GPU情報

AMDのRadeon RX 6800 XTは2.5 GHzを超えるオーバークロックが報告され、性能はRTX 3090に相当します

投稿日:

AMDのRadeon RX 6800 XTグラフィックスカードの発売まで1週間となりましたが、より多くの結果がリークされ始めたようです。

Radeon RX 6800 XTは、@OneRaichu氏がGPU-zのスクリーンショットで示したように、カードが2.5GHzを超えて動作していることが報告されています。

AMD Radeon RX 6800 XTは、2.5GHzを超えてオーバークロック可能で、RTX 3090のパフォーマンスに相当すると報告されています。

AMD Radeon RX 6800 XTはBig Navi GPUベースのグラフィックカードで、RX 6800とRX 6900 XTの間に完全に配置されていることを考えると、多くの人がこのカードを追いかけようとしています。

共有されたGPU-zスクリーンショットでは、このカードは約2.55 GHzのクロック速度で動作していることがわかります。

このクロック速度での最大電力消費量が300W未満であることを考えると、非常に印象的です。

https://twitter.com/OneRaichu/status/1326931204055035904?ref_src=twsrc%5Etfw

また、これらのクロック速度でのパフォーマンスは、GeForce RTX 3090に近いことも言及されており、AMDの公式ストックパフォーマンスの結果では、10タイトル中5タイトルでより良いパフォーマンスを示していたので、AMD Radeon RX 6800 XTは、競合他社のフラッグシップ製品と比較して、ほんの一握りのAAAタイトルでより高速になることは間違いありません。

Radeon RX 6800 XTに加えて、Radeon RX 6800 (Non-XT) モデルの在庫品も発見できましたが、これは箱から出してすぐに2.27 GHzで動作します。カードの最高温度は、純正トリプルファンクーラーを使用して74℃と報告されていますが、GPU温度のホットスポットは95℃と報告されています。

最大電力使用量は記載されていませんが、非XTモデルでは250W TBP程度になると思われます。

AMD Radeon RX 6800(非XT)純正GPU-zのスクリーンショット

AMD Radeon RX 6800 XTとRX 6800 OpenCLベンチマークもリークされた

GPU-zのスクリーンショットに加えて、Radeon RX 6800 XTとRX 6800のOpenCLベンチマークがTUM_APISAK氏によってGeekbenchでリークされた。

Geekbenchに掲載されている両方のカードの結果がいくつかありますが、Videocardzはそれらを単一のチャートにまとめることに成功しました。

パフォーマンスメトリクスは以下で見ることができる:

AMD Radeon RX 6800シリーズ Geekbenchの結果

Radeon RX
6800 XT #4
Radeon RX
6800 XT #3
Radeon RX
6800 XT #2
Radeon RX
6800 XT #1
Radeon RX
6800 #2
Radeon RX
6800 #1
GeForce RTX 3080GeForce RTX 3070
Sobel1,087,976 (129%)1,071,499 (127%)859,559 (102%)750,440 (89%)746,974 (88%)715,348 (85%)1,199,829 (142%)844,805 (100%)
Histogram Equalization329,540 (85%)226,192 (58%)295,415 (76%)274,084 (70%)259,744 (67%)265,402 (68%)465,819 (120%)389,537 (100%)
SFFT127,859 (239%)117,706 (220%)109,160 (204%)121,848 (228%)96,057 (180%)97,787 (183%)86,286 (162%)53,397 (100%)
Gaussian Blur1,007,917 (139%)898,063 (124%)821,605 (114%)820,894 (114%)743,985 (103%)808,767 (112%)1,041,852 (144%)723,012 (100%)
Face Detection114,723 (112%)113,847 (112%)113,280 (111%)110,522 (108%)87,035 (85%)91,447 (90%)112,365 (110%)102,073 (100%)
RAW4,134,309 (146%)3,731,144 (132%)3,777,187 (133%)3,632,740 (128%)2,882,122 (102%)3,119,262 (110%)4,475,757 (158%)2,830,787 (100%)
Depth of Field1,532,035 (101%)1,354,456 (90%)1,359,672 (90%)1,191,858 (79%)1,137,599 (75%)1,136,803 (75%)1,909,551 (126%)1,510,381 (100%)
Particle Physics56,505 (108%)57,560 (111%)57,263 (110%)57,382 (110%)53,293 (102%)53,390 (102%)49,976 (96%)52,071 (100%)
オーバーオール
スコア
456,837 (127%)413,121 (114%)407,387 (113%)392,643 (109%)347,137 (96%)356,337 (99%)470,743 (130%)361,042 (100%)

AMD Radeon RX 6800シリーズのグラフィックスカードは、Intel CoreベースのシステムよりもAMD Ryzenシステムとペアにした場合にはるかに優れたパフォーマンスを提供しているように見えますが、Radeon RX 6000シリーズのカードは、特定のワークロードやゲームで役立つことができるSAM(スマートアクセスメモリ)技術など、Ryzen 5000プラットフォーム上でより多くの機能をサポートしているので、驚きではありません。

GPU クロックは、Radeon RX 6800 の 1.81 GHz と Radeon RX 6800 XT グラフィックス カードの 2.02 GHz の在庫で報告されました。

AMD Radeon RX 6800 XT「ビッグナビ21 XT」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800 XTは、72のコンピュートユニットまたは4608のSPを搭載したカットダウンSKUであるNavi 21 XT GPUを搭載しています。

このカードはまた、256ビットバスインターフェースで16GBのGDDR6メモリを搭載し、合計帯域幅は512GB/s、クロック速度はリファレンススペックでベースが2015MHz、ブーストが2250MHzとなっています。

AMD Radeon RX 6800 XTは、リアルタイムのレイトレーシングワークロード専用の72個のレイアクセラレータも搭載しています。このカードは、ベースのTBPが300Wで、工場出荷時にオーバークロックされたモデルでは350W以上になります。

標準メモリに加えて、Radeon RX 6800シリーズのグラフィックスカードは、GPUダイに128MBのインフィニティ・キャッシュを搭載します。このキャッシュは、1080p HD以上の解像度でより高いパフォーマンスを発揮するための帯域幅を向上させるのに役立ちます。

128 MBのInfinity Cacheは、標準の512 GB/sの帯域幅を3.25倍に向上させ、すべてのBig Navi GPUベースのグラフィックスカードで最大1.664 TB/sの有効帯域幅を実現します。

AMD Radeon RX 6000シリーズ グラフィックカード 価格と在庫状況

AMD Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは12月8日から発売される。

AMD Radeon RX 6900 XTの価格は999ドルと言われており、AMDがAIIBパートナーにカスタムモデルを提供することを許可しない限り、今年のリファレンスモデルになると予想されています。

RX 6800 XTは11月18日、Radeon RX 6800は11月18日に小売市場で発売され、価格はそれぞれ649ドル、579ドルとなる。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6800 XT Reportedly Overclocks Beyond 2.5 GHz, Performance Matches The RTX 3090

 

 

解説:

RX6800XTは2.5GHzまでOC出来る?

その時の性能はRTX3090と同じになるといわれています。

これを聞くと無理してRX6900XTじゃなくてもいいかなあと思えてきます。

生産が始まったばかりのダイサイズ500mm2クラスのGPUチップと言うとあまり歩留まりがいいようには聞こえないので、RX6900XTはかなり数が少なそうに聞こえます。

SP数有効率が90%のRX6800XTがそれだけOC出来れば妥協してもいいかなと思えてきます。

こういう話を聞くと、いよいよnVidiaも危ないかなと思えてきます。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/25 02:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.