GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3070の発売は10月29日後ろ倒しになる, AMDのRadeon RX 6000が発表された翌日

投稿日:

NVIDIAは、そのGeForce RTX 3070グラフィックスカードの小売発売が10月末に押し戻されたことを発表しました。

この発表は、GeForce RTX 3090とGeForce RTX 3080グラフィックスカードの発売から数週間後に行われたもので、発売時には数量限定であったが、RTX 3070ではそうではないことを確認するために、NVIDIAはそのスケジュールを更新した。

NVIDIA GeForce RTX 3070のリテールローンチは、AMDのRadeon RX 6000シリーズが発表された一日後に開始されました。

最新のスケジュールによると、NVIDIA GeForce RTX 3070は10月29日に小売販売が開始されることになった。

前回の発売日15日に比べて2週間近く遅れている。NVIDIA GeForce RTX 3070の仕様と価格に変更はないが、GeForce RTX 3070グラフィックスカードを発売日に入手しようと計画していたユーザーは、AMDのRadeon RX 6000シリーズが小売発売日のわずか1日前に発表されるので、今は競争相手が何を提供しているかを見るのを待つべきであるように見える。

以下は、GeForce RTX 3070の入手可能性のアップデートに関するNVIDIAの公式声明です。

GeForce RTX 3070グラフィックスカードの生産は急速に進んでいます。多くの皆様から、発売日にもっと多くのカードが利用できるようにしてほしいとのお声をいただいております。それを実現するために、発売日を10月29日(木)に更新しています。

これは、できるだけ早くGeForce RTX 3070を購入したいと思っている人たちにとっては残念なことかもしれませんが、この変更は、当社のグローバルパートナーが発売日に多くのグラフィックスカードをゲーマーの皆様にお届けするのに役立ちます。

GeForce RTX 3070は、NVIDIA ReflexとBroadcastを含む信じられないほどの性能と機能を499ドルで提供します。

レイトレースおよびラスタライズされたDirectXおよびVulkanの様々なタイトルにおいて、GeForce RTX 3070は、GeForce RTX 2080 Ti(2倍の価格で販売された)と同等またはそれ以上の性能を提供し、オリジナルのGeForce RTX 2070よりも平均で60%高速です。

NVIDIAより

NVIDIA GeForce RTX 3070グラフィックスカードの仕様 - GA104 GPU & 8 GB GDDR6メモリ

NVIDIA GeForce RTX 3070グラフィックスカードの心臓部には、GA104 GPUがあります。

GA104は、ゲーミングセグメントで手に入れようとしている数多くのAmpere GPUの1つだ。GA104 GPUは、スタックの中で2番目に高速なAmpereチップです。このGPUは、Samsungの8nm(N8)プロセスノードをベースにしている。

GPUは392.5mm2で測定し、TU102 GPUに搭載されているトランジスタのほぼ93%である174億個のトランジスタを搭載しています。同時に、GA104 GPU は TU102 GPU のほぼ半分のサイズであり、これは非常識な密度である。

GeForce RTX 3070については、NVIDIAはそのフラグシップで合計46個のSMユニットを有効にしており、合計5888個のCUDAコアを実現している。

CUDAコアに加えて、NVIDIAのGeForce RTX 3070には、次世代RT(レイトレーシング)コア、Tensorコア、新しいSