CPU情報

AMD Ryzen 7000「Raphael」Zen 4 CPUは、Ryzen 9 170W 16コアおよび105W 12コアデスクトップSKUを搭載すると噂される。

投稿日:

AMDのZen 4コアアーキテクチャを採用したRyzen 7000「Raphael」CPUは、最新の噂を信じるとすれば、クロック速度とTDPの両方が向上することになるようだ。

AMD Ryzen 7000「Raphael」Zen 4デスクトップCPUは170W 16コア&105W 12コア Ryzen 9モデルを販売すると噂される

AMD Ryzen 7000 CPUファミリーは、コードネーム「Raphael」と呼ばれ、5nmプロセスノードで生産される最初の製品となる予定です。

このCPUは、Zen 4コア・アーキテクチャなどのいくつかの革新的なアーキテクチャを採用し、より高いIPCを提供する予定です。

AMDはすでに、すべてのコアで最大5GHz、シングルコアのブーストクロックではさらに高いクロックで動作する量産前のサンプルをデモしています。

しかし、このような高い周波数は、より高い消費電力をもたらす可能性があるようです。

リークしたGreymon55氏によれば、AMDのRyzen 7000「Raphael」Zen 4ファミリーのRyzen 9モデルは、16コア、12コア製品の2つの構成を軸に展開されるという。

これは、現在の16コアと12コアのRyzen 9パーツと同様である。

これらのチップは、65W、105W、そして最大170WのTDP構成で提供される予定だ。噂によると、170WのSKUは16コアと32スレッドを搭載し、105Wのバリエーションは12コアと24スレッドを搭載する予定です。

65Wの製品は、「X」シリーズよりもはるかに低いクロック速度で動作する電力最適化バージョンとなります。

また、TDP120Wの新モデルが登場するという話もあるが、情報は提供されていない。

現在、TDPが高くなっているのは、これまでのRyzen CPUの中で最も高いクロックスピードが向上していることに起因しています。

しかし、Ryzen 7000 IHSの下には、我々がまだ知らない、もっと多くのことが起こっている可能性があります。

このCPUは、最大4つのコンピュートユニットを持つ統合RDNA 2 iGPUも搭載すると予想されるが、それが電力上昇の背後にある主な原因ではないだろう。

170W 16コアのバリエーションは、特別な高周波チップである可能性が高く、標準的な105W Ryzen 9のバリエーションも見られるかもしれないが、それはAMDがチップを発表して初めて分かることである。

AMD Ryzen 7000「Zen 4」CPUの発売と入手方法

最近、AMDが再確認しているのは、入手の可能性です。AMDのCEOは、2022年の後半にRyzen 7000デスクトップCPUを期待できると述べ、初期の噂では10月から11月の発売時期が指摘されていましたが、最新のものでは、早ければ2022年の6月から7月に発売されると示唆されています。

これは、AMDのRyzen 5000デスクトップCPUの発売から2年を意味する。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 ‘Raphael’ Zen 4 CPUs Rumored To Feature Ryzen 9 170W 16 Core & 105W 12 Core Desktop SKUs

 

 

 

解説:

Zen4に関する情報がようやくリークされる。

Raphaelに関する情報はあまり多く出回っていなかったのですが、発表の数か月前にしてようやく新しい情報が出てきました。

16コア32スレッドのRyzen 9 5950Xに相当するモデルが170W、12コア24スレッドのRyzen 9 5900Xに相当するモデルが105Wとなるようです。

16コア32スレッドは今までもかなり苦しい動作だったと思いますが、今回プラットフォームの一新に合わせてようやくTDP枠を広げることができたようですね。

Intelは遠慮なくTDP枠を広げてきていましたから、これだけでも相当Intelに対して戦力になるのではないかと考えています。

一世代ごとに更新するプラットフォームはユーザーにとっては金がかかりますが、メーカーにとってはTDP枠をある程度自由に広げられるというメリットもあり、Alderlakeで急速に性能を上げてきたIntel製品に対して、とりあえずは互角以上に渡り合える環境がそろってきたといった感じです。

AMDはすでに、すべてのコアで最大5GHz、シングルコアのブーストクロックではさらに高いクロックで動作する量産前のサンプルをデモしています。

このくらいまでクロックが上がると、Raptorlakeに対して互角以上の勝負が出来ると思います。

元々、RaphaelはTSMC5nmとIntel7で製造されるRaptorLakeよりも性能が高いとされる製造プロセスで製造されます。

そのため、ポテンシャるに関してはRaphaelの方が高い可能性があると私は考えていました。

今回のクロックの情報でかなりRaphaelの想定される性能が上がったので、期待は大でですね。

これほど成熟したPC市場でこれほどの大決戦が見られることはもう2度とないかもしれません。

今回はAMD、Intel、どちらのワンサイドゲームにもならないと思います。

両メーカーのファンともに期待してよいのではないかと思います。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,700 (2022/5/25 7:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.