CPU情報

Intel Core i9-11900K、Core i7-11700K、Core i5-11600K Rocket LakeデスクトップCPUの最終スペックが流出

投稿日:

Core i9-11900K、Core i7-11700K、Core i5-11600Kを含むIntelの「Rocket Lake 'Unlocked'」CPUラインナップの最終スペックがリークされた。

仕様は、既存の第 10 世代のラインナップ上の大きなジャンプを参照してくださいではないすべての 3 つのチップの周波数を一覧表示します。

Intel Core i9-11900K、Core i7-11700K、Core i5-11600K Final Rocket Lake Desktop CPUのスペックがリーク

リークされた仕様書はVideocardzから来ており、どうやらMSIの内部プレゼンテーションから来ているようです。

仕様書のスライドには、第11世代Rocket LakeデスクトップCPUファミリー、Core i9-11900K、Core i7-11700K、Core i5-11600Kの3つのアンロックされていないチップがすべて記載されています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Intel Core i9-11900K 8 コア&16 スレッド Rocket Lake デスクトップ CPU 仕様

Intel Core i9-11900Kは、第11世代 Rocket LakeデスクトップのフラッグシップCPUとなる。

このチップは8コアと16スレッドを搭載する予定だ。これは、16 MB の L3 キャッシュ (コアごとに 2 MB) と 4 MB の L2 キャッシュ (コアごとに 512 KB) になります。

クロックの面では、CPUは3.5GHzの基本周波数で動作しますが、ブーストに関しては、CPUは最大5.2GHz(1コア)のブーストクロックを特徴とし、全コアのブースト周波数は4.8GHzに維持されます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

このチップには、最大クロック周波数を100MHzジャンプさせるThermal Velocity Boostも搭載されています。

これにより、シングルコアのブーストクロックは5.3GHzになります。

しかし、Cypress Coveコアの使用に関係なく、Core i9-11900KはIntel Core i9-10900Kよりも少ないコア数/スレッド数となることを覚えておいてください。

これは、洗練された14nmプロセスノードにCypress Coveをバックポートしたことが部分的に原因となっている。

CPUは、IntelのフラッグシップSKUとしては標準的な1段目の電力制限すなわちPL1が125Wで、2段目の電力制限すなわちPL2が250Wとされているのが特徴だという。

Intel Core i7-11700K 8 コア&16 スレッド Rocket Lake デスクトップ CPU 仕様

Core i7-11700Kの仕様に来て、我々は、チップはCore i9-11900Kと同じコア構成を備えていますが、低下したクロック速度が付属していることがわかります。

このチップは、ベースクロックが3.60GHz、ブーストクロックが4.90GHzのシングル&4.6GHzの8コアを搭載していると言われています。

Thermal Velocity Boost 3.0では、最大5.0GHzのクロックが期待できる。CPUは同じ量のキャッシュを搭載しているので、何も変わっていませんが、主な違いはクロックと電力制限にあるはずです。

この低ビン化されたチップは、PL1 の制限が 125W で標準になるのに対し、225-250W (PL2) の制限で座ることになります。

Core i9チップとCore i7チップの微細な差は、わずかなオーバークロックで克服できるので、Rocket Lake CPUがどのようにオーバークロックするのか興味深いところだ。

価格については、Core i7もCore i9よりも安くなりますが、Intelが8コアのRocket Lake-SデスクトップCPUの価格をどのように設定するかはまだわかりません。

Intel Core i5-11600K 6コア&12スレッドRocket LakeデスクトップCPU

Core i5-11600Kは12スレッドの6コアチップです。Core i5-11600Kは、それ自体が驚異的なCPUであるAMD Ryzen 5 5600Xに対抗する必要があります。

Core i5-11600Kは、シングルで4.9GHz、全コアで4.6GHzのクロックスピードを特徴としていると言われています。

TVBはCore i9以下のSKUでは利用できないので、Core i7とCore i5のSKUでは周波数制限の拡張は期待できないことに注意してください。

このチップは、12MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載する。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

現在、AMD Ryzen 5 5600Xに対するこのチップの主な証明の場は、その性能と価格の価値になります。

Ryzen 5 5600Xは、299ドルの米国希望小売価格で、旧製品のチップと比較すると、価格の面でやや高くなっている。

一方のCore i5-11600Kは、小売価格が260ドル前後のCore i5-10600Kに取って代わることになる。

インテルが既存の価格戦略に固執すれば、Core i5-11600Kは確かにメインストリームのゲーム市場で売れ筋のチップになる可能性があります。

とはいえ、我々 はまた、Core i5-11600K の可用性を考慮する必要があります。

技術的には、メインストリームのSKUは、Ryzen 5 5600Xのように供給問題の影響をあまり受けませんが、少しでも在庫が切れれば、IntelがAMDのRyzen 5セグメントにくさびを打つ機会を逃してしまう可能性があります。

消費者はすでにAMDがRyzen 5 3600Xの後継として提供したものを見てきたので、今はCore i5-10600Kの後継が何ができるかを見る時だ。

Intel 第11世代 Rocket LakeデスクトップCPUラインナップスペック(速報):

モデル名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(シングルコア)
ブースト
クロック
(全コア)
キャッシュグラフィックTDP (PL1)
Core i9
-11900K
8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i9-
11900
8 / 161.8GHz4.5GHz4.0GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i9
-11900T
8 / 16未確認未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i7
-11700K
8 / 163.5GHz5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i7
-11700
8 / 162.50 GHz4.90 GHz未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i7
-11700T
8 / 16未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11600K
6 /123.9GHz4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i5
-11600
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11600T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11500
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11500T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11400
6 /122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
65W
Core i5
-11400T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
35W

既報の通り、Intel Rocket Lake CPUは、1月11日に発売される500シリーズボードの数ヶ月後に出荷される。

このCPUはCES 2021で発表されると予想されているが、ハードローンチは3~4月まで予定されていない。

ソース:wccftech - Intel Core i9-11900K, Core i7-11700K, Core i5-11600K Rocket Lake Desktop CPUs Final Specifications Leak Out

 

 

解説:

MSIの資料からRocket Lakeの一部仕様がリーク

中身の既報の通りですが、それを裏付ける資料がMSIからリークしました。

 

何気に難しいPCの「買い時」

先日、AlderLakeが今年の9月に発売される可能性があるとリークがあり、Rocket Lakeは類を見ないほど短い寿命になるかもしれない可能性が出てきました。

ではRocket Lakeに全く価値がないかと言えば、そんなことはありません。

Alder LakeはIntelのデスクトップCPUとしてははじめて10nmで製造され、DDR5、PCI Express5.0に対応し、最新技術の塊になります。

通常、メモリと言うのは新しい世代が出ると、発売された後、徐々に価格が下がっていくものです。

そのため、Alder Lakeのビルド価格はかなり高くなるものと思われます。

DDR5は徐々に価格が落ちていくと思いますが、こなれてくるのは2022年以降でしょう。

また、PCI Express5.0は対応のGPUが出ていないため、今のところはあまり意味がありません。

そのため、DDR5が高止まりしている間は実のあるPCI Express4.0に対応しているRocket LakeでDDR4の一番おいしいところを取ってやり過ごし、DDR5の価格がこなれるのを待ってAlderlakeの次の世代以降で組み換えを行うというのも一つの考え方になります。

PCの更新サイクルについてはこのような考え方もあることは参考にしてください。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.