CPU情報

Ryzen 5000シリーズは、Precision Boost Overdrive 2で低電圧駆動が可能です

投稿日:

オーバークロックは楽しいもので、ボルトを上げてクロックを上げ、その後に熱を上げる。そして、私のような変人は、電圧を下げて、純正と同じ性能を維持するのが好きです。

なぜか?低電圧は低熱を意味し、私にとってはファンの回転を可能な限りゆっくりと静かに保つことが重要なのです。

AMDは、新しいAGESAと一緒に来る新しいRyzen 5000 Series Precision Boost Overdrive 2アップデートで、その同じ哲学を活用しているように見える。

 

Precision Boost Overdrive 2の「Curve Optimizer」は、彼らが呼んでいるものだ。我々はRadeon RX 480(他の場所でも同じ方法が適用されます)に戻るために時間を取る場合は、我々は、特定の周波数をヒットするために必要な電圧を下げることで、全体的な電力消費量とサーマルを削減したおかげで、カードがはるかに高くブーストすることができたことを見つけることができました。

簡潔に言うと、それはここでのアイデアのようなものですが、設定された数字を叩くのではなく、カーブオプティマイザーは、Ryzen 5000シリーズのCPU上の昇圧アルゴリズムと一緒に、(適用された分散の範囲内で)最も低い電圧を設定することができます。

AMDのグラフによると、これはあくまでも説明のためのものであり、スペクトルの低周波数側に多く見られます。

これは、Ryzen 5000シリーズのCPUは、これらの範囲で必要以上の電圧を必要とする傾向があり、一方で、高いパフォーマンスの端ではレベルアウトする傾向があるため、理にかなっています。

これは、あなたがそれらの高い周波数で利益を見つけることができないと言うことではありません。

Ryzen 7 5800XとRyzen 9 5900XでのCinebench R20シングルスレッドの結果を示したAMDのチャートによると、シングルスレッドのテストで顕著な上昇が見られます。

これまでのところ、Ryzen 3000シリーズとRyzen 5000シリーズでの私自身のテストから、Precision Boost Overdriveは、具体的な改善点はゼロで、より多くの電力消費をもたらしただけであることを知っているので、シングルスレッドのスコアが上がったこれらの結果を見るのは非常に良いことです。

それでも、私はより多くの(またはすべての)コアをロードするときにどのようになるのか興味があります。私は、温度が劇的に下がるか、少なくともより良いマルチコアブーストクロックを維持していることを期待しています。

Ryzen 5000シリーズのPBO2の登場はいつ?

AnandtechのIan Cutress博士によると、Ryzen 5000シリーズCPU向けのPrecision Boost Overdrive 2とCurve Optimizer with ATESA 1180のファームウェアアップデートが12月上旬から正式に展開されると予想されています。

このアップデートについては、マザーボードベンダーのサポートページをチェックしておくようにしましょう。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP価格
(米ドル)
価格
(日本円)
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB未確認105W$799 US106,480
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB未確認105W$549 US71,478
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB未確認105W$449 US58,828
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB未確認65W$299 US39,380
AMD Ryzen
5 5600
6/12未確認未確認32 MB未確認65W$219 US?28,844?

ソース:wccftech - Ryzen 5000 Series Gets In The Undervolting Action With Precision Boost Overdrive 2

 

解説:

PBO2は具体的な恩恵は無いというのは同意します。

しかし、Ryzen5000シリーズでPBO2をオンにするとシングルスレッド性能が向上するそうです。

ホントかなと思う反面、5950Xには恩恵が無さそうと言う話を聞くと、12コアや8コアのモデルでも5950Xレベルまでブーストクロックを引っ張ってくれることは期待できそうです。

なんにせよ、これから、BIOSもいろいろな手が入っていくことは期待できそうです。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.