GPU情報

AMD、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6800 RDNA 2グラフィックスカードの4KとWQHDのベンチマークを公開

投稿日:

AMDは、Radeon RX 6000 RDNA 2グラフィックス・ラインアップについて、Radeon RX 6900 XT、Radeon RX 6800 XT、Radeon RX 6800の4KおよびWQHDでのパフォーマンス・メトリクスを含む、さらに多くのベンチマークを公開しました。

パフォーマンス結果は、使用したテストプラットフォームや各タイトルをテストした設定とともに詳細に記載されています。

AMD Radeon RX 6900 XT RTX 3090より高速、RX 6800 XT RTX 3090に近い、RX6800RTXより高速2080Ti新しく公開されたRDNA2 GPU 4K&WQHDベンチマーク

AMDは、4KとWQHDの両方の解像度で10のゲームでテストしたベンチマークを掲載しました。

ベンチマークは、Ryzen 9 5900X 12コア24スレッドプロセッサ、16GBのDDR4-3200 MHzメモリ、各グラフィックスカード用の最新ドライバを使用したすべてのグラフィックスカード用のX570リファレンスプラットフォームで実施されました。

これはRyzen 5000 CPUベースのプラットフォームであるため、AMD GPUは、Radeon RX 6000シリーズのグラフィックカードに搭載されているグラフィックメモリをCPUがフルに活用できるSmart Access Memoryテクノロジーをフルに活用しており、一部のタイトルで最大11%のパフォーマンス向上を実現しています。

AMD Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6800 4Kゲーミングベンチマーク

4Kでのベンチマークでは、Radeon RX 6900 XTは、NVIDIAのGeForce RTX 3090に対して5つのタイトルで勝利し、残りの5つのタイトルではカ僅差に迫りました。

また、RX 6800 XTは、5つのタイトルでGeForce RTX 3090よりも高速であることにも証明しました。

Radeon RX 6800 XTは、6つのタイトルでGeForce RTX 3080 Founders Editionグラフィックスカードよりも速くなっています。

最後に、Radeon RX 6800は、すべてのタイトルで4K解像度でRTX 2080 Tiを破壊し、Forza Horizon 4ではRTX 3080をも凌駕しています。

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMD Radeon RX 6000シリーズの4Kでのゲーミングベンチマーク

グラフィック
カード
GeForce
RTX 2080 Ti
Radeon
RX 6800
GeForce
RTX 3080
Radeon
RX 6800 XT
GeForce
RTX 3090
Radeon
RX 6900 XT
Battlefield V
(Ultra DX11)
79.898.1101.3113.1110.7120.5
Borderlands 3
(Badass DX12)
43.555.258.266.26672.5
COD:MW
(Ultra DX12)
64.377.383.990.994.6100.2
Division 2
(Ultra DX12)
61.762.481.674.586.379.8
Doom Eternal
(Ultra Nightmare Vulkan)
103.2117.9139.3138.4151.6150.1
Forza Horizon
4 (Ultra DX12)
109.4131.8133.6153.1147.1167.3
Gears 5
(Ultra DX12)
58.970.376.582.681.989.7
Resident Evil 3
(Ultra DX12)
89.1101.3120.4117.3132.3127.5
Shadow of The
Tomb Raider
(Highest No
AA DX12)
67.875.688.18895.994.8
Wolfenstein Youngblood
(Mein Leben
Vulkan)
121.9123.3146.3148.6164.9157.5

 

AMD Radeon RX 6000シリーズの4Kでのパフォーマンスベンチマーク(@Harukaze5719より)

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMD Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6800 WQHDゲーミングベンチマーク

WQHDでは、AMD Radeon RX 6900 XTとRX 6800 XTは、GeForce RTX 3090グラフィックスカードよりも多かれ少なかれ速いか、もしくは同等である。

バトルフィールドVやForza Horizon 4では、Radeon RX 6800でさえ、GeForce RTX 3090グラフィックスカードよりも速くなっています。

AMDは性能ベンチマークだけに留まらない。彼らはFPS/$の値も比較しており、ここではRadeon RX 6800 XTがRadeon RX 6000シリーズのラインアップの真の王者のようで、Radeon RX 6800に続いてRadeon RX 6800、最後にRadeon RX 6900 XTが続いています。

 

