GPU情報

AMD Radeon RX 6400を159USドルで発売。初のRDNAグラフィックスカードは、ロープロファイルで登場、エントリーレベルのPCをターゲットにした53W TDP

投稿日:

また、AMDは、低価格PCセグメントをターゲットとした、最もエントリーなRDNA 2グラフィックスカードであるRadeon RX 6400を159.99USドルで静かに発表している。

AMD Radeon RX 6400が発表された。エントリーPC向けの4GBグラフィックスカードだが、唯一のロープロファイルRDNAオプションでもある

Radeon RX 6400で、AMDはエントリーレベルのデザインになるとはいえ、そのモダンアーキテクチャに基づくITXおよびロープロファイルグラフィックスカードをDIYスペースに復活させようとしています。

Radeon RX 6400は、多くの電力を必要とせずに、統合型グラフィックスよりもわずかに優れたGPU性能と能力を提供するエントリーレベルのソリューションです。

また、このカードはコンパクトなデザインで提供されるため、HTPCやSFF PCに最適な候補となることでしょう。

AMD Radeon RX 6400 4GB グラフィックスカード仕様

AMD Radeon RX 6400は、Navi 24 GPUコアをベースに、TSMC 6nmプロセスノードを利用しています。

107mm2のダイサイズに54億個のトランジスタを搭載し、12個のRDNA 2 Compute Unitsに合計768個のストリームプロセッサを搭載しています。

クロックはリファレンスのみで、ベースクロックは2039MHz、ブーストクロックは2321MHzとされ、3.5TFLOPsの馬力を発揮することができます。

また、メモリはGDDR6を4GB搭載し、64bitバスインターフェイスで1750MHz(14Gbps)で動作する。

これにより、合計112GB/sの帯域幅を実現しています。

AMD Radeon RX 6400グラフィックスカード全体のTDPは約54Wで、そのため外部電源コネクタを必要としない。

興味深いことに、このカードは統合されたRadeon 680M GPUと同じスペックを持ち、12個のCompute Unitを備え、TDP制限のある設計であるにもかかわらず、Radeon RX 6400よりも高いブーストクロックを特徴としています。

Radeon 680Mのクロックは2400MHzで、RX 6400が3.56TFLOPsのFP32演算能力を発揮するのに対し、3.68TFLOPsの馬力を生み出します。

これはわずか3%の差ですが、同じスペックとアーキテクチャに基づくデスクトップ設計に匹敵する統合ソリューションが存在するのは、これが初めてです。

現在、Radeon 680MはCPUとリソースを共有しており、今のところノートPCにしか搭載されていませんが、デスクトップは2023年初頭にAM5プラットフォームでリリースされる予定です。

そのため、エントリーレベルのセグメントで関心を集めることは間違いないでしょう。

HTPCやロープロファイルカードしかサポートしないスモールフォームファクターPC用にグラフィックスカードを探しているユーザーは、特に統合型グラフィックスを実行している場合は、これを以前のものからの改善と見なすでしょう。

さて、将来のiGPUがエントリーレベルのdGPUとどのように直接競合するかをお伝えしましたが、それについては、こちらをご覧ください。

上記の理由は、ほとんどの AIB が電源コネクタを必要としないロープロファイル製品にのみ焦点を当てている理由でもあります。

特に、すでに性能があまり高くないAMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードよりも遅くなるであろう基本性能を考えると、AIBはこれらのカードに工場出荷時のオーバークロックを施し、6ピンコネクタX1の仕様で発売したかもしれませんが、このカードは適していません。

以下は、このカードに施されるカスタムデザインの一部です。

 

これらのカスタムAMD Radeon RX 6400グラフィックス・カードは、159.99米ドルから販売されますが、より高性能な冷却設計を施したものは、もう少し価格が高くなります。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6400
AMD Radeon
RX 6500 XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)Navi 24 (XT)Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ107mm2107mm2237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数54億54億110.6億110.6億172.億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
ストリーム
プロセッサ数
768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数48/3264/32112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック2039 MHz2610 MHz2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHzTBA
ブーストクロック2321 MHz2815 MHz2491 MHz2589 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能3.5 TFLOPs5.7 TFLOPs9.0 TFLOPs10.6 TFLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量
・種類
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit64-bit128-bit128-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14 Gbps18 Gbps14 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112 GB/s144 GB/s224 GB/s256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W107W132W160W230W250W300W300W330W330W
価格$159 US?$199 US$329 US$379 US$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6400 Launched at $159 US: First RDNA Graphics Card To Come In Low-Profile Flavors, 53W TDP Aimed at Entry-Level PCs

 

 

 

 

解説:

RX6400が静かにロンチ

TDP53WのRX6400がロンチされました。

元々はOEM向専売で、リテール向けはRX6500となる予定でしたが、なぜかoem向けと同じ名称で出ることになったようです。

価格は日本円で2.5万円程度とかなり高いです。

円安もかなり影響しているのかなあと言った感じです。

性能はGTX1050Tiとほぼ同程度ですから、少し割高感ありますね。

この辺は腐ってもRDNA2と言った感じです。

AMDは既に内蔵GPUながら、RX6400と同じSP数のRembrandtを発売していて、旧世代の機種向けにRX6400を発売したのだと思いますが、このクラスのエントリーGPUはあと数年もすれば内蔵GPUの性能が追いつき必要とされなくなるかもしれません。

Phoenixでインフィニティキャッシュを搭載すれば、GTX1060の性能を追い越すことも可能になるかもしれません。

RX6400は時期的に言っても「最後のローエンドGPUになるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.