CPU情報 GPU情報

AMD、次世代CPU Ryzen 4000「Vermeer Zen 3」を10月8日に、Radeon RX 6000「RDNA 2」GPUを10月28日に発表

投稿日:

AMDは、Zen 3アーキテクチャをベースにした次世代Ryzen 4000 CPUとRDNA 2アーキテクチャをベースにしたRadeon RX 6000グラフィックスカードを10月に発表することを正式に確認しました。

この発表は、AMDが今日、我々が最初にここで報告したブランドの新しい何かを発表することを計画していることをいじられた数時間後に来ています。

AMD Ryzen 4000 Zen 3 CPUは10月8日に発表、Radeon RX 6000シリーズのRDNA 2 GPUは10月28日に発表

AMDは、デスクトップPCセグメント向けの次世代CPUとGPUを一連の別々のツイートで発表することを確認した。

ツイートの中でAMDは、まず10月8日にZen 3ベースのRyzenデスクトップCPUのコードネーム「Vermeer」を発表し、10月28日にはRDNA 2 GPUアーキテクチャを採用したRadeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードを発表することを確認しています。

Radeonグラフィックスの次なる地平線で世界中のゲーマーを喜ばせる準備をしているAMDは、RDNA 2アーキテクチャ、Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックス・カード、そしてゲーム開発者やエコシステム・パートナーとの深い協力関係についての詳細をご紹介します。

10月28日午後12時(米国東部標準時)に開催されるRadeon PCゲーミングの未来をご紹介します。

翻訳

AMD #RDNA2アーキテクチャとRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカードは、世界中のゲーマーにRadeonの良さを提供します。詳細は10月28日に。

ツイートに関しては、Radeon RX 6000シリーズのビデオはあまり情報を提供していませんが、次世代Ryzen Zen 3デスクトップCPUのビデオはいくつかの重要な情報を提供しています。

これを見る限りでは、AMDはZen 3プロセッサで同じトリプルチップレットダイを再検討しているようだ。

このことは、我々が再び16コアと32スレッドをCPUの最大コア/スレッド数として見ていることを示唆しているが、はるかに高速なクロック速度と、強化された7nmプロセスノードを利用する新しいアーキテクチャを使用しています。

翻訳

AMD Ryzenプロセッサの次の波と全く新しいZen 3アーキテクチャで、@AMDは、PCゲームとコンテンツ制作のリーダーシップを新たな高みへと押し上げています。詳細は10月8日

AMDのZen 3ベースのRyzen 4000「Vermeer」デスクトップCPUについて知っていることはすべてここにある

AMD Zen 3アーキテクチャは、初代Zen以来の偉大なCPUデザインと言われている。

グループアップから全面的に刷新されたチップで、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、高効率化の3つに重点を置いている。

AMDはこれまでのところ、Zen 3には新しいCPUアーキテクチャが搭載されており、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、コア数の増加を実現していることを確認しています。

一部の噂では、主要なキャッシュの再設計とともに、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加すると指摘されています。

また、EPYCのプレゼンテーションでは、Zen 3が統一されたキャッシュ設計を提供し、各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュがZen 2に比べて実質的に2倍になることを示したキャッシュ設計の大きな変更を見ることができました。

CPU はまた、Zen 3 ベースの Ryzen プロセッサを第 10 世代インテル Core の提供に近いもたらす必要があります

200-300 MHz のブーストクロック まで取得することが期待されています。

これは、IPCの大幅な増加とアーキテクチャへの一般的な変更により、Ryzen 2000とRyzen 1000プロセッサを大幅に超える既存のRyzen 3000プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスを実現し、AMDがごく最近発表したように、革命的な製品というよりは進化的な製品です。

考慮すべき重要な点は、チップレットアーキテクチャの復活と、AMDが既存のAM4ソケットのサポートを維持することです。AM4ソケットは2020年まで使用される予定だったので、AMDがDDR5やUSB 4.0などの将来の技術を中心に設計されたAM5に移行する前に、Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUがこのソケットを使用する最後のファミリになる可能性が高いです。

