CPU情報

Intel Core i9-11900、Core i7-11700K、Core i7-11700 8 Core Rocket LakeデスクトップCPUがより高いESクロックで再びリーク– Corei9-11900KがRyzen75800Xを破壊したとされる

投稿日:

Core i9-11900、Core i7-11700、Core i7-11700Kを含むIntelのRocket LakeデスクトップCPUがBilibili (via Harukaze5719)で再びリークされました。

第11世代CPUはまだESであるが、我々が以前に見たESの1モデルと比較して第2のES2バリエーションなので、はるかに高いクロックで動作します。

Intel Core i9-11900、Core i7-11700 7 Core i7-11700K 8 Core Rocket Lake デスクトップCPUが再びリーク

3つのチップはすべて第11世代Rocket LakeデスクトップCPUファミリーの一部であり、8コア、16スレッド、16MBのL3キャッシュ、4MBのL2キャッシュという同じコア構成を特徴としています。

ここでの違いは、それぞれのチップのクロック速度とTDPだ。

Intel Corei9-11900KとCorei7-11700Kは、第11世代ファミリーで最速のロック解除されたCPUであり、125WのベースTDPと250WのPL2定格となるでしょう。

Intel Core i9-11900とCore i7-11700は標準的な非K SKUで、TDPは65W、PL2定格は225Wです。それでは、これらのチップのクロックを詳しく見ていこう。

Intel Core i9-11900 8 Core Rocket Lake Desktop ES2 CPU

今回レポートしたIntel Core i9-11900 CPUサンプルは、コードネームが「QVYE」で、BETA ESチップとなっている。

CPUは1.80 GHzのベースクロックと4.5 GHz (1コア) & 4.0 GHz (オールコア)のブーストクロックで動作します。

このチップはES1バリアントの「QV1J」と同じクロック速度を持っていますが、ES2バリアントは実際に初期のバリアントで発生した多くのバグを修正し、より高い&安定したクロック速度を維持しています。

リーカーのレポートによると、このCPUはPCIe Gen 4.0インターフェイスに完全準拠し、リテールチップが市場に投入された際には、B560マザーボード上でのメモリオーバークロックやX.M.Pサポートもサポートするという。

興味深いことに、性能はCore i9-9900KやCore i7-10700Kと同等と言われており、どちらも5.0~5.1GHzの8コアパーツとなっている。

Intel Core i7-11700K 8コア Rocket Lake Desktop ES2 CPU

Intel Core i7-11700K に移動, チップは 'QV1K' コードネームを備えています. 3.40 GHz ベースと 4.80 GHz (1 コア) & 4.30 GHz (オールコア) ブーストのクロック速度を備えています。

CPUのTDPは125Wだが、ブースト周波数ではPL2定格が250Wとなっている。リーカーのレポートによると、最大5.0GHzのブーストクロックで動作するサンプルがあり、これはCore i9-11900Kが提供する5.3GHzブーストに近いものです。

リーカーのレポートによると、このチップの平均消費電力は、純正構成で160Wとなっています。

Intel Core i7-11700 8 コア Rocket Lake デスクトップ ES1 CPU

最後に、まだES1の「QV1J」ラベルの状態のCore i7-11700があります。

このチップはベースクロックが1.80GHzで、ブーストクロックは4.4GHz(1コア)と3.8GHz(オールコア)と報告されている。

CPUはES1状態でバグが多く、PCIe Gen 4.0すらサポートできない。メモリもデフォルトの2133MHzにロックされており、これを超えることはできない。

このチップは、このような低いクロック速度でもCore i9-9900Kの近くに来ていますが、これは主に新しいCypress Coveアーキテクチャと、老朽化したSkylakeデザインよりも改善されたIPCによるところが大きいです。

このチップの平均消費電力は120-130Wですが、AVX-512は150-160Wまで押し上げることができます。

Intel 第11世代 Rocket LakeデスクトップCPUのラインナップスペック(速報):

