各パーツについて SSD・HDD

SSD推奨モデル

更新日:

当サイトのSSD推奨モデルの考え方

当サイトのSSD推奨モデルは下位はSATA SSD、上位はNVMe SSDとしていました。

しかし、2019年10月現在CrucialのNVMe QLCであるCrucial P1の価格が下がり続け、なんとSATAのMX500より同容量で安くなってしまいました。

そのため、NVMe SSDを中心に推奨し、SATAが必要な方のためにSATA SSDを予備的に推奨するという形式に変更させていただきます。

 

SATA SSDの例


※ 画像はSATA SSD Crutial MX500です。2.5インチドライブベイに取り付けします。

 

NVMe SSDの例


※ 画像はNVMe SSD Intel SSD 760pです。基盤がむき出しになっており、マザーボード上に直接取り付けします。

 

NVMe Gen4 SSD

NVMe Gen4 SSDは現在、Ryzen3000シリーズのみに対応した最速のSSDです。

現在コントローラーがPhison PS5016-E16のものしかないため、性能や中身はほとんど似たり寄ったりになっています。

そのため、一部のブランドにこだわる方以外は最安のPG3VNFを選んで差し支えないでしょう。

ブランドや信頼性を好む方のためにCorsairも一モデル推奨を出しています。

非公式・無保証ですが、B450やX470でも使えます。

 

CFD販売

PG3VNF

型番CSSD-M2B5GPG3VNFCSSD-M2B1TPG3VNF CSSD-M2B2TPG3VNF
容量500GB1TB2TB
発売時期2019年7月2019年7月2019年7月
フラッシュメモリ セルの種類3D TLC(BiCS4 Flash)3D TLC(BiCS4 Flash)3D TLC(BiCS4 Flash)
シーケンシャル リード5000MB/s5000MB/s5000MB/s
シーケンシャル ライト2500MB/s4400MB/s4400MB/s
ランダムリード400,000 IOPS600,000 IOPS600,000 IOPS
ランダムライト 550,000 IOPS500,000 IOPS500,000 IOPS
最大消費電力未公開未公開未公開
MTBF未公開未公開未公開
TBW850TBW1800TBW3600TBW
保証年数555

500GBモデル

1TBモデル

2TBモデル

ヒートシンク

2019年7月に燦然と現れた格安のNVMe Gen4 SSDですが、性能も悪くなく、国内の代理店であるCFDが販売しているため、安心感もあります。

M.2ヒートシンクはマザーボードに付属のものを使うことが前提のため、ついていません。

M.2ヒートシンク無しマザーを使う場合は別途用意した方が良いでしょう。

2TBモデルは高めなので注意。

 

Corsair

MP600

型番CSSD-F500GBMP600CSSD-F1000GBMP600CSSD-F2000GBMP600
容量500GB1TB2TB
発売時期2019年7月2019年7月2019年7月
フラッシュメモリ セルの種類3D TLC NAND3D TLC NAND3D TLC NAND
シーケンシャル リード4950MB/s4950MB/s4950MB/s
シーケンシャル ライト2500MB/s4250MB/s4250MB/s
ランダムリード420,000 IOPS680,000 IOPS680,000 IOPS
ランダムライト 550,000 IOPS600,000 IOPS600,000 IOPS
最大消費電力未公開未公開未公開
MTBF170万時間170万時間170万時間
TBW850TBW1800TBW3600TBW
保証年数555

最初期から発売が予告されていたNVMe Gen4 SSDです。

PG3VNFと比較するとシーケンシャルリード/ライトの値が若干落ちるが、ランダムリード/ライトは上です。

ヒートシンク付き、高品質の自作パーツを多数発売しているCorsairブランドが欲しい方はこちらが良いでしょう。

500GBモデル

1TBモデル

2TBモデル

 

NVMe SSD

Micron

Crucial P1

型番CT500P1SSD8CT1000P1SSD8
容量500GB1000GB
発売時期2019年1月2019年1月
フラッシュメモリ セルの種類Micron 3D QLC NANDMicron 3D QLC NAND
シーケンシャル リード1900 MB/s2000 MB/s
シーケンシャル ライト950 MB/s1700 MB/s
ランダムリード90,000 IOPS170,000IOPS
ランダムライト 220,000IOPS240,000IOPS
最大消費電力未公開未公開
MTBF150万時間150万時間
TBW100TBW200TBW
保証年数55

Crucial P1はQLCという安価なフラッシュメモリセルを使ったNVMe SSDです。

もともとM.2のSSDはSATAのSSDより原価が安かったのですが、安価なQLCを使うことによってついにSATAのMX500より安価になってしまいました。

安価とは言ってもNVMeですので、SATAのSSDよりは圧倒的に速度も速く、また、マザーボードに直接取り付けるため配線要らずでケース内のスペースも取りません。

現時点では特別な理由がない限りはSATAのSSDを選択する理由はあまりありません。

QLCはそれほど性能はよくありませんので、性能を求められる方は別のSSDを選択しましょう。

QLCは未使用部分のメモリセルをSLCとしてキャッシュにします。その容量は非公開ですが、最大で空き容量の半分ほどといわれており、500GBならば、最大250GB/4=62.5GBほどのSLCキャッシュと言われています。

これが最大値で使えば使うほどSLCキャッシュは容量が減りますので、空き容量は多めに確保するような使い方を心がけましょう。

SLCキャッシュは切れると速度がガクンと落ちますが、通常の使い方ではまず切れませんので安心してください。

P1に250GBモデルがないのはそのような理由からだと思います。

P1を使う時はこのような特性があるということは理解しておいてください。

 

