Xe HPCがこれまでで最大のチップデザインであり、Xeのフラッグシップ製品であることを考えると、彼らはXe HPCが提供する技術の中でより深く潜っている。

しかし、Xe HPGは、ゲームコミュニティがより注目しているところであり、HPG GPUをベースにしたIntelのディスクリート・グラフィックス・カードの最初のティザーを入手しました。

Raja氏のティザーには、未公開のIntel Xe HPG GPUベースのディスクリート・グラフィックス・カードがUL 3DMark Mesh Shader Featureテストを実行している様子が映し出されています。

このテストは近日中に公開される予定で、3DMarkテストスイートに統合される予定だ。

メッシュシェーダーは、2020年に戻ってDirectX 12 Ultimate API内で導入された主要な機能の1つです。この機能は、NVIDIAのTuring、Ampere、AMDのRDNA 2グラフィックスアーキテクチャでサポートされている。

このツイートをもとに、IntelはXe-HPGクラスのディスクリートGPUにもメッシュシェーダーのサポートを追加するという。

この技術は、非常に複雑なオブジェクトが相当数存在するシーンをレンダリングする際に、パフォーマンスと画質を劇的に向上させるのに役立つ。

例えば、非常に複雑で三角形を多用したメッシュを、Mesh Shadersが基本的に行うことは、それをより小さなメッシュレットに分割することです。各メッシュレットは、その中での頂点の再利用を理想的に最適化します。

新しいハードウェアステージとこのセグメント化スキームを使用することで、開発者はより多くのジオメトリを並列にレンダリングしながら、より少ないデータ量でデータを取得することができます。

メッシュシェーダーの詳細については、NVIDIAとMicrosoftの開発者ブログを参照してください。

 

同じメッシュシェーダーでも、一般化されたGPUコンピュートのフルパワーをジオメトリパイプラインにもたらし、開発者はパフォーマンスに妥協することなく、これまで以上にダイナミックなワールドを構築することができます。

高度なカリング技術、LOD(Level of Detail)、シーン内での無限のプロシージャルなトポロジー生成を可能にします。

Gen 12グラフィックスアーキテクチャに基づくXe HPG GPUは、ブランドの新しいデザインであるため、これらのようなブランドの新しいシェーディング技術を搭載することが期待されています。

それ以外にも、Intelのディスクリートグラフィックスカードは完全にレイトレーシングと他の機能の範囲をサポートします。

仕様といえば、グラフィックス カードは、4096 コア、GDDR6 メモリに相当する 512 実行ユニットを備えていることが期待され、外部のFab、そのほとんどは恐らくTSMCによって製造されます
我々 は、我々 はインテルの Xe HPG グラフィック カードについての詳細を聞く場合は、投稿を維持します。

GPUファミリIntel Xe-LP
(第一世代)
Intel Xe-HPG
(第一世代)
Intel Xe-HP
(第一世代)
Intel Xe-HP
(第二世代)
Intel Xe-HPC
(第一世代)
GPU
セグメント
Entry-Level
(Integrated +
Discrete)
Mainstream /
High-End Gaming
(Discrete)
Datacenter &
Workstation
Datacenter &
Workstation
High Performance
Computing
GPU世代Gen 12Gen 12Gen 12Gen 13Gen 12
製造プロセスIntel 10nm
SuperFin
External
Foundry
Intel 10nm
SuperFin
未確認Intel 10nm
SuperFin
External Foundry
GPU製品Tiger Lake
DG1/SG1 Cards
DG2 GPUsArctic SoundJupiter SoundPonte Vecchio
スペック/
構成
96 EUs / 1 Tile
/1 GPU
512 EUs / 1 Tile
/ 1 GPU
2048 EUs /
4 Tiles Per GPU
未確認8192 EUs /
16 Tiles per GPU
メモリ/
サブシステム
LPDDR4/GDDR6GDDR6HBM2e未確認HBM2e
発売年2020202120212022?2021-2022

ソース:wccftech - Intel’s Raja Koduri Teases Xe HPG Enthusiast Gaming Graphics Cards In Action Within 3DMark Mesh Shader Test, Launch Imminent?

 

 

 

解説:

所謂ゲーミングXeの情報が久しぶりに入ってきました。

3D Markの新テストMesh Shader Testに関する情報です。

前から言っていますが、Xeは本来は2020年に発売する予定だったのだと思います。

Xeの内蔵GPUは96EU、1.35GHzで約2TFLOPSであり、512EUの単体GPUにリニアに性能を反映させると同クロックで約10.6TFLOPS、2.0GHzで15.7TFLOPSとなり、今となっては凡庸な性能になっています。

内臓GPUとして、たったの1.35GHzしか回らないXe-LPがディスクリートにしただけで2.0GHzまで回るかどうかと言うのははなはだ疑問です。

※ Renoirの内蔵Radeonは最大1.9GHzです。

15.7TFLOPSがどのくらいかと言うと、RTX3060Tiが16.2TFLOPS、RX6800が16.17TFLOPSです。

※ ただし、BigNaviは演算性能の割にはゲーム性能がかなり高いです。

2021年においては2.0GHz動作でもミドルハイクラスの性能になっています。

私の予想では回っても1.7-1.8GHz程度だと思っていますので、実際の性能はもっと低いのではないかと考えています。

2020年に出せていればセンセーショナルなデビューを飾ることができたと思いますが、今出しても恐らく、Navi10と同じような扱いになるのではないかと思います。

Navi10も10TFLOPS弱の性能で、こちらはRTX2080無印/2070SUPERと同程度の性能でした。

Navi10は素晴らしいGPUだったと思いますが、市場からどのような扱いをされたかを考えると初代Xeの扱いがどのようになるのかは想像に難くないです。

現代のGPUは単純に単体で「良い製品」と言うだけでは売れません。

ラインナップの中で圧倒的な性能を誇るフラッグシップがあり、少なくともDLSSのようなAIを使ったアップスキャンフレームレートアクセラレーターとレイトレーシングアクセラレーターに対応し、4Kのゲームで100FPS前後のフレームレートを叩き出す必要があります。

BigNaviでRadeonが脚光を浴びる中、ぱっとしない船出になりそうなXeを見ると、Raja Koudariさんの先見の明はあまりなかったのかなと思います。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.