CPU情報

Intel 16C/24T「Alder Lake-S」CPUエンジニアリングサンプルは、Core i9-9900Kよりも高速

更新日:

16コア24スレッドのIntel 10nm Alder Lake-S

16コアのAlder Lake CPUがGeekbenchサイトに登場したのは今回が初めてではない。

実際、このCPUはここ数週間で頻繁に登場するようになった。これまでのリークでは、第12世代Core CPUがDDR5メモリを利用することがすでに確認されている。

今回のリークではまだ実証されていないのは、Alder Lakeが本当にどれだけ高速なのかということだ。

Geekbenchのソフトウェアが、Intel Hybrid Technologyの複雑な内部構造をまだ完全に理解できていないことは明らかだ。

このアーキテクチャをベースにしたCPUは、高効率な「Gracemont」コアと高性能な「Golden Cove」コアを利用することになる。小さなコア」はインテル社のハイパースレッディング技術をサポートしていないため、ソフトウェアが16コアと24スレッドで報告しているのはこのためだ。

ソフトウェアは基本周波数を正しく読み取るが、最大周波数の報告には問題があるようだ。

以前のリークと比較すると、この16C/24Tサンプルはベースクロックが速い。すでにGeekbench V5のリークでは1.4GHz、最近ではSiSoft Sandraの1.8GHzを見たことがある。

Geekbench V4のベンチマークでは、ソフトウェアはベース周波数として2.2GHzを報告している。このサンプルがより高クロックなモデルなのか、それとも単に成熟したプロトタイプを見ているだけなのかは不明だ。

ソフトウェアは27.2GHzの最大周波数を報告していますが、これは明らかにエラーです。

ソフトウェアがどのようにしてこのような数字を出したのかは不明ですが、8または10の掛け算ではないかと推測されます。

これは、実際の周波数が 2.7 から 3.4 GHz 程度であることを意味します。

また、この周波数はGracemontコアからしか読み込まれていない可能性もあり、Golden Coveに比べてブースト周波数が低いのかもしれません。

Intel Alder Lake-S 16コア24スレッド Geekbenchのスペック ソース:Geekbench

Intel Alder Lake 16コアCPUの性能 ソースは:Geekbench

 

GeekbenchにはV4(バージョン4)スコアの公式ランキングページがないため、ソフトウェアの公開データベース(シングルコア、マルチコアとも)から中央値の結果を利用した。

この方法は理想的な解決策ではないが、現段階でこのAlder Lake-SのCPUがどのあたりでスタックしているのかを見るには十分に正確なはずだ。

シングルコアのスコアが6436点、マルチコアのスコアが47870点で、12th GenのCore CPUは、両ベンチマークともにすでにCore i9-9900Kよりも高速だ。

サンプルではマルチコアベンチマークでも10900Kを上回っているが、マルチコアテストではまだComet Lake CPUが5%もリードしている。

残念ながら、比較に使えそうな11900KのGeekbench V4のベンチマーク結果はまだ出ていない。

ES2(セカンドリビジョンのエンジニアリングサンプル)と、それ以降のリテールユニットで性能が向上する可能性が高い。とはいえ、16コアと24スレッドのAlder Lake CPUにどれだけの周波数が追加されるのかは、まだまだ未知数だ。

Intel Alder Lake-S Geekbench V4のパフォーマンス

SKU構成シングルコアマルチコア
Intel
Alder Lake-S
8C+8c/24T6,43647,870
Intel Core i9
-10900K
10C/20T6,72045,000
Intel Core i9
-9900K
8C/16T6,34035,500
AMD Ryzen 9
5950X
16C/32T7,42066,800
AMD Ryzen 9
5900X
12C/24T7,34057,000
AMD Ryzen 7
5800X
8C/16T7,50044,600
AMD Ryzen 9
3950X
16C/32T6,00057,800

Intelは2021年末までに第12世代Coreシリーズを発売する見込み

 

INTELメインストリームCPUシリーズ スペック

Coffee Lake-SComet Lake-SRocket Lake-SAlder Lake-SRaptor Lake-S
発売年20182020Q1 20212H 20212022-2023
製造プロセス14nm14nm14nm10nm SuperFin不明
コア・マイクロ
アーキテクチャー
SkylakeSkylakeCypress CoveGolden Cove
+ Gracemont
Golden
/Ocean Cove
+ Gracemont
グラフィック
マイクロ
アーキテクチャー
Gen9.5Gen9.5Gen12.1Gen12.2Gen 12.7
最大コア数最大8コア最大10コア最大8コア最大16コア
(8+8)
不明
ソケットLGA1151LGA1200LGA1200LGA1700LGA1700
サポート
メモリ
DDR4DDR4DDR4DDR5DDR5
PCIe GenPCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 4.0PCIe 5.0PCIe 5.0
世代8th/9th Gen
Core-S
10th Gen
Core-S
11th Gen
Core-S
12th Gen
Core-S (?)
13th Gen
Core-S (?)
チップセットIntel 300
(例: Z390)
Intel 400
(例: Z490)
Intel 500
(Z590)
Intel 600
(例: Z690) (?)
Intel 700
(例: Z790) (?)

ソース:Videocardz.com - Intel 16C/24T “Alder Lake-S” CPU engineering sample is faster than Core i9-9900K

 

 

 

解説:

Alder Lake-SのGeekbench4スコアがリーク

Alder Lake-SのESのGeekbench4スコアがリークしました。

ESのクロックは27.2GHzとなっており、明らかに正しく読み取れていません。

これは2.7GHzから3.4GHzではないかと解説されています。

しかし、この段階でも9900Kと10900Kの中間程度のシングルスレッド性能があり、基本的な性能が高いことが伺えます。

このESが5.5GHzで動作した時のシングルスレッドスコアは

2.7GHzだった場合・・・13,110

3.4GHzだった場合・・・10,411

となります。

Ryzen 9 5950Xのスコア1.4倍したものを仮想Zen4のスコアとして計算すると

仮想Ryzen 9 7950X・・・10,388

となります。

まあ、なかなか良い勝負になっているのではないでしょうか。

もちろん、現段階ではどちらのスコアもかなりアバウトな予測に基づいたものでしかありません。

正直、Alder Lake-Sが5.5GHzで動作するかどうかに関しては微妙なところだと思います。

現段階ではシングルスレッド性能はほぼ互角で、マルチコアの性能はZen4が圧倒的と言うことになります。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.