モデル名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(シングルコア)
ブースト
クロック
(全コア)
キャッシュグラフィックTDP (PL1)
Core i9
-11900K
8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i9-
11900
8 / 16未確認未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i9
-11900T
8 / 16未確認未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i7
-11700K
8 / 16未確認5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i7
-11700
8 / 162.50 GHz4.90 GHz未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i7
-11700T
8 / 16未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11600K
6 /12未確認4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i5
-11600
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11600T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11500
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11500T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11400
6 /122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
65W
Core i5
-11400T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
35W

Intel Core i9-11900K 8コアRocket LakeデスクトップCPUの疑惑のベンチマーク

Intel ES Rocket Lake CPUのリークに加えて、ChiphellフォーラムのメンバーがCore i9-11900K(Qualification Sample)の疑わしい性能ベンチマークを投稿している。

このチップは、CPU-z、Cinebench R23、Cinebench R20を含む様々なシングルスレッドベンチマークでテストされました。以下はHarukaze5719 & 3DCenter経由での結果です。

 

 

繰り返しになりますが、これらはあくまでも疑惑のベンチマークですので、塩を入れて見てください。

しかし、それらが本物に近いものであれば、Core i9-11900Kは、少なくとも1Tモードでは、印象的なチップに見えます。

第11世代デスクトップCPUについて知っていることはすべてここにある

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、400シリーズのマザーボードではあるが、第10世代Comet Lake-S CPUでデビューしたLGA 1200ソケットをサポートする。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは主に500シリーズのマザーボード向けに発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

マザーボードメーカー、特にASUSは、ここで指摘したように、Z590ラインのマザーボードにPCIe Gen 4のハードウェアレベルの統合をZ490のラインアップと比較して、特に注意を払うだろう。

Intelのデスクトップ向けCPU「Rocket Lake」の主な特徴は以下の通り。

  • 新しいCypress Coveコア・アーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 最大8コアと16スレッド(Skylakeを上回る2桁のIPC向上)
  • 新しいXeグラフィックス・アーキテクチャ(Gen9より最大50%高いパフォーマンス)
  • 増加したDDR4 3200 MHzのメモリサポート
  • CPU PCIe 4.0レーン (Z490 & Z590マザーボードで利用可能)
  • エンハンスドディスプレイ(統合HDMI2.0b、DP1.4a、HBR3)
  • CPU PCIe 4.0レーンを追加 = 20 CPU PCIe 4.0レーンの合計
  • エンハンスドメディア(12ビットAV1/HVEC、E2E圧縮)
  • CPUアタッチドストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USB オーディオのオフロード
  • 統合されたCNViとワイヤレスAX
  • 統合USB 3.2 Gen 2x2 (20G)
  • 2.5Gbイーサネット・ディスクリートLAN
  • ディスクリート Intel Thunderbolt 4 (USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャはCypress Coveと言われており、Sunny CoveとWillow Coveのハイブリッドデザインと言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャを搭載します。

IntelのCore i9-11900KはフラグシップCPUとしてラインナップされており、近日中に詳細が発表されると予想されます。Intel 500シリーズのマザーボードプラットフォームは、今のところ、1月11日に店頭に並ぶと予想されています。

ソース:wccftech - Intel Core i9-11900, Core i7-11700K, Core i7-11700 8 Core Rocket Lake Desktop CPUs Leak Out Again With Higher ES Clocks – Core i9-11900K Allegedly Destroys The Ryzen 7 5800X

 

 

解説:

Core i9-1190KのESベンチマークがリーク

これによると、やはりZen3より若干シングルスレッド性能が向上しています。

最大8コアになってしまっていますが、何が何でもシングルスレッド性能はAMDに負けないというIntelの意地のようなものを感じさせる結果になっています。

まあ、本当にそうなのかどうかと言うのははっきりしませんが、1月11日が発売予定日なので、仮にこれが盛った結果だったとしてもあと2週間程度ではっきりします。

惜しむらくは14nmであることですが、さらにシングルスレッド性能が向上すると思われるAlder lakeとZen4コアのRyzen7000(?)シリーズは事実上の頂上決戦になると思われます。

その前哨戦としてのZen3とCypress Coveの戦いはシングルスレッドでは今のところCypress Cove優勢と判断してよいでしょう。

あとは発売日を待つばかりですね。盛り上がってまいりました。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.