]AMDのX670チップセットは、今年末までに到着することがほのめかされており、PCIe Gen 4.0のサポートが強化され、M.2、SATA、USB 3.2ポートの形でI/Oが増加することを特徴とする。

AMDは最近、Ryzen 4000デスクトップCPUは400と500シリーズのチップセットのみをサポートし、300シリーズはサポートされないことを確認しました。

また、AMDは最近、Zen 3ベースのRyzen 4000デスクトップ・プロセッサが高性能の旅の継続を示すことを確認していました。

Zen 3アーキテクチャは、第3世代のRyzen 3000 MatisseファミリのCPUに代わるVermeerファミリのCPUの発売により、コンシューマ・デスクトップ・プラットフォームで初めて利用できるようになる。

では、PC分野におけるAMDの次の展開はどうなるのでしょうか?あまり多くは語れませんが、今年後半に発売予定の初の「Zen 3」クライアント・プロセッサを搭載した高性能の旅は続いています。私たちのベストをまだ見たことがないということで締めくくりたいと思います...。

AMDコンピューティング&グラフィックス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント - Rick Bergman

今のところ、AMDがZen 2ベースのRyzen 3000で持っている競争上の優位性は、Intelが今年のために彼らの袖の中に持っているものに比べてあまりにも大きなものであり、Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUは、その境界線をさらに押し広げようとしています。

ここでは、我々はRDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて知っているすべてのものです。

AMD RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2xグラフィックスカードファミリーは、RyzenがCPUの世界全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊するとも言われています。

これはAMD自身のかなり大胆な主張ですが、リークや噂では、これがAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードにも当てはまるのではないかと示唆されています。

AMDは、そのRDNA 2 GPUが、Zen 2がZen 1を上回ったように、第一世代のRDNA GPUを上回る性能のジャンプを実現すると発表した。

第一世代のRDNA GPUは、GCNアーキテクチャを上回るワットあたりの性能を50%も大幅に向上させたが、RDNA 2 GPUは、RDNA 1を上回る性能を実現し、ワットあたりの性能をさらに50%向上させることが期待されている。

AMDが共有したロードマップによると、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの重要な機能を備えているという。まず何よりもまず、ワットあたりの性能向上だが、これにはいくつかの理由がある。AMDは、TSMCの7nmプロセスから、より先進的な7nmプロセスノードに移行する。

新しいプロセス・ノード自体が新しいGPUのトランジスタ効率を向上させる一方で、全体のサイズを小さくすることで、AMDはより小さなパッケージにより多くの性能を詰め込むことができるようになります。

ワットあたりの性能を50%向上させた主な変更点は、クロックあたりの性能を向上させた再設計されたマイクロ・アーキテクチャ(IPC)、デザインの複雑さとスイッチング電力の削減に役立つロジックの強化、クロック速度の向上などの物理的な最適化などです。

AMDはまた、RDNA 2 GPUは、VRS (Variable Rate Shading)とハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを特徴とすることを発表しました。

AMDは、すでにTuring GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードにこれらの技術を実装しているNVIDIAに追随している。マイクロソフトとソニーの新しいコンソールの発売が間近に迫っていることから、AMDは、開発者が次世代ゲームタイトルに統合できるように、独自の最適化フレームワークを使ってこれらの機能を提供しようとしている。

また、AMDは最近、MicrosoftのDXR 1.1(DirectX 12 API Ultimate)デモを実行しているRDNA 2 GPUを内部で公開しており、ハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを利用しています。

AMDのレイトレーシングに対するアプローチは、開発の簡素化と迅速な導入を提供することであり、これはゲーム開発者の大多数が力を注いでいるゲーム機を通じて可能になります。

AMDのリサ・スー最高経営責任者(CEO)はすでに、RDNA 2 GPUを搭載したRadeon RXハイエンドファミリと、7nmのRDNAリフレッシュファミリが今年中に発売されることを期待できると述べている。

Navi 2x」のラインナップは上から下までスケールアップし、その名の通り、第1世代のRXグラフィックスカードに比べて2倍の性能効率の向上を実現すると述べたプレゼンテーションの中でも同じことが述べられていたが、今回の発表では、「Navi 2x」のラインナップは、上から下までスケールアップし、その名の通り、第1世代のRXグラフィックスカードに比べて2倍の性能効率の向上を実現すると述べられている。

AMDのCFOであるDavid Kumar氏は、PCプラットフォーム向けのRDNA 2 GPUベースのRadeon RX製品にも光を当て、PCが最初にBig Navi (Halo)グラフィックスカードの形で新しいアーキテクチャを味わうことができ、その後にメインストリームGPUが続くだろうと述べました。

"Navi2には多くの興奮があります。" "ファンの間ではBig Naviと呼ばれています。"

"Big Naviは後光商品"

"熱狂的なファンは最高のものを買うのが好きで、我々は確かに最高のものを提供するために努力しています。"

"RDNA 2アーキテクチャはスタック全体を貫く"

"メインストリームのGPUからエンスージアスト向けのGPUに至るまで、このアーキテクチャはゲームコンソール製品にも適用されます。

"これにより、より大きなエコシステムを活用し、レイトレーシングなどのエキサイティングな機能の開発を加速させることができます。"

AMDのCFO、David Kumar氏より

※ halo product=後光製品と訳していますが、ブランドのイメージを左右するようなフラッグシップ製品のことだと思われます。

第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能の一部を紹介します。

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱心なデスクトップグラフィックスカードのオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6グラフィックスカードのミックス
  • 第一世代のNavi GPUよりも電力効率が高い

Big Navi Radeon RX GPUの重要な特徴の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊しようとしていることだ。

これらは、AMDによるいくつかの大胆な主張ですが、噂されている仕様が何かを基準にしているなら、これらの主張は、遠く離れたものではないかもしれません。

"Radeon 5000シリーズは、現在のPCゲーマーの90%程度をカバーしています。"それが現在4Kがない理由であり、その大部分が1440pと1080pだからです。

"4K対応のGPUが来ないわけではありません。

"Ryzenと同様に、私たち全員が繁栄するRadeon GPUエコシステムを必要としている "と同氏は言う。では、我々は4Kを追いかけて、同様に4Kをディスラプトするつもりなのか?絶対に、それに期待していい。しかし、今言えるのはそれだけです。"

- PCGamesN

今回も、AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX 'Navi 2X' GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調しているので、それは何かを考慮する必要があります。

競争は、しかし、反対側からの競争は、AMDは、その高性能なグラフィックスカードを起動すると、目を閉じて行くことはありません。

NVIDIAベースの次世代GeForce GPUは、これまでのところ見てきた中では怪物のような存在になりそうで、9月17日に消費者に最初に提供される予定だ。

2020年後半は、最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、面白い時代になることは間違いないだろう。

ソース:wccftech - AMD Intros Next-Gen Ryzen 4000 ‘Vermeer Zen 3’ CPUs on 8th October, Radeon RX 6000 ‘RDNA 2’ GPUs on 28th October

 

解説:

Zen3は10月8日、RadeonRX6000は10月28日に発表

昨日、AMDのFrank Azor氏が意味深なツイートをしていましたが、どうも発表日の発表と言う意味だったようです。

発売がいつになるのかわかりませんが、年内発売とすると、日程的にギリギリですので、遅くとも1か月以内に発売されるものと思います。

同じAMDの製品でありながら、RadeonとRyzenは全く立場が違うのが面白いですね。

どれだけ追いつけるかが問題のRadeonとどれだけ引き離すことができるかのRyzenと言った感じになると思います。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報, GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.