CPU情報

IntelがRyzem 9 5900Xに対してCore i9-11900Kをデモ

投稿日:

Intel、Rocket Lake-Sを発表

Geekneticが、次期第11世代Coreシリーズ「Rocket Lake-S」に関する情報をリークしています。

IntelはCES 2021のプレスブリーフィングで11th Gen Core Rocket Lake-Sシリーズを正式に発表したとされていますが、Geekneticが入手したスクリーンショットによると、同発表会でのスクリーンショットが掲載されています。

Intelは、11th Gen CoreシリーズはCPUから20レーンのPCIe 4.0レーンを搭載することを再確認しており、これはComet Lake-Sとして知られる現行の10th Gen Coreシリーズよりも4レーン多くなっています。

新しいCPUはCypress Coveコアアーキテクチャをベースにしており、現在は最大8コアになることが確認されている。

IntelはRocket Lake-Sのダイショットをフィーチャーしたスライドを公開したが、これは明らかに8個のコンピュートコアを搭載している。この次期CPUは、次世代Xeグラフィックスを内蔵している。

Intelは、AMD Ryzen 9 5900X 12コアCPUに対して、新しいRocket Lake-S Core i9-11900Kをデモしています。

Geekneticが公開したスクリーンショットによると、どちらのゲームシナリオでもIntel CPUの方が速いようです。

システムはNVIDIA GeForce RTX 3080グラフィックスカードとペアリングされていますが、Resizable BARが有効になっているかどうかは明記されていません。

この技術は、NVIDIAとの協力により、モバイル用Tiger Lake-H CPUで有効化されていることが確認されている。

 

 

Metro ExodusでのIntel Rocket Lake-S vs AMD 12コアCPU ソース:Geeknetic

 

Intel 第11世代Core-S (Rocket Lake-S) ソース:Geekneti

※ 各画像はクリックすると別Window・タブで拡大します

 

 

解説:

遂にRocket Lake-Sが公式の場に姿を現す

CES2021のプレス向け事前発表会の場でお披露目されたようです。

事前のリーク通り、

・シングルスレッド性能はZen3より高いため、ゲーム性能も高い

・PCI Express4.0対応でレーン数も4増えて20となる

とのことです。

画像ではMetro Exodusでの平均フレームレートがZen3より6.17%高いですが、商業メディアにレビュー用サンプルが届くとどのような評価を受けるのか今から楽しみです。

 

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.