CPU情報

Zen4アーキテクチャを採用したAMD Ryzen Threadripper 7000シリーズは、最大96コアの搭載が噂されています。

投稿日:

コア数が50%増のAMD Ryzen Threadripper 7000が登場

次世代Threadripperに関する最初の噂が浮上。

私たちは、AMDがHEDTシリーズを今後もリリースする意図があるとは認めていないため、Threadripper 7000シリーズを私たちの推測するAMD Zenロードマップに含めることには消極的でした。

しかし、Moore's Law is Deadからの最近の噂は、Threadripperがどこにも行かないことを示唆しています。

現時点で謎なのは、AMDがゲームやワークステーションシリーズを作り続ける計画があるのかどうかということだ。

3月にThreadripper PRO 5000シリーズを正式に発表したにもかかわらず、「Chagall PRO」のコードネームで呼ばれる新シリーズはまだ入手困難な状態だ。

しかし、それらはワークステーションシリーズであり、AMDはエンスージアスト向けの非PRO HEDT CPUについては何も発表していない。

MLIDからの新しい情報は、Zen4アーキテクチャを採用したThreadripper PROがすでに新しい内部ロードマップにあることを示しているが、やはり非PROシリーズが登場するかどうかはまだ確認されていない。

しかし、より重要なのは、Threadripper 7000は、96コアにコア数激増をもたらすだろうから、現行シリーズに比べて50%増となることだ。

AMDは、おそらくGenoaシリコンを再利用することになるでしょう。

MLIDはいつものように、情報源からの引用を提供しました。

このYouTuberのデータセンターとワークステーションのリークがいかに正確であるかを考えると、これが本当に真実である可能性は十分にある。

Zen4搭載のAMD Threadripper、ソース:Moore's Law is Dead

 

Threadripper 7000のコードネームとリリース時期については言及されなかった。

Zen4のスケジュールは22Q3/23Q1とAMDにとってかなり忙しいので、Threadripperシリーズはおそらくそれ以前に期待しないほうがいいだろう。

AMD Zen ロードマップ

Zen3Zen3+Zen4Zen5
サーバーEPYC 7003
Milan7nm (Zen3)
EPYC 7004
Genoa & Bergamo
5nm (Zen4)
EPYC 7005
Turin
3nm (Zen5)
HEDT/ワーク
ステーション
Threadripper 5000
Chagall
6nm (Zen3)
Threadripper 7000
不明
5nm (Zen4)
不明
デスクトップRyzen 5000
Vermeer
7nm (Zen3)
Ryzen 7000
Raphael
5nm (Zen4)
Ryzen 8000
Granite Ridge
3nm (Zen5)
ハイエンド
モバイル
Ryzen 5000H
Cezanne
7nm (Zen3)
Ryzen 6000H
Rembrandt
6nm (Zen3+)
Ryzen 7000H
Dragon Range
5nm (Zen4)
Ryzen 8000H
Strix Point
3nm (Zen5+Zen4D)
省電力
モバイル
Ryzen 5000U
Cezanne
7nm (Zen3)
Ryzen 6000U
Rembrandt
6nm (Zen3+)
Ryzen 7000U
Phoenix
5nm (Zen4)
不明

ソース:Videocardz.com - AMD Ryzen Threadripper 7000 series with Zen4 architecture rumored to feature up to 96 cores

 

 

 

解説:

Threadripper7000シリーズの噂が登場

しかし、やはりPROのみでデスクトップ向けのノーマルThreadripperの話は聞こえてこないようです。

もうノーマルThreadripperは出ないのかなあと思います。

これだけ製品の流れが速いと高価なHEDTは厳しいのは事実ですが、Ryzenシリーズの先進性のイメージに一役買ったThreadripperが店頭から姿を消すというのは寂しい話です。

今年から多少は半導体不足は解消される見込みですから、製品のショートが無くなれば復活・・・するんですかねえ。

HEDTはただでさえ小さいデスクトップ市場のたったの5%と言う小さな小さな市場ですから、ここにこだわるのはあまり得策ではないことは確かです。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.