ストレージについて その他

2020年Q4注目の新NVMe SSD製品・メーカー

投稿日:

Western DigitalのNVMe Gen4SSD SN850がもうすぐ発売されます。

それに合わせてと言うわけではありませんが、今回は注目のSSD製品とメーカーを紹介したいと思います。

製品は最近価格がかなり下がってきた2TBを紹介していきたいと思います。

 

Sabrent

Rocketと言うブランドで主にNVMe SSDを販売しているメーカー

公式HP

Home

英語版Wikiには項目だけ残っており、「アメリカのコンピュータハードウェアブランド」とあります。

https://www.wikidata.org/wiki/Q7396371

日本では聞いたことがない会社ですが、怪しい会社ではないようです。

日本で代理店が付かないようなメーカーがamazonを経由して直接日本で販売するケースが数年前からありましたが、どうもここもそういうメーカーのようです。

 

SabrentのSSD製品

Sabrent 2TB Rocket Q4 NVMe PCIe 4.0 M.2 2280

型番SB-RKTQ4-HTSS-2TB
容量2TB
発売時期2020/6
コントローラーPhison PS5016-E16
フラッシュメモリ
セルの種類
Toshiba 96層
3D NAND TLC BiCS4
キャッシュ未公開
シーケンシャル
リード
4800 MB/s
シーケンシャル
ライト
3600 MB/s
ランダムリード750,000IOPS
ランダムライト 750,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF未公開
TBW3600TBW
保証年数5

Sabrentのヒートシンク付きフラッグシップSSD製品です。

フラッシュメモリはBiCS4なので耐久性は折り紙付きです。

amazonの販売ページではQLCとなっていますが、メーカーのHPではTLCとなっています。

型番は末尾にJPが付いていること以外は全て同じなので、恐らく販売ページが間違っているのだと思いますが、購入に当たっては自己責任でお願いします。

こちらGen4対応で調査時点で販売価格36,800円はかなり安いです。

キャッシュは不明ですが、ほぼ確実に搭載されていると思われます。

他のGen4 SSDが霞んでしまうスペックと価格です。

 

Sabrent Rocket Q 2TB NVMe PCIe3.0 M.2 2280

型番SB-RKTQ-2TB
容量2TB
発売時期2020/2
コントローラーPhison PS5012-E12S
フラッシュメモリ
セルの種類
Micron 96層
3D NAND QLC
キャッシュDDR4
シーケンシャル
リード
3200MB/s
シーケンシャル
ライト
2900MB/s
ランダムリード225,000IOPS
ランダムライト 670,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF未公開
TBW530TBW
保証年数5

Sabrentの普及価格向けQLC SSD。

Crucial P1のような第一世代のQLC SSDは低速でしたが、こちらTLCとほぼそん色のない速度です。

やはり耐久性は低めですが、価格は調査時点で2TBで26,800円とかなり破格の値段です。

最安クラスと言ってもよいでしょう。

QLCでもこれだけのスペックならありかも?と思わせる製品です。

 

addlink

addlinkは最近よく見かけるようななったSSD製品を販売している台湾の企業です。

addlink公式HP

公式HPは日本語化されていますが、機械翻訳なのかちょっと日本語が怪しいです。

ただし、某国の製品のように選別落ちした大手企業のフラッシュメモリを横流しして無理やり製品を作るような海賊的行為は行っていないようです。

日本ではLinksインターナショナルが代理店になっており、元の企業の調査はするでしょうから、それなりに信頼性のある企業と判断してよいでしょう。

日本では出版社系の大手WEBメディアさんも紹介しており、この点も安心できます。

 

addlinkのSSD製品

addlink SSD 2TB S90シリーズ M.2 2280 PCIe Gen 4.0×4 NVMe

型番ad2TBS90M2P
容量2TB
発売時期2020/9
コントローラーPhison PS5016-E16
フラッシュメモリ
セルの種類
3D NAND TLC (BiCS4)
キャッシュDDR4
シーケンシャル
リード
5000 MB/s
シーケンシャル
ライト
4400 MB/s
ランダムリード750,000IOPS
ランダムライト 700,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF180万時間
TBW3600TBW
保証年数5

SabrentのSB-RKTQ-2TBとスペックがよく似ていますが、こちらの方が全体的に性能が良いです。

その代わりなのかどうかわかりませんが、価格も45,990円とこちらの方が高くなっています。

 

addlink SSD 2TB S92シリーズ M.2 2280 PCIe Gen 4.0×4 QLC NVMe

型番ad2TBS92M2P
容量2TB
発売時期不明
コントローラー非公開
フラッシュメモリ
セルの種類
3D NAND QLC
キャッシュ非公開
シーケンシャル
リード
4850 MB/s
シーケンシャル
ライト
3600 MB/s
ランダムリード350,000IOPS
ランダムライト 700,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF180万時間
TBW非公開
保証年数5

addlinkのPCI Express4.0対応QLC NVMe SSD。

スペックは非公開が多いですが、S90とは対照的にあまり積極的に情報が公開されていません。

TBWすらも情報が無いので、もう少し情報を公開してほしいところです。

価格は記事執筆時点で39,900円とあまり安くなく、ハイエンド向けの格安品(?)と言う非常に難しい立ち位置の製品になっています。

上で紹介したSabrentのSB-RKTQ4-HTSS-2TBの方が安く、スペックが非公開の部分も併せて、わざわざQLCを選ぶメリットと言うのをあまり感じません。