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMD Radeon RX 6000シリーズのゲーミングベンチマーク、WQHD

グラフィック
カード
GeForce
RTX 2080 Ti
Radeon
RX 6800
GeForce
RTX 3080
Radeon
RX 6800 XT
GeForce
RTX 3090
Radeon
RX 6900 XT
Battlefield V
(Ultra DX11)
138.7184169.2199.8180201.8
Borderlands 3
(Badass DX12)
76.799.499.9119.8113.5130
COD:MW
(Ultra DX12)
107.3125.1134.9146.7148.4161.1
Division 2
(Ultra DX12)
109.2117.7144.6138.4147148
Doom Eternal
(Ultra Nightmare Vulkan)
165.9179.6212216.4229.2229.6
Forza Horizon
4 (Ultra DX12)
150.6203.5182230.9190.9236.6
Gears 5
(Ultra DX12)
100126.7126.8142.8131.1145
Resident Evil 3
(Ultra DX12)
169.4201.4221.7229.6242.9248.6
Shadow of The
Tomb Raider
(Highest No
AA DX12)
123.4130152.2154.5161.2165
Wolfenstein Youngblood
(Mein Leben
Vulkan)
121.9123.3146.3148.6164.9157.5

 

WQHDでAMD Radeon RX 6000シリーズのパフォーマンスベンチマーク(Via @Harukaze5719)

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

NVIDIAのグラフィックスカードは一般的にIntelプラットフォーム上でより良いグラフィックス性能を提供するので、これもテストする必要があるので、ここで考慮すべきことがあります。

さらに、AMDは、どこにも言及されていないように、これらのベンチマークでそのRAGEモード機能を使用していないようです。

自動オーバークロックツールは、我々がここで見ているものよりもさらに優れたパフォーマンスを可能にするので、最終的なレビューがヒットしたときに広範囲にテストされることを期待することができます。

AMD Radeon RX 6900 XT "Big Navi 21 XT" GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6900 XTは、80のコンピュートユニットまたは5120のSPを搭載した完全に有効なダイであるNavi 21 XTX GPUを搭載しています。

カードはまた、256 ビット バス インターフェイスで 16 GB の GDDR6 メモリ、512 GB/s の合計帯域幅、クロック速度 2015 MHz ベースと 2250 MHz ブーストのリファレンス仕様を備えています。

また、グラフィックスカードにはレイトレーシングを可能にする80個のレイアクセラレータが搭載されている(コンピュートユニットごとに1つのRAが搭載される)。

グラフィックスカードのベースTBPは300Wで、工場出荷時にオーバークロックされたモデルでは350W以上になります。

 

標準メモリに加えて、Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは、GPUダイに128MBのインフィニティキャッシュを搭載します。

このキャッシュは、1080p HD以上の解像度でより高いパフォーマンスを発揮するための帯域幅を向上させるのに役立ちます。

128 MBのInfinity Cacheは、標準の512 GB/sの帯域幅を3.25倍に向上させ、すべてのBig Navi GPUベースのグラフィックスカードで最大1.664 TB/sの有効帯域幅を実現します。

AMD Radeon RX 6800 XT "Big Navi 21 XT" GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800 XTは、72のコンピュートユニットまたは4608のSPを搭載したカットダウンSKUであるNavi 21 XT GPUを搭載しています。

このカードはまた、256ビットバスインターフェースで16GBのGDDR6メモリを搭載し、合計帯域幅は512GB/s、クロック速度はリファレンススペックでベースが2015MHz、ブーストが2250MHzとなっています。

AMD Radeon RX 6800 XTは、リアルタイムのレイトレーシングワークロード専用の72個のレイアクセラレータも搭載しています。このカードは、ベースのTBPが300Wで、工場出荷時にオーバークロックされたモデルでは350W以上になり、後日発売される予定です。

標準メモリに加えて、Radeon RX 6800シリーズのグラフィックスカードは、GPUダイに128MBのインフィニティ・キャッシュを搭載します。

このキャッシュは、1080p HD以上の解像度でより高いパフォーマンスを発揮するための帯域幅を向上させるのに役立ちます。

128 MBのInfinity Cacheは、標準の512 GB/sの帯域幅を3.25倍に向上させ、すべてのBig Navi GPUベースのグラフィックスカードで最大1.664 TB/sの有効帯域幅を実現します。

AMD Radeon RX 6800 "Big Navi 21 XL" GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、3840ストリームプロセッサの60 Compute Unitsを搭載したNavi 21 "Big Navi" GPUをさらに削って搭載する。

