CPU情報

Intel第11世代Rocket LakeデスクトップCPUの写真、初のエンジニアリングチップはすでにOEMおよびボードパートナーとの契約済み

投稿日:

Intelの11th Gen Rocket LakeデスクトップCPUの最初の写真が、BilibiliのYuuKi_Ans氏によってリークされた。

発売前にいくつかのエンジニアリングボードやCPUをリークしたことで知られるこのユーザーは、今回、Intelの第10世代Comet Lakeファミリーの次世代後継機の最初の写真を私たちに与えてくれました。

Intel第11世代Rocket Lake CPUがカメラに微笑む、パートナーはすでに初期のサンプルをテストしています

更新:Videocardzは、第12世代Intel Alder LakeCPUの最初のフルショットも投稿しました。

チップは、Rocket Lake CPUまで見られる正方形の形状と比較して、長方形のデザインを特徴としています。

チップは、既存のプロセッサに搭載されている37.5x37.5mmパッケージに対して、37.5x45.0mmパッケージで提供されます。

Alder LakeCPUとそれぞれのLGA1700プラットフォームの詳細については、こちらをご覧ください。

リーカーが投稿した写真には、CPUトレイの中に鎮座する2つのチップが写っています。

YuuKiによると、これらは11th Gen Coreデスクトッププロセッサで、正式にはRocket Lakeというコードネームが付けられています。

第11世代Coreファミリーは、既存の第10世代Coreファミリーを置き換えるもので、Cypress Coveコアアーキテクチャをベースにした新しいコアを搭載し、最近の噂通りの非常に速いクロックを提供します。

リークに写っているIntel Rocket Lake CPUについて言えば、この2つのプロセッサは第10世代のComet Lake CPUと比較して、わずかに異なるIHSを特徴としているようです。

ソケットは同じ位置にあり、これらのチップは400シリーズと500シリーズの両方のマザーボードのLGA 1200ソケットと互換性があります。

ラベルは、Intelがこれらのサンプルの出所を追跡したり、誰がこれらのチップをリークしたのかを簡単に突き止めることができるので、カバーされている。

しかし、CPUにはIntel Confidentialマークが付いているので、これらはまだES (Engineering Sample)プロセッサであり、最終的なリテール版とは異なるスペックである可能性があります。

IntelのOEMやボードパートナーの情報筋によると、すでにES Rocket Lake CPUの最初のバッチを受け取っているとのことです。

彼らは現在、さまざまなプラットフォームや構成でそれらをテストしていますが、これはプロセッサの任意の新世代の標準的なルーチンです。

https://twitter.com/CapFrameX/status/1322844188443090945?ref_src=twsrc%5Etfw

https://twitter.com/CapFrameX/status/1323250830221475842?ref_src=twsrc%5Etfw

それに加えて、最近の@CapFrameX氏のツイートによると、IntelはRocket Lakeのラインナップに向けて、かなりの高クロック化を目指していることが示唆されている。

現在のES CPUはシングルコアで最大5.6GHzのターボクロックを叩くことができると言われています。

今、これは現時点では未検証ですが、それはインテルが再び新しいサイプレスコーブのコアを使用することに加えて、競争に取り組むために彼らのコアクロックの利点を使用することができるように見えます。

これらの機能の両方は、インテルが戻ってシングルコアを得ることができるようにする必要があります & AMD の今後の Ryzen 5000 ファミリーからのゲームのリードは、2 日間で起動します。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて知っていることを全て紹介します

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートすると予想され、400シリーズのマザーボードではあるが、Comet Lake-S CPUと一緒にデビューすることになる。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて知っていることを全て紹介します

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートすると予想され、400シリーズのマザーボードではあるが、Comet Lake-S CPUと一緒にデビューすることになる。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

インテルのデスクトップ向けCPU「Rocket Lake」の主な特徴は以下の通り。

  • 新しいCypress Coveコア・アーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックス・アーキテクチャ(Gen9より最大50%高いパフォーマンス)
  • 増加したDDR4 3200 MHzのメモリサポート
  • CPU PCIe 4.0レーン (Z490 & Z590マザーボードで利用可能)
  • エンハンスドディスプレイ(統合HDMI2.0b、DP1.4a、HBR3
  • CPU PCIe 4.0レーンを追加 = 20 CPU PCIe 4.0レーンの合計
  • エンハンスドメディア(12ビットAV1/HVEC、E2E圧縮
  • CPUアタッチドストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USB オーディオのオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2x2 (20G)
  • 2.5Gbイーサネット・ディスクリートLAN
  • ディスクリート Intel Thunderbolt 4 (USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャは、Sunny CoveとWillow Coveのデザインのハイブリッドと言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャを搭載すると言われています。

また、Thunderbolt 4.0対応のZ590マザーボードシリーズも今年後半に発表されると伝えられているので、今後数ヶ月の間にRocket Lake CPUに関する情報を期待したいところだ。

IntelデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(1st Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(2nd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(3rd Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(4th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(5th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(6th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(7th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8/9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/16未確認500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
10nm?16/24未確認600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Meteor Lake
(13th Gen)
7nm?未確認未確認700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?
Lunar Lake
(14th Gen)
未確認未確認未確認800-Series未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2023?

ソース:wccftech  - Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPUs Pictured, First Engineering Chips Already With OEM & Board Partners

 

 

解説:

ESの配布が始まるRocket Lake

Rocket Lakeエンジニアリングサンプルの配布がパートナー向けに始まっているようです。

今回迄14nmで、そのためか、Comet Lakeと比較しても8コア16スレッドまでになっています。

Core i7とi9の差別化はシングルスレッド性能を左右するクロックで行うようで、このような仕組みがどれだけユーザーに受け入れられるかですね。

物理的なコア数でモデルナンバーを差別化しているAMDとは非常に対照的になります。

 

最適化に課題が残るAMDとひたすらにシングルスレッド性能に極振りするRocket Lake

現時点ではどちらが正解とはいいがたいです。

Zen2では相当なレベルでSkyLakeアーキテクチャーのコアと近接したシングルスレッド性能を持つに至りました。

Zen3コアとCypress Coveに至っては実際に同等レベルの環境でベンチを回してみないことには判断がつかないという感じです。

恐らく、ほぼ同じか、若干Intelが有利と言う感じがします。

また、ゲームエンジンの最適化の面でも若干Ryzen不利かなと言う感じです。

ただ、Zen3でシングルスレッド性能が不足しているかと言われるとそんなことはなく、シングルスレッド性能が多少劣っていたとしても敢えてマルチコア性能が高いRyzenを選ぶユーザーもいそうです。

ひと昔前ならともかく、ここまで性能が上がると、数FPS程度の差を気にするユーザーそのものが減っていきそうです。

平均180FPSくらいまで行けば後はそれ以上を求めるユーザー自体がガクンと減ります。

Zen3も信じられないほどのシングルスレッド性能の向上を果たしていますので、Rocket Lakeが求める性能をユーザーがどのくらい受け入れるかと言うことになりそうです。

これもやってみないとわからないレベルでしょう。

それほど、未だかつてないほど商品力が高まっていると言うことです。

参考:CinebenchR15

SingleMulti備考
Core i7-2700K138638
Core i7-3770K137672
Core i7-4770K141709
Core i7-4790K169854
Core i7-6700K180888
Core i7-7700K200995第一世代
Ryzen発売
Core i7-8700K2081447
Core i9-9900K2192245第三世代
Ryzen発売
Core i9-10900K2342677

上はCinebench R15のベンチマーク結果です。

これを見ると、第一世代Ryzen発売後のモデルはマルチスレッドの結果が跳ね上がっています。

そして、第三世代Ryzen発売後はシングルスレッド性能が向上しマルチスレッド性能が跳ね上がっています。

やはり競争のない世界は死んだ世界で、今まではそうだったのだなと強く思います。

これはintelファンの方も素直に納得していただけるのではないかと思います。

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.