CPU情報

AMDは歴史上初めて韓国でIntelを売り上げで抜き、ヨーロッパで販売を倍増

投稿日:

再びAMDは、同社製品が最近、世界中で躍進を遂げていることによって、明日の収益報告書に先んじてトップを飾っていることに気づきました。

韓国では、同社のプロセッサが史上初めてIntelのプロセッサの売上を上回りました。

すべての既製のPCの51.3%がAMD CPUを搭載していると伝えられていますが、残りの48.7%はIntelを搭載しています。

AMDは従来、顧客が部品を個別に購入して独自のPCを構築するDIYチャンネル市場で非常に優れた業績を上げてきました。

インテルが数十年にわたってその分野で長い間定着しているため、事前に構築されたOEM市場は浸透するのがはるかに困難でしたが。

これがまさに非常に重要な理由であり、AMDは既成の市場でIntelをめったに受け上げで抜くことがほとんどなく、AMDの競合他社であるNVIDIAとIntelの両方が伝統的に非常に強い市場である韓国では実際に売れたことがありません

 

AMD Powered PCの販売はヨーロッパで倍

話は韓国だけでは終わりません。

なぜなら、Intelの既存のオプションよりもAMD搭載のPCを購入することを選んだのは韓国人だけではないからです。

ヨーロッパでは、Ryzen CPUを搭載した既成システムの売り上げも過去4倍に増加しています。

主に、第3世代のRyzen 3000シリーズCPUの強力な競争力と、10nmへの移行が加速するにつれて少なくとも6か月間続くと予想されるIntelの継続的な14nmの生産不足に感謝すべきでしょう。

PC市場全体は、この四半期に前年同期と比較して4%成長しました。

一方、AMDの西ヨーロッパでのPCの販売はほぼ2倍で、昨年の第3四半期に販売された355,000台から、今年の同四半期の629,000台に増加しました。

予想よりも強力なWindows 10コーポレートリフレッシュサイクルに牽引され、市場でのPC全体の需要が増加し、AMDの強力な製品ポートフォリオとIntelの生産上の問題は、今年の赤チームにとって恩恵であり、同社は10年以上ぶりにCPUBenchデータベースのシェアの30%以上を占めています。

AMDとIntelの両方からまだいくつかの製品が出ており、第4四半期の販売全体のテコ入れをすると予想されています。

AMDの第3世代マニア向け製品であるThreadripperプロセッサのラインナップと、AM4プラットフォームに搭載されたいくつかの第3世代Ryzen製品が含まれます。

Intelはまた、Cascade Lake-Xの新しいラインアップをリリースする予定です。これは、前世代の1ドルあたり2倍のパフォーマンスを実現する価格です。

業界が何年もの間熱狂しているもので、Intelの愛好家はきっと興奮するでしょう。

AMDは明日、市場が閉鎖された後、第3四半期の財務業績を発表することになっています。これは、今四半期にはまったく利用できない種類の詳細で、前四半期の会社の業績をすべて見ることができる時期です。

美味しい部分の詳細と、今後の製品についてもお楽しみに!

 

 

解説:

AMD快進撃のマーケットデータ

AMD快進撃のマーケットデータが出ています。

韓国ではintel CPUの売上を超えたようです。

AMDにとっての追い風は

・intel製品の供給不足

・Windows7サポート切れのためWindows10への移行による需要増

この2つが重なっていることです。

韓国だけでなく、欧州ではAMDの売上が4倍に伸びたようです。

PCパーツの世界というのはこのような波乱が時々起きるのでエキサイティングで面白いです。

日本は根強いIntelファンが多いですが、Intel製品も強化され、安くなっていますので、Intelファンにとって面白い状況なのではないかと思います。

後はRadeonがもう少し頑張ってくれるということないと思うのは私が欲張りだからでしょうか(笑

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.