 

ad2TBS70M2P 2TB SSD S70 M.2(2280) NVMe

型番ad2TBS70M2P
容量2TB
発売時期不明
コントローラー非公開
フラッシュメモリ
セルの種類
3D NAND TLC
キャッシュDDR4L
シーケンシャル
リード
3500 MB/s
シーケンシャル
ライト
3000 MB/s
ランダムリード510,000IOPS
ランダムライト 500,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF180万時間
TBW1800TBW
保証年数5

こちらはPCI Express3.0対応のTLC SSD製品。

価格は記事執筆時点で、32,400円とそこそこの価格ですが、安いという感じではありません。

規格としては型落ちのPCI Express3.0 NVMe SSDに求められるのはやはり価格だと思いますので、こちらも立ち位置がかなり難しい製品だと思います。

 

addlink SSD 2TB S72シリーズ M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe QLC

型番ad2TBS72M2P
容量2TB
発売時期不明
コントローラー非公開
フラッシュメモリ
セルの種類
3D NAND QLC
キャッシュ非公開
シーケンシャル
リード
3400 MB/s
シーケンシャル
ライト
3000 MB/s
ランダムリード510,000IOPS
ランダムライト 500,000IOPS
最大消費電力未公開
MTBF180万時間
TBW530TBW
保証年数5

こちらはPCI Express3.0対応のQLC SSD製品。

記事執筆時点で29,400円とかなり頑張っていますが、QLCであることも含めてやはり割高感は否めない製品。

こちらはスペック表がかなり公開されており、この点は安心感があります。

 

Patriot

Patriotは言わずと知れたメモリメーカーの老舗です。

SSDは低価格帯の製品を積極的に出しており、DRAMレスの製品が多いです。

基本的に3年保証です。

 

P300P2TBM28

型番P300P2TBM28
容量2TB
発売時期2020/2
コントローラーPhison PS5013-E13T
フラッシュメモリ
セルの種類
不明
キャッシュ無し(HMBを使用)
シーケンシャル
リード
2100MB/s
シーケンシャル
ライト
1650MB/s
ランダムリード290,000IOPS
ランダムライト 260,000IOPS
最大消費電力2.38W
MTBF200万時間
TBW320TBW
(US表記では640TBW)
保証年数3

P300にはUS版とnon-US版があり、2TB版のみ、耐久性の表記がnon-US版が320TBW、US版が640TBWとなっています。

ただし、Patriotはどちらも耐久性や特性に違いはないとしています。

一応、non-US版の表記を採用しています。US版は基盤が青、non-US版は基盤が黒です。

なぜこのような表記になっているのか探してみましたが、理由は不明でした。

P300に採用されているPhison PS5013-E13T 4チャネル4レーンDRAMレスコントローラは、通常、KIOXIA BiCS3/BiCS4 TLC NANDフラッシュと組み合わされることが一般的です。

このドライブは専用DRAMキャッシュを搭載していませんが、Windows 10で採用されているHMB(Host Memory Buffer)テクノロジをサポートしています。Microsoftは、Windows 10のFall Creators Update(バージョン1709)でNVMeドライバにHMBを追加しました。

※ HMBは、NVMe SSD上のアドレス変換テーブルを。HMBに対応したPCなどのホスト機器に搭載しているメインメモリーの一部を間借りして、外部メモリー(バッファー)として活用する技術。NMVe SSD低価格化の切り札と呼ばれています。

一応、HMBには対応しているようですが、速度はあまり速くなく、価格もそこまで安くないので、こちらも非常に微妙な製品です。

 

結論 やはりお勧めは・・・

手前味噌ですが、やはりお勧めは当サイトの記事:SSD推奨モデルで紹介した2機種と言うことになります。

SX8200Pro 2TB

SX8100 2TB

スペック表はリンク先を見ていただきたいのですが、TLCで2TBが25,131円(SX8100)、28,799円(SX8200Pro)とかなり安くなっています。

耐久性は同クラスのTLCに比べると少し劣りますが、QLCとはまさに桁が違います。(実際にTBWの桁が違います。)

そのため、わざわざ今回紹介したQLCのモデルを買う意味はあまりないです。

唯一、SabrentのSB-RKTQ4-HTSS-2TBだけはフラッシュにBiCS4を採用し、PCI Express4.0に対応して2TBで36,800円とかなり激安です。

基本的には上のADATA2機種を購入したほうがよいでしょう。

2TB SSDは徐々に価格が落ちてきており、ひと昔前の1TBのように2万円をきるまであと少しといったところです。

特にSX8100の2TBモデルで25,131円はSSD2TB時代の幕開けを感じさせる価格です。

 

-ストレージについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.