CPU情報

AMD Ryzen 7000 Non-XのCPUラインナップのスペックと価格がリークされる。AM5用のRyzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600。

投稿日:

AMDのAM5プラットフォーム向け次期CPUラインナップ「Ryzen 7000 Non-X」の最終仕様と価格がリークされた。

AMD Ryzen 7000 Non-X CPUファミリーのリーク情報。Ryzen 9 7900が429ドル、Ryzen 7 7700が329ドル、Ryzen 5 7600が229ドル

AMD Ryzen 7000 Non-X CPUのラインナップは謎ではなく、我々はこれらのプロセッサーの仕様と価格が以前のリークで流出するのを見てきましたが、Videocardzから来た最新のスライドデッキはそれらを確認するだけでなく、これらのZen 4部品が競合するチップも確認しています。

いつものように、この3つのCPUは5nmのZen 4コア・アーキテクチャを使用し、既存のZen 4 SKUを少し変更したものになります。

※ 画像をクリックすると、別Window・タぶで拡大します。

今回のリークが興味深いのは、AMDがすでにNon-Xチップに対して、未発表のIntel 13th, Gen Non-K CPUをリストアップしている点だ。Intelのラインナップは、1月3日に発売される予定です。

AMD Ryzen 9 7900 - 12 Zen 4コアで429USドル

AMD Ryzen 9 7900は、12コア、24スレッド、76MBキャッシュ(64MB L3 + 12MB L3)を搭載し、最大クロックは5.4GHzを実現する予定。

CPUの小売価格は429USドルで、Ryzen 9 7900Xとの差は120USドルとなっている。

ベースクロックはまだ不明だが、ブーストクロックは200MHz低下しているが、この価格帯を考えると、この12コアチップは信じられないほど素晴らしく、すでに多くのユーザーがこの500USドル以下の12コアZen 4チップにアップグレードするのが目に見えている。

AMDは、このチップをIntel Core i9-13900およびCore i9-12900のCPUと競合させる予定です。

AMD Ryzen 7 7700 - 350ドル以下の8コアゲーミングチャンプ

8コア、16スレッド、40MBキャッシュ(32MB L3 + 8MB L3)、最大クロック5.3GHzのRyzen 7 7700です。

価格は329ドルで、Ryzen 7 7700Xが399ドルであるのに対し、70ドルの差がある。Ryzen 7 7700は、Ryzen 7 7700Xよりも100MHzだけクロックが低く、65Wの電力バジェットを考えると印象的である。PPTの倍率が1.375倍であることを考えると、最終的なTDPは90~100W程度に収まるはずだ。

Ryzen 7 7700は、Core i7-13700やCore i7-12700に対する位置づけとなる。

AMD Ryzen 5 7600 - AM5をエントリーレベルのビルダーに手頃な価格に設定

最後に、AMD Ryzen 5 7600は、6コア、12スレッド、38MBキャッシュ(32MB L3 + 6MB L2)、最大クロック5.1GHzを特徴とするCPUである。

価格は229ドルで、Ryzen 5 7600Xの299ドルより70ドル安い。ブーストクロックは「X」よりも200MHz低くなっている。Ryzen 5 7600は、Core i5-13600およびCore i5-12600の対抗CPUとして位置づけられる予定。

上記を踏まえて

  • Ryzen 9 7900 12コア- 7900Xに対して120USドル安い
  • Ryzen 7 7700 8コア-7700Xより70ドル安い
  • Ryzen 5 7600 6 Core - 7600Xより70ドル安い

AMDは、これらのチップにWraith Prism(Ryzen 9 7900 / Ryzen 7 7700)またはWraith Stealth(Ryzen 5 7600)のいずれかのCPUクーラーをバンドルすることを売りにしている。

現在、IntelもNon-K 13th Gen CPUに、TDP仕様に基づく全く新しいLaminarシリーズクーラーをバンドルする予定なので、どちらのチップメーカーもメインストリームユーザーに小さな付加価値を与えることになりますが、CPUを最大限に活用するために予算があれば、アフターマーケット冷却オプションの入手をユーザーにお勧めします。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

全体的に、このチップはAM5プラットフォームでドルあたりの価値が最高のパフォーマンスを提供するように聞こえるし、我々は2023年の半ばまでに安価なA620マザーボードも見ていくことになるだろう。

AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cache CPUも、CES 2023で完全なお披露目をする予定です。

無印プロセッサーは、1月10日に小売店の店頭に並ぶ予定です。

AMD Ryzen 7000 Raphael デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最大)
キャッシュTDP価格(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
9 7900
Zen 45nm12/243.6 GHz5.4 GHz76 MB
(64+12)
65W$429 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
7 7700
Zen 45nm8/163.6 GHz5.3 GHz40 MB
(32+8)
65W$329 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US
AMD Ryzen
5 7600
Zen 45nm6/123.8 GHz5.1 GHz38 MB
(32+6)
65W$229 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 Non-X CPU Lineup Specs & Prices Leak Out: Ryzen 9 7900, Ryzen 7 7700, Ryzen 5 7600 For AM5

 

 

 

解説:

販売に苦戦しているRaptorとZen4ですが、特にRaptorとは性能的にも後れを取っているZen4の割安モデルRyzen7000無印が1/10に登場するようです。

世界的な物価高騰、特に燃料価格が庶民の生活を直撃していますが、PCも高価なパーツの売り上げに影響が出ています。

RaptorもZen4も販売的に苦戦していることから、Zen4はZen2/3では設定していなかったモデルを設定して販売のテコ入れを行うようです。

正直な感想を言うと、あまりにパーツの価格が上がり過ぎて日本ではそれでもかなり厳しいと思います。

PCパーツは発売時の参考価格にかなり引っ張られる傾向が強いですが、為替のレンジが変わったら、遠慮なく、即座に価格を下げていただきたいですね。

AMDのプラットフォームは息が長いですから、最悪、為替相場が戻ってもかなり割高と言うイメージが付いてしまう恐れもあります。

既に買ってしまった人はショックかもしれませんが、今の価格ではAM5そのものが普及しない可能性もあります。

A620はどうなるのかわかりませんが、ローエンドは嫌と言う今までミドルレンジにこだわってきた層も一定数はいると思います。

それを考えると、AMDだけではなく、Intelも特に為替変動の影響を受けやすいマザーボードの価格は現行の価格では厳しいと思います。

Intelは比較的プラットフォームの寿命が短いですので、新製品が出るたびに価格が仕切り直しされますが、AMDはそうではないです。

これがAM5の普及を妨げなければよいなと思います。

 

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥12,800 (2023/02/03 13:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥9,367 (2023/02/03 13:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.