GPU情報

AMD Radeon RX 6800の「Big Navi GPU」ベンチマークがリーク、RTX 3070より高速

投稿日:

VideocardzがスポッティングしたBasemarkで、最新のAMD Radeon RX 6800「Big Navi」グラフィックスカードのベンチマークがリークされています。

ベンチマークは、来週発売されるベースの「Big Navi」GPUベースのRX 6000シリーズのバリアントの性能を示し、比較しています。

AMD Radeon RX 6800 (Non-XT) 16GBグラフィックスカードのベンチマークがBasemarkで公開、GeForce RTX 3070よりも高速

AMD Radeon RX 6800は、少なくとも紙の上では(今のところ)印象的なグラフィックカードである。

我々は、GeForce RTX 30シリーズのライバルに対して、その完全なパフォーマンスの可能性を知ることからまだ1週間しか離れていないが、ベンチマークは今も昔もリークされており、このグラフィックスカードは、2倍のメモリとゲームタイトルで驚くほど強力なグラフィックス性能を持つRTX 3070をノックアウトしようとしていることを示している。

リークされた最新のベンチマークでは、AMD Radeon RX 6800(Basemarkデータベース内ではRadeon RX 6900シリーズと記載されています)が示されています。

このグラフィックカードは、残りの2つのBig Naviベースのグラフィックカードと同じNavi 21 GPUをベースにしているため、RX 6900シリーズのカードとして表示されています。

このグラフィックカードは、MSI MEG X570 GODLIKEマザーボード、AMD Ryzen 9 3900X (12コア) CPU、最新のドライババージョン(27.20.14501.1206)で構成されたX570プラットフォームでテストされました。

性能面では、AMD Radeon RX 6800(Non-XT)GPUがDX12 APIで14,635ポイント、Vulkan APIで13,846ポイントをスコア。GeForce RTX 3070はVulkan APIで13,662点、DX12 APIで13,368点をスコア。GeForce RTX 2080 TiはDirectX 12 APIで14,089点、Vulkan APIで14,691点をスコア。

GeForce RTX 2080 Tiは、Vulkan APIで、わずかに高速に動作するGeForce RTX 3070よりも、より大きなブーストを受けている。

パフォーマンスの数字を見ると、Radeon RX 6800はGeForce RTX 3070よりも約7~8%速く、GeForce RTX 2080 Ti (DirectX 12)よりも4%速く、Vulkan APIでは同等です。

これらの利益を見ると、Radeon RX 6800は、RTX 3070の手ごわい競争相手であり、80ドルで販売され、より良いパフォーマンスと2倍のメモリを提供しています。

確かにこのカードは、RTX 3070の220WのTGPと比較して250Wの高いTBPを持っていますが、箱から出して得られるより高いパフォーマンスを見れば、30Wの差はあまり重要ではありません。

 

AMD Radeon RX 6800が2.5GHz+平均クロックにオーバークロックも

Basemarkベンチマークに加えて、AMD Radeon RX 6800はオーバークロック時の平均クロック速度が2.5GHzで動作していることが示された。

私たちは数日前にRadeon RX 6800 XTのために投稿された同様の結果を見ました。

このグラフィックスカードの平均消費電力は約208Wで、ピーク時の消費電力は269Wで、その250W TBPをわずかに超えています。

GPUの温度は60℃で、最大63℃に達したと報告している。CapFrameXキャプチャ解析ツールを使用して測定したところ、60秒間しか動作しませんでした。

 

リークされたGPU-zのスクリーンショットによると、長時間の使用でRX 6800の温度が74℃に達する一方で、クロックは約2.2-2.3GHzで平均していた。

GPU温度のホットスポットは95℃と報告されている。最大電力使用量については言及されていないが、非XTモデルで宣伝されている250W TBP程度ではないだろうか。

AMD Radeon RX 6800「ビッグナビ21 XL」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、3840ストリームプロセッサの60 Compute Unitsを搭載したNavi 21 "Big Navi" GPUをさらに削って搭載する。

AMD Navi 21 XL GPUは、リファレンススペックで1815MHzのゲームクロックと2105MHzのブーストクロックを搭載する予定だ。

また、AMD Radeon RX 6800とNavi 21 XL GPUを搭載したAMD Radeon RX 6800は、純正クロックで250WのTBPを実現することができると述べられています。

このカードは、同じVRAM構成の16GB GDDR6メモリを搭載し、256ビットのバスインターフェイスを備え、メモリのクロックは16Gbpsで、正味の帯域幅は512GB/sとなる。

AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの価格と入手方法

AMD Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは12月8日から発売される。AMD Radeon RX 6900 XTの価格は999ドルと言われており、AMDがAIIBパートナーにカスタムモデルの許可を与えない限り、今年のリファレンスモデルになると予想されています。

RX 6800 XTは11月18日、RX 6800は11月18日に小売市場で発売され、価格はそれぞれ649ドル、579ドルとなる。

ソース: wccftech -  AMD Radeon RX 6800 ‘Big Navi GPU’ Benchmark Leaked, Faster Than The RTX 3070

 

解説:

言わんこっちゃない

今回はソースのツイート画像にRX6800が平均2500MHz以上のクロックで動作している証拠の画像が添付されていたので取り上げました。

まあ、言わんこっちゃないというかなんというか、AmpereがSamsungの8nmと判明した時、かなりのがっかりポイントと言いましたが、結局はこういうことです。

性能が近接していた場合、より優れた製造プロセスを使っている方が勝つということです。

Big Naviは2500MHzまでOC出来るようですが、Ampereは電源周りの問題で2000MHzも厳しいです。

これは製造プロセスの差も直撃している問題でしょう。

設計では負けてないと思っていたのでしょうが、さすがにあまりにナメ過ぎていたのではないでしょうか。

nVidiaが読み違った原因としてはAMDはPS5とXboxのSoCに全力投球しており、そこから解放されて、同一アーキテクチャーのPC用GPUにリソースを割いていたことが挙げられます。

Polarisは元々ゲーム機用として作られ、PC用としてはミドルレンジ迄のGPUでした。

Vegaはそもそもゲーム用としては向いてなかったので、言ってみればAMDはハンデを負った状態で勝負していたわけですが、ゲーム機の性能が上がってきて、PC用のGPUに性能が近くなってきたこともあって、ハンデを負った状態から一転、全力で勝負できるようになったということです。

NaviはFluid Motionなど今までのRadeonにあった機能が無くなった代わりに、ゲーム性能が伸びました。

Navi10でも予感がありましたが、Big NaviはまさにnVidiaキラーになりそうな予感です。

AmpereをTSMCの7nmで作らなかった代償はかなり大きいものになりそうです。

こういう姿を見ると、やはり人間、驕ってはいけないと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥98,800 (2021/01/20 03:20:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.