AMD Navi 21 XL GPUは、リファレンススペックで1815MHzのゲームクロックと2105MHzのブーストクロックを搭載する予定だ。

また、AMD Radeon RX 6800とNavi 21 XL GPUを搭載したAMD Radeon RX 6800は、純正クロックで250WのTBPを実現することができると述べられています。

このカードは、同じVRAM構成の16GB GDDR6メモリを搭載し、256ビットのバスインターフェイスを備え、メモリのクロックは16Gbpsで、正味の帯域幅は512GB/sとなる。

AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの価格と入手方法

AMD Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは12月8日から発売される。

AMD Radeon RX 6900 XTの価格は999ドルと言われており、AMDがAIIBパートナーにカスタムモデルの許可を与えない限り、今年のリファレンスモデルになると予想されています。

Radeon RX 6800 XTは11月18日、Radeon RX 6800は11月18日に小売市場で発売され、価格はそれぞれ649ドル、579ドル。

 

ソース:wccftech - AMD Publishes More Radeon RX 6900 XT, RX 6800 XT & RX 6800 RDNA 2 Graphics Card Benchmarks in 4K & WQHD

 

解説:

AMDが公式発表したベンチマークの詳細

AMDが10/29にBig Naviの発表会の時に使用したベンチマークの詳細です。

RTX2080TiはほぼRTX3070と同じなので、そう読み替えても差し支えないでしょう。

結果はRX6900XTがRTX3090と同等、RX6800XTがRTX3080より上、RX6800がRTX2080TiとRTX3080の間くらいの性能になっており、私の予想よりも大幅に性能が上でした。

この点に関しては、予想と言うのは過去の実績から行うものであり、公平な見方をするならば、間違った見解ではないと思っています。

しかし、気分を害された方がいらっしゃいましたら、謝罪いたします。

申し訳ありませんでした。

このベンチマーク結果はRyzen5000シリーズと組み合わせてSmart Cacheを有効にした場合の結果とのことです。

またRageモードと言うOCモードも有効になっているようですね。

最大の能力を発揮した場合の結果ですから、その旨考慮に入れた方が良いと思います。

128MBのインフィニティ・キャッシュを搭載することによって3.25倍の1,664MB/sの帯域になるとのことです。

正直、これは正確な表現では無いと思います。

その理由を以下に説明します。

 

1点気になるところ

1点気になるところは何れもAmpereやRTX2080Tiに対して、WQHDより、4Kの方が性能的なアドバンテージが落ちていることです。

これを見ると、Big NaviはWQHDよりも4Kが相対的に苦手と言うことが言えると思います。

なぜか?恐らく、インフィニティ・キャッシュはデータの転送量が多くなればなるほど、その効果が小さくなっていくからだと私は思っています。

本来、GPUのような巨大なデータ転送量が必要なプロセッサに対して、キャッシュですべてを解決しようとするのは、あまり良い解決策とは言えないです。

それですべてが解決するならば、nVidiaは生産上で様々な不都合を抱えるGDDR6Xをわざわざ開発したりはしなかったでしょう。

GPUのメモリ帯域は本来、正攻法で解決するのが王道であり、キャッシュで何とかしようとするのは邪道だと私は思います。

恐らくですが、4K以上の解像度があったとしたら、もっと露骨に差が出るかもしれません。

しかし、4Kゲーミング以上が求められることは現状ではほとんどなく、ゲーム配信にしても、現状WQHDより上(4K以上)で配信を行うケースはあまり多くないので、現行のゲーム・配信環境でインフィニティキャッシュの容量が不足して障害が起きる可能性は極めて低いのかなと思います。

Pimaxなど、高解像度のVRなどでは、もっと露骨に性能が落ちる可能性は大きいと思います。

もちろんですが、実際に試してみないことにはわかりませんが。

念のためにお断りしておきますが、インフィニティキャッシュはとても優れた仕組みだとは思います。

これをもってインフィニティキャッシュやRadeon RX 6000シリーズのすべてを否定するものではないのでその旨お断りさせていただきます。

私が思ったことを素直に書いただけです。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/25 02:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.