その他

マーキュリーリサーチ AMD、X86市場で22.4%のシェアを獲得と報告、2007年以来の高水準に

投稿日:

Mercury Researchは(Tom's Hardware経由で)、AMDがx86市場の22.4%という驚異的なシェアを獲得したことを明らかにしました。

これは2007年以来の高値であり、AMDが全盛期にあることを示している。この数字は、AMDのRyzen 5000シリーズが市場に出回る直前に出てきたもので、来年までにAMDがx86市場で25%以上のシェアを獲得することが予想されることを意味している。

IntelのRocket Lakeがまだ14nmノードで立ち往生しているため、AMDは鉄が熱いうちに攻撃する立場にあり、まさにそれを行っているように見える。
AMDがx86 CPU市場シェア20%を突破、Ryzen 5000シリーズの発売後には25%が目標の範囲内に入る

報告書の概要は以下の通りです:

  • AMDのx86 CPU全体のシェアは22.4%で、前四半期比4.1ポイント増、前年同期比6.3ポイント増:2007年第4四半期以来の高シェアを記録
  • IoTを除くAMDデスクトップx86のシェアは20.1%で、前四半期比0.9シェアポイント増、前年同期比2.1シェアポイント増:AMDデスクトップのシェアは12四半期連続で伸びている。2013年第4四半期以来の高水準
  • IoTを除くAMDのノートPC x86シェアは20.2%で、前四半期比0.3ポイント増、前年同期比5.5ポイント増となり、AMDのノートPCシェアは12四半期連続で伸びている。これはAMD x86ノートPCシェアの新記録であり、2020年第2四半期に設定された過去最高の19.9%を上回る
  • IoTを除くAMDクライアントx86シェアは20.2%、前四半期比0.5ポイント増、前年同期比4.3ポイント増:2011年第2四半期以来の高水準

Ryzen 5000シリーズの発売前夜(2020年11月5日発売予定)であり、市場シェアの獲得に関しては、AMDはすでに息を呑むような勢いにあるように見える。

Ryzen 5000シリーズはIPCの大幅な向上をもたらし、PCIe 4.0をサポートするIntelの競合製品(IntelのRocket Lakeプラットフォームは2021年第1四半期まで発売されない)がないため、AMDはさらに数ヶ月間のフリーランを享受し続けることになりそうだ。

Intelの部品がPCIe 3.0のみをサポートしているため、顧客がチームレッドに亡命し始めても不思議ではない。

モバイルでの同社の成功は、いくつかの非常に大きな信用のおかげでもある。

当社のAMD Ryzen 4000モバイル・シリーズ・プロセッサは、業界をリードする性能とエネルギー効率に基づいて、かつてないほどの需要があります。

AMD Ryzen 4000プロセッサの売上は、AMDの歴史上、どのモバイル・プロセッサよりも速いペースで増加しました。

当社は、AMD Ryzen 4000シリーズ・プロセッサに対するお客様からの需要の増加に対応するために増産を進めており、ノートブック市場における当社のフットプリントの拡大に注力しています。

- AMDの広報担当者、Wccftechへ、8/5/2020

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMDの新Ryzen 5000シリーズ・プロセッサは、ゲームチェンジャーになりそうです。

「Zen 3」アーキテクチャは、PCのワークロードにおいて、前世代と比較して19%のIPC向上を実現し、ゲームやコンテンツ制作のパフォーマンスを新たなレベルに押し上げます。「Zen 3」アーキテクチャは、高速化されたコアおよびキャッシュ通信によるレイテンシを低減し、コアあたりの直接アクセス可能なL3キャッシュを2倍にすると同時に、競合製品と比較してワットあたりのパフォーマンスを最大2.8倍に向上させます。

最上位の16コアAMD Ryzen 9 5950Xは、以下を提供します。

  • デスクトップ・ゲーミング・プロセッサの中で最高のシングルスレッド性能
  • メインストリームのCPUソケットに搭載されているデスクトップゲーミングプロセッサとデスクトッププロセッサの中で最もマルチコア性能が高い

12コアのAMD Ryzen 9 5900Xは、最高のゲーム体験を提供します。

  • 厳選されたゲームタイトルの1080pゲームにおいて、競合他社と比較して平均7%の高速化を実現

世代別の特定のタイトルで、1080pのゲームで平均26%高速化

AMDより

残る唯一の問題は、供給の問題です。

過去には、AMDが供給の制約を受けているという疑惑がありましたが、これについては当社の独占記事で取り上げています。

AMDはウェハーの生産をTSMCに依存しており、NVIDIAが次世代GPUのためにTSMCに戻ることを検討しているという噂もあり、TSMCが拡大するまではウェハーミックスを最適化しなければならないかもしれません。

ソース:wccftech - Mercury Research: AMD Achieves 22.4% Share Of The X86 Market, A High Not Seen Since 2007

 

 

解説:

AMDの市場シェアが2007年来最高の22.5%に

Renoir効果による功績が大きいでしょう。

モバイルでTDP15W、8コア16スレッドと言うのは他社にはないアドバンテージであり、OEMにとっては供給も思うに任せないIntel CPUを補完するCPUとしてかなり大きな魅力を持った製品ではないでしょうか。

一気に4割5割は難しいと思いますが、順調にシェアを伸ばしているようです。

Renoirは依然高い商品力を持ち、Renoir Reflesh(Lucienne)として、来年、Zen3モバイルであるCezanneと併売されます。

 

あとはGPUだけです。

現物がまだ発売されていませんので、どこのサイトも評価はしていませんが、事前の評判通りなら、こちらもnVidiaキラーになるでしょう。

個人的に一番ポイントが高かったのは、メモリ容量です。

今のところRX6900XT、RX6800/XTしかラインナップが発表されていませんが、

RX6700/XTやRX6500/XTがあるならば、是非ともメモリを増量していただきたいです。

RX6700XT・・・12GB(192bit)

RX6700・・・8GB(128bit)

RX6500XT・・・8GB(128bit)

RX6500・・・6GB(96bit)

こんな感じで6GBが最低になってくれると嬉しいです。

まあ、これはもちろんInfinity cacheがあること前提なので、どうなるのかわかりません。

ひょっとしたら下位のモデルには搭載されないかもしれません。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/25 02:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.