CPU情報

Intel Core i9-11900K「Rocket Lake-S」のエンジニアリングサンプルのテスト結果

更新日:

中国のYouTuber ChaoWanKe氏が、Intel Core i9-11900Kプロセッサのサンプルをテストしています。

Intel Core i9-11900Kのサンプルをテスト、クロックは最大5.3GHz、PCIeインターフェースに問題あり

リーカーがテストしたサンプルがES2なのか、リテール版なのかは不明です。

プラットフォームがいくつかの新機能をサポートしていないという問題があります。

これは主にゲーミングベンチマークで、GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードを使用した場合にPCIe Gen 3.0が噛み合っていないことが示されている。GPUはPCIe x16 1.1標準にロックされており、これが性能低下の原因となっています。

それ以外では、CPUはCPU-ZやCinebenchなどの他のベンチマークでは比較的良好に動作する。

CPUはCPU-Zのシングルスレッドベンチマークで708.7ポイントを獲得し、マルチスレッドテストでは6443.9ポイントを獲得しました。これらの結果は、過去2週間ですでに見た他のテストと比較しても遜色ない。

Intel Core i9-11900K CPU-Z ソース:ChaoWanKe

Intel Core i9-11900Kは、Cypress Coveアーキテクチャをベースにした次期フラッグシップのRocket Lake-Sプロセッサです。

Comet Lake-Sベースのi9-10900K CPUよりも少ないコア数となる。

RKL-S CPUの最高コア数は8コアだが、現行世代のCoreデスクトップCPUでは10コアまで提供されている。

このCPUはまだ14nmの製造プロセスをベースにしているが、初代Skylake CPUからアーキテクチャが大幅に改善されているため、7nmプロセス技術をベースにしたZen3コア設計のCPUに対抗することができる。

マルチスレッド化されたベンチマークでは、AMDが明らかに優位に立っている。

16スレッドのIntel Rocket Lake-Sは、32スレッドのRyzen 9 5950Xシリーズには敵わない。

リーカーは、12コアCPUのRyzen 9 5900XとIntel Core i9-10900KF(iGPUを搭載しないフラッグシップSKU)との比較テストを行った。

Intelは来週のCES 2021でRocket Lake-Sプロセッサを発表するとしているが、最近の噂によると、このプロセッサは3月まで入手できないとのことです。

Intel Core i9-11900K CPU-ZとCinebench R20のベンチマーク ソース:ChaoWanKe

CPUからのバスがPCIe x16 1.1に固定されているため、ゲーミングベンチマークに大きく影響する。

Intel Core i9-11900K(ES)はPCIe x16 1.1にロックされている ソース:ChaoWanKe

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

Intel Core i9-11900K ゲーミングベンチマーク ソース:ChaoWanKe

Intel Core i9-11900K Productivity Benchmarks ソース:ChaoWanKe

ソース:Videocardz.com -Intel Core i9-11900K ‘Rocket Lake-S’ engineering sample tested

 

 

解説:

Core i9-11900Kのベンチマークが流出

まだESですから、あちこちに不具合があるようですが、取り合えずシングルスレッドの性能はRyzenに有利と言われているCinebench R20でも5900Xを上回っており、CPU-Zのベンチマーク(AVX-512非対応?)で5.6%程上回っています。

丁度Comet LakeとRyzen3000シリーズ程度の差がまた開いたというようなイメージでよいのではないかと思います。

個人的にはまた8コアに戻ってしまったのは痛いのかなと思います。せめて10コアだったら少しは印象が違ったのかなと感じました。

10900Kが終売になるのか継続して売られるのかはわかりませんが、旧モデルよりダウングレードするというのはあまり見栄えが良くないです。

本気になればこれほどシングルスレッド性能を絞り出すことが出来るというのはやはり競争は偉大だなと思います。

Tiger Lakeはさらにシングルスレッド性能が上がっているようですので、それよりも一世代進んだコアが使われる予定のAlderLakeも侮れない性能を発揮すると思ってよいでしょう。

あとはbig Littleフィロソフィをどんなふうにデスクトップに活用するのか、どんなメリットがあるのかはIntelからわかりやすい説明を加えてほしいところです。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.