CPU情報

画像が流出したAMD Ryzen 5000 APU「Cezanne」

投稿日:

AMD Ryzen 5000 "Cezanne"

AMDから次期Cezanne APUの写真が届いた。

同社は来週、このデザインをベースにした5000シリーズのプロセッサを発表すると予想されている。

悲しいことに、それ以上の情報はソースから提供されなかった。

AMD Cezanne APU は Renoir APU と同じ数の計算コアとグラフィックスコアを持っています。

このAPUは、8コアと16スレッド、最大8個のグラフィックコアを提供しています。

また、PCIeレーン数に変更はないようで、フルチップでは20レーンをサポートしているはずだ。

モバイル版ルノアールのシリコン(Ryzen 4000U/H)は、デスクトップ版(Ryzen 4000G)の16レーンに対して、ディスクリートGPU専用の8レーンに制限されていた。

Cezanneがモバイルチップで利用可能なレーン数を増やしているかどうかは不明だ。

Cezanneの後継機であるRembrandtがPCIe Gen4をサポートすると噂されているが、Cezanneがこの規格をサポートしているかどうかは現在のところ不明である。

ざっと並べて比較してみると、CezanneはRenoirよりも10%ほど大きいかもしれない。

サイズは175mm²と推定され、これはRenoir(156mm²)よりも約20mm²大きい。サイズの増加は、わずかに大きいZen3コアの設計と、より大きなL3キャッシュに由来する。

新アーキテクチャのL3キャッシュは、Renoirの8MBに対し、16MBとなっている。

すべては、AMDが1月11日にRyzen 5000シリーズを発表することを示している。

このAPUをベースにしたプロセッサは、低消費電力とハイエンドのゲーミングノートPCの両方でデビューする。Ryzen 7 5700G APUの最新リークが示唆しているように、このAPUはデスクトップシリーズでも発売される可能性があります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

ソース:Videocardz.com - AMD Ryzen 5000 APU “Cezanne nofollow” die render leaked

 

 

解説:

非常に興味深いCezanneのダイショット

Renoir(156mm2)と比較して20mm2大きくなっており、175mmm2とされています。

Zen2と比較すると無駄になっている部分がより少なくなっているように見えます。

今回はデスクトップでも正式に発売されそうなので、楽しみではありますね。

Cezanneの発売は通常通りならば、件のWarholと同時期になるのではないかと思います。

CPU部分を比較してみると8コア1CCXになっていることが伺えて興味深いです。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.