500GBモデル

1000GBモデル

 

Slicon Power

P34A80

型番SP256GBP34A80M28SP512GBP34A80M28SP001TBP34A80M28
容量256GB512GB1TB
発売時期'19/04'19/04'19/04
フラッシュメモリ セルの種類3D TLC NAND3D TLC NAND3D TLC NAND
シーケンシャルリード最大 3,400 MB/s最大 3,400 MB/s最大 3,400 MB/s
シーケンシャルライト最大 3,000 MB/s最大 3,000 MB/s最大 3,000 MB/s
ランダムリード (8GB)・最大未公開未公開未公開
ランダムライト (8GB)・最大未公開未公開未公開
最大消費電力未公開未公開未公開
MTBF未公開未公開未公開
TBW未公開未公開未公開
保証年数555
型番SP002TBP34A80M28
容量2TB
発売時期'19/04
フラッシュメモリ セルの種類3D TLC NAND
シーケンシャルリード最大 3,400 MB/s
シーケンシャルライト最大 3,000 MB/s
ランダムリード (8GB)・最大未公開
ランダムライト (8GB)・最大未公開
最大消費電力未公開
MTBF未公開
TBW未公開
保証年数5

比較的安価な割に高性能なNVMe SSDで、発売当初はあまりに安いのでスポット価格(一時的な価格)だと思って無視していたのですが、その後もずっと販売され続けていて、評判もさほど悪くないため、推奨に入れることとしました。

データシートにも詳細なスペックが書いておらず、そういう意味でもちょっと困ったSSDです。

スペックはシーケンシャルリード/ライトの最大値しか公開されていませんが、あくまでも最大値ですので、低容量モデルの値はこれほどよくありません。

もちろんQLCのP1よりは性能は上ですが、価格なりの性能ということで過剰に性能に期待するのはやめておいた方が良いです。

使われているフラッシュメモリセルは東芝製ですので、耐久性もそれほど悪くはないと思われます。

一番使われると思われる500GB/1TBの価格は非常に安価でお得感があります。

 

256GB

512GB

1TB

2TB

 

 

Western Digital

WD Black(NVMe SSD)シリーズ

型番WDS250G3X0CWDS500G3X0CWDS100T3X0C
容量250GB500GB1TB
発売時期'19/01'19/01'19/01
フラッシュメモリ セルの種類3D TLC NAND3D TLC NAND3D TLC NAND
シーケンシャルリード3,100 MB/s3,470 MB/s3,470 MB/s
シーケンシャルライト1,600 MB/s2,600 MB/s3,000 MB/s
ランダムリード (8GB)・最大220,000 IOPS420,000 IOPS515,000 IOPS
ランダムライト (8GB)・最大180,000 IOP338,000 IOPS560,000 IOPS
最大消費電力N/AN/AN/A
MTBF175万時間175万時間175万時間
TBW200TBW300TBW600TBW
保証年数555

Western Digitalというと、HDDの印象が強いと思いますが、フラッシュメモリ業界の盟主的な立場のメーカーだったSanDiskを買収して総合ストレージメーカーとなりました。

中でも個人向けストレージのフラッグシップモデルであるBlackシリーズのSSD版、WD Black(NVMe SSD)は性能と耐久性において若干intelを上回っており、フラッシュメモリ業界のリーダー的存在だった旧SanDiskの面目躍如といったところです。

※ WD Blackは同様のブランドネームでHDDにもありますので注意です。

価格は若干WD Blackの方が高いです。

ブランド信仰されている方はこちらを選ぶとよいと思います。

 

WD Black(NVMe SSD) 250GB

WD Black(NVMe SSD) 500GB

WD Black(NVMe SSD) 1TB

 

 

 

SATA SSD

crucial

SATA SSD MX500シリーズ

型番CT250MX500SSD1/JPCT500MX500SSD1/JPCT1000MX500SSD1/JP
容量250GB500GB1,000GB
発売時期2017年11月2017年11月2017年11月
フラッシュメモリ セルの種類Micron 3D TLC NANDMicron 3D TLC NANDMicron 3D TLC NAND
シーケンシャル リード560 MB/s560 MB/s560 MB/s
シーケンシャル ライト510 MB/s510 MB/s510 MB/s
ランダムリード95,000IOPS95,000IOPS95,000IOPS
ランダムライト 91,000IOPS91,000IOPS91,000IOPS
最大消費電力不明不明不明
MTBF180万時間180万時間180万時間
TBW100TBW180TBW360TBW
保証年数555
型番CT2000MX500SSD1/JP
容量2,000GB
発売時期2017年11月
フラッシュメモリ セルの種類Micron 3D TLC NAND
シーケンシャル リード560 MB/s
シーケンシャル ライト510 MB/s
ランダムリード95,000IOPS
ランダムライト 91,000IOPS
最大消費電力不明
MTBF180万時間
TBW700TBW
保証年数5

MXシリーズで有名なcrucialは売れ線のSATA用SSDを出しているフラッシュ・DRAMメーカーマイクロンのリテール向けブランドです。

ちなみにcrucialとは「決定的な」という意味だそうです。

現在ではQLCのP1がこのMX500より同容量で安価になってしまい、MX500を選択する意味というものはなくなってしまいました。

よってどうしてもSATAのSSDを使う必要のある方のために推奨しています。

 

 

MX500 250GB

 

MX500 500GB

 

MX500 1TB

 

MX500 2TB

 

 

 

-各パーツについて, SSD・HDD

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.