GPU情報

以下は、スペック、写真、価格を含む、現在リストアップされているすべてのNvidia RTX 4080 Superカードである。

投稿日:

ほとんどのRTX 4080 Superカードは、いくつかのホワイトエディションを除いて、非Superの旧モデルと同じである。

本日は、Nvidia GeForce RTX 4080 Superの発売日とレビューの日である。

Nvidiaのパートナー各社は、Asus、Gigabyte、MSI、PNY、Zotacなどの有名メーカーを含む、この新しいGPUを搭載した新しいカードをリリースした。

RTX 4080 Superが4080の前モデルとよく似ているため、AIBパートナーカードのほとんどは、特筆すべきアップグレードを施している。

いくつかの例外を除き、更新されたカードは、バニラRTX 4080の前任者と同一のクーラーとフォームファクターを備えている。また、価格と在庫状況は現在流動的である。

Nvidia Founders Edition

Nvidiaは、RTX 4080 SuperのFounders Edition SKUを発表した。

この新モデルは、RTX 4080 Founders Editionのガンメタルグレーの筐体に対して、ブラックのラップアラウンド筐体を採用した新しいカラースキームを特徴としている。

カードの新しい配色と前面の新しい「Super」ロゴのほかは、重量やサイズを含め、前モデルのRTX 4080とほぼ同じです。

詳細はRTX 4080 Superのレビューをご覧ください。価格は999ドルで、TGP 320W、ブーストクロック2550MHzのリファレンス仕様となっている。

Asus

Asusは、今朝早く取り上げたRTX 4080 Super Noctua Editionを含め、これまでに9枚の新しいRTX 4080 Superグラフィックカードを掲載している。

4070 Ti Superや4070 Superと同様に、Nvidiaは新しい4080 SuperのROG Strix、ProArt、TUF Gamingバージョンをファクトリー・オーバー・クロックとストック・クロック構成で用意している。

Asusの新しい4080 Superラインナップには特筆すべき点がいくつかある。

1つは、RTX 4070 Superにあるような「通常の」デュアルファンオプションがないことだ。

しかし、何らかの理由でデュアルファンオプションが必要な場合、Asusは2つの巨大なNoctua 120mmファンを搭載したRTX 4080 Super Noctua Editionでカバーします。

決してコンパクトなカードではありませんが、デュアルファン搭載グラフィックスカードとしては十分です。

Asusは、今朝早く取り上げたRTX 4080 Super Noctua Editionを含め、これまでに9枚の新しいRTX 4080 Superグラフィックカードを掲載している。

4070 Ti Superや4070 Superと同様に、Nvidiaは新しい4080 SuperのROG Strix、ProArt、TUF Gamingバージョンをファクトリー・オーバー・クロックとストック・クロック構成で用意している。

Asusの新しい4080 Superラインナップには特筆すべき点がいくつかある。

1つは、RTX 4070 Superにあるような「通常の」デュアルファンオプションがないことだ。

しかし、何らかの理由でデュアルファンオプションが必要な場合、Asusは2つの巨大なNoctua 120mmファンを搭載したRTX 4080 Super Noctua Editionでカバーします。

決してコンパクトなカードではありませんが、デュアルファン搭載グラフィックスカードとしては十分です。

RTX 4080 Super ROG Strixには、ブラック・エディションとホワイト・エディションがある。

Asusは3週間前のライブストリームで、ROG Strixにホワイトバージョンがあることを確認し、RTX 4080 Superが唯一のモデルであることを明らかにした。

RTX 4070 Ti SuperとRTX 4070 Superにもホワイトバージョンはあるが、TUF GamingまたはDualフレーバーのみだ。

RTX 4080 Superのすべてのバリエーションには、3つのDisplayPortコネクタと2つのHDMIポートが搭載されているが、ProArtカードは2つ目のHDMIポートをスキップしている。

Asusのラインナップで最高クロックのRTX 4080 Superが欲しいなら、デフォルトモードで2,640MHzのファクトリーオーバークロック、OCモードで2,670MHzのクロック(Asus GPU Tweak IIIで利用可能)を持つROG Strix OC Editionがお勧めだ。

Noctuaのバリエーションは、より強力な冷却ソリューションが搭載されているように見えるが、デフォルトモードでの工場出荷時オーバークロックは2,610MHz、OCモードでのブーストクロックは2,640MHzで、TUF Gaming OCモデルと同じクロックである。

基本的に、AsusはソフトウェアをインストールしてOCモードを有効にすると、30MHzの追加クロックを提供する。

リファレンス価格999ドルのAsus製カードは、TUF Gamingの非OCのみ。

TUF OCは100ドル追加で、ProArt OCは1,149ドル、非OCのROG Strixは1,199ドル、ROG Strix OCは1,249ドル、白いOC Strixカードは1,299ドルだ。

