CPU情報

AMD Ryzen 7 5800Uフラッグシップ8コアのCezanne「Zen 3」APUのベンチマークが流出、シングルコアのパフォーマンスで4800Uより最大38%高速

投稿日:

8コアチップでZen 3ベースのCezanneファミリーの一部であるAMDの次期Ryzen 7 5800U APUの最初のベンチマークがリークされました。

ベンチマークはGeekbench 5データベース内の@leakbenchによって発見されました。

AMD Ryzen 7 5800Uのベンチマーク結果がリークし、Zen3コアのCezanneファミリーは、常識破りなシングルコアの性能でノートPCセグメントを破壊する。

リークされたベンチマークには、Zen 3を搭載したCezanne APUファミリーのトップチップとなるAMD Ryzen 7 5800Uが掲載されています。

Ryzen 7 5800Uは8コア、16スレッド、ベースクロック1.9GHz、ブーストクロック4.44GHzを搭載しています。

このクロックは、Zen 2コアアーキテクチャをベースにしたRyzen 7 4800Uよりも、それぞれ100MHzと244MHz向上しています。

Ryzen 7 5800Uの最大の変更点は、Ryzen 7 4800Uの8MBのL3キャッシュに対して、16MBのL3キャッシュを搭載したキャッシュの再設計です。

L2キャッシュは、コアごとに4MBまたは512KBとなる。これにより、レイテンシの低減と、コア間のインターコネクト帯域幅の高速化が図られることになる。

このシステムは、内部AMDテストプラットフォームの特徴として、2666MHzで8GBのDDR4メモリを搭載していた。

Ryzen 7 5800Uは、2000MHzでクロックインされた8つのCPUまたは512コアを搭載した強化されたVega GPUを搭載していると言われています。

TDPが10W(25W cTDP)に設定されたままであることを考慮すると、モバイルプラットフォーム上のZen 3でいくつかの大きな効率性の向上が確認できます。

ベンチマークでは、AMD Ryzen 7 5800Uがシングルコアで1421ポイント、マルチコアテストで6450ポイントを獲得しました。

Ryzen 7 4800Uと比較すると、シングルコアで38%、マルチスレッド性能で10%向上しています。

Ryzen 7 4800Uの平均スコアは、シングルコアで1031ポイント、マルチスレッドのワークロードで5845ポイントです。

シングルスレッドでの向上は非常に大きく、Ryzen 4000UファミリーはすでにIntelに苦戦を強いており、競合他社に対して偏ったベンチマークやテスト結果を投稿させているため、AMDはTiger Lake-Uプロセッサよりも主導的な立場に置かれることになるだろう。

AMD Ryzen 5000 APUラインナップ(暫定スペック):

APU名APU
ファミリー
アーキ
テクチャー
製造
プロセス
コア数 /
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
L3
キャッシュ
GPUGPU
クロック
TDP
AMD Ryzen
7 5800U
Cezanne UZen 37nm8 / 162.00 GHz4.40 GHz16 MB8 CUs
(512 SP)
2000 MHz10-25W
AMD Ryzen
7 5700U
Lucienne UZen 27nm8 / 161.80 GHz4.30 GHz8 MB8 CUs
(512 SP)
1900 MHz10-25W
AMD Ryzen
5 5600U
Cezanne UZen 37nm6 / 122.30 GHz4.20 GHz12 MB7 CUs
(448 SP)
1800 MHz10-25W
AMD Ryzen 5 5500ULucienne UZen 27nm6 / 122.10 GHz4.00 GHz8 MB7 CUs
(448 SP)
1800 MHz10-25W
AMD Ryzen
3 5400U
Cezanne UZen 37nm4 / 82.60 GHz4.00 GHz8 MB6 CUs
(384 SP)
1600 MHz10-25W
AMD Ryzen
3 5300U
Lucienne UZen 27nm4 / 82.60 GHz3.85 GHz4 MB6 CU
(384 SP)
1500 MHz10-25W

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800U Flagship 8 Core Cezanne ‘Zen 3’ APU Benchmark Leaks Out, Up To 38% Faster Than 4800U in Single-Core Performance

 

解説:

Willow Cove VS Zen3の前哨戦

Zen3コアのAPUであるCezanneのベンチマーク結果がリークしました。

ぶっちゃけると今までZen2コアのLucienneのベンチマークはリークしていたのですが興味が無かったので取り上げませんでした。(苦笑

ではZen3コアのベンチマーク結果はどうかと言うと、Zen2コアと比較すると38%性能が向上しているようです。

どうしてここを避けて通るのかよくわからなかったので、Tiger Lake-UのCore i7-1185G7と比較してみました。

APU名APU
ファミリー
アーキ
テクチャー
製造
プロセス
コア数 /
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
L3
キャッシュ
GPUGPU
クロック
TDP
AMD Ryzen
7 5800U
Cezanne UZen 37nm8 / 162.00 GHz4.40 GHz16 MB8 CUs
(512 SP)
2000 MHz10-25W
intel Core i7
-1185G7
Tiger Lake-UWillow Cove10nm4/83.00 GHz4.8 GHz12MBIntel Iris Xe
96EU
1350 MHz12-28W
AMD Ryzen
7 4800U
Renoir UZen 27nm8 / 161.80 GHz4.20 GHz8 MB8 CUs
(512 SP)
1750 MHz10-25W

 

 

と言うわけで上がその比較になります。

Tigerlake-UのスコアはGeekbench Browserを「Core i7-1185G7 Windows」で検索して出てきた1ページ目のスコアの最高値と最低値を足して2で割っている変則的な平均スコアであることはお断りさせていただきます。

ノートPCのベンチマークはマザーボードや筐体の設計の結果としての冷却能力も大きく値が左右されるので、参考程度にしかならないことはお断りさせていただきます。

これを見ると、ほとんど互角ですが、コア数が多い分マルチスレッド性能ではRyzenに分があると言ってもよいでしょう。

ただし、実際の結果のばらつきを見ると、TigerLakeの方がシングルスレッド性能ではやや優勢なのかなと思います。

これを見ると凡そ、デスクトップでどのくらい優位なのかと言うことも予想は出来ると思います。

デスクトップだと一世代前のSunny Cove(Cypress Cove)も5GHz程度まで回るようです。

Intel初の10nmプロセッサであるAlderlakeはWillow Coveの一世代新しいGolden Coveを採用すると言われています。

これがデスクトップ向けに調整された10nmで動かすとどのくらい回るのかによっても結果は変わってくると思いますが、基本的にZen3よりシングルスレッド性能は上になると考えておいてもよいでしょう。

 

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.