すべてのRTX 4080 Superカードは現在品切れで、需要によるものか供給が限られているのかは誰にもわからない。

Gigabyteは5つの新しいRTX 4080 Superユニットをリストアップしている:Aorus Masterが1,149ドル、白いAero OCが1,099ドル、Gaming OCが1,049ドル、そしてWindforce V2とWindforceのバリエーションが999ドルの基本価格だ。

ギガバイトの4080 Superラインアップは、いくつかの違いを除けば、バニラ4080ラインアップとほぼ同じである。

ひとつは、4080 SuperにEagleのバリエーションがないことです。

これが意図的なものなのか、それともギガバイトが後にEagle SKUをリリースするのかは定かではない。

4080Superが本日発売されたにもかかわらず、ギガバイトには2つのWindforceバリエーションがあり、2つ目は「V2」バージョンです。さらに奇妙なことに、この2つのSKUの間には何の違いも見られない。

クロック速度やカードの寸法に至るまで、すべてが同じだ。違いは冷却シュラウドの色にあるようで、V2は薄いグレーだ。

ギガバイトのラインナップで最高クロックの4080 Superが欲しいなら、クロック速度2,625MHzのAorus Masterがお勧めだ。

AeroとGaming OCモデルのブーストクロックは2,595MHzで、Windforceカードはリファレンスクロックとなっている。

MSI

MSIは5つの4080 Superモデルを提供している。

一番上のオプションはSuprim Xで1,199ドル、次に新登場のExpertは見た目が異なるヒートシンク付きで1,149ドル。

Gaming X Slimは1,069ドル、Ventus 3X OCは1,029ドル、そしてベース価格のVentus 3Xは見た目は同じだがリファレンスクロックとなっている。

MSIのウェブサイトには3つのモデルしか掲載されていないが、Neweggにアクセスすると5つのモデルすべてが掲載されている。

MSIの新しいRTX 4080 Superのラインナップで最も明らかな変更は、Expertモデルの導入である。Expertは、1週間前にRTX 4070 SuperでデビューしたMSIの新ブランドだ。

通常のAIBパートナーカードでは見られない、より「ボタンアップされた」美しさを提供する。

RTX 4080 Expertは、NvidiaのRTX 30シリーズおよび40シリーズのFounders Editionクーラーからインスピレーションを得ており、デュアルファンを搭載し、1つはカードの前面に、もう1つは背面にある。前面のファンはIOカバーから排気し、背面のファンはNvidiaのFEカードと同様に通気性のあるメッシュエリアから空気を取り込む。

外観上、カードはマットグレー仕上げで、LED/RGB照明はない。このカードの最も印象的な点は、ヒートシンク全体を隠す完全密閉シュラウドだ。

ユニークな外観のカードであり、NvidiaのFounders Editionクーラーからインスピレーションを得た初めてのパートナーカードだ。

他のカードについては言うことはない。MSIのRTX 4080カードを見たことがあるなら、基本的に同じだ。

名前とは裏腹に、RTX 4080 Super Gaming X Slimは、RTX 4070/Ti Super兄弟のようなデュアルスロットフォームファクターではないことに注意されたい。

その代わりに、他のカードに似たトリプルスロットのフォームファクターを持つが、それは3スロット以上ではない。

おそらくMSIは、これをGaming X Not-As-Thickと呼ぶのは響きが良くないと思ったのだろう。

MSIの最高性能モデルをお探しなら、Suprim Xのバリエーションは、これまでリストアップしたカードの中で(「ソフトウェアをインストールする必要がある」ROG Strix OCを除いて)最高クロックが特徴で、ブーストクロックは2,655 MHzです。

ベース価格のVentusも2,580 MHzにわずかにオーバークロックされている。

Ventus OCは2,595 MHzに、Gaming X SlimとExpertモデルは2,625 MHzにオーバークロックされます。

MSI Centerを使用することで、これらのカードでさらに15 MHzを利用することができます。

Zotac

Zotacは、ベース価格のRTX 4080 Super Trinity Black、1,049ドルのTrinity OC White Edition、1,099ドルのAMP Extreme AIROを含む3つの新しいSKUを用意している。

Zotacの4080ラインナップと比較すると、このメーカーの4080スーパーラインナップは6モデルではなく3モデルのみで構成されている。

Zotacのバニラ4080ラインナップには、4枚のTrinityカードと2枚のAMP Extreme AIROカードがあり、Trinityのラインナップは、ストックモデルとファクトリーOCモデル、そして1枚のホワイトバリエーションで構成されていた。

同様に、AMP Extremeにはホワイトとブラックがあった。

現在のところ、ZotacはAMP Extreme AIROのブラック・バージョンのみを提供しており、工場出荷時のオーバークロックは2,610MHzです。

トリニティ・ブラック・バージョンのブーストクロックはリファレンス2,550MHzで、ホワイト・バージョンは2,565MHzとわずかなオーバークロックとなっている。

3モデルとも大型のトリプルファン・クーラーを搭載している。

Inno3D

Inno3Dは、4つのトリプルファン・バージョンと2つの液冷バージョン(カスタム・ループ向けと240mm AIO搭載)を含む、6つの新しいRTX 4080 Superグラフィックス・カードを発表した。Inno3Dのカードは通常米国では販売されていないため、価格の詳細は不明だ。

4080の製品と比較すると、Inno3Dは4080 SuperのSKUを4080より多く提供している。

主な違いは、Inno3Dの4080ラインナップにはなかった白のRTX 4080 Super X3 OCが含まれていることだ。

新モデルはホワイトとシルバーの配色で、ファンと下部シュラウドはホワイト仕上げで塗装され、シュラウド上部にはブラッシュドメタリック素材が装着されている。

Inno3Dの液冷RTX 4080 Superグラフィックスカードは、これまでのところ、Nvidiaのアドインボードパートナーによる唯一の液冷RTX 4080 Superである。

iChill Frostbiteは、カスタムループ用に最適化された超コンパクトな液冷カードです。

このクーラーは、ニッケルメッキ銅製ヒートシンクとシースルーアクリル製トップを備えている。

iChill BlackはAIOバージョンで、同じようなサイズのフォームファクターですが、240mmの大きなAIOが取り付けられています。

最高クロックのInno3Dカードが欲しいなら、液冷RTX 4080 Super Frostbiteとトリプルファン空冷RTX 4080 Super X3の両方が、Inno3Dの4080 Super GPUの中で最高クロックの2,610MHzである。

PNY

今のところ、PNYにはVerto OverclockedとVerto Epic-X RGB Overclockedの2種類のRTX 4080 Superグラフィックスカードしかない。

Epic-Xモデルは50ドル追加で、Verto OCは999ドルである。

これらのカードはどちらも大型トリプルスロット・トリプルファン・グラフィックス・カードで、Epic-Xモデルは2つのうちよりプレミアムな製品です。

ベースとなるVertoは非常にシンプルなマットブラック仕上げだが、Epic-Xはシュラウドの大部分をRGBライティングで覆い、側面にRGBイルミネーションXLR8ロゴを備えている。

また、Epic-Xは2つのモデルのうちより高速で、工場出荷時のオーバークロックは2,595 MHz(ベース価格モデルは2,565 MHz)です。

これは、リファレンス・カードと比べて15MHzのオーバークロックです。

PNYがさらなるSKUを発表するかどうかはまだ分からないが、旧4080にはXLR8 Gaming Uprising Epic-XグラフィックスカードとXLR8 Gaming Revel Epic-Xグラフィックスカードを含む合計5つのモデルが用意されていた。

Uprisingのモデルは、GPUのたるみを防止するために、カード側面に1対のアナログ水平器を備えているのが特徴で、特に派手でした。

標準的なRTX 4080が製造中止となった今、これらのカードがRTX 4080 Super用にリフレッシュされる日が来ることを願っている。

ソース:Tom's Hardware - Here are all the Nvidia RTX 4080 Super cards currently listed, including specs, photos, and pricing

 

 

 

解説:

RTX4080Superの各社モデル

RTX4080Superのモデル情報が出てきました。

日本円ではFouder's Editionが162,800円ですのでこれが基準になると思います。

ちなみに旧モデルのRTX4080無印は219,800円だったのでかなりお求めやすい価格になったといえるでしょう。

RTX4080はそのコスパの悪さから、発売されてから存在感を発揮できない存在感の薄いモデルでした。

162,800円は5万円以上安くなっていますので、「買おうかな」と思うユーザーがいてもおかしくはない価格だと思います。

可能ならば、RTX4080もこのくらいの価格で売ってくれればもう少し存在感を発揮できたのではないかなあと思います。

もっともRTX4080/Superに使われているAD103はモバイル向けのRTX4090にも使われていますので、供給量の関係であまり売れてほしくなったのかもしれません。

いずれにしても、あと1年ほどでモデルチェンジですが、コスパが大幅に改善されたのは喜ばしい限りです。

重要なのでもう一度書きますが、もう少し最初からコスパが改善されるとユーザーとしてはうれしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2024/02/23 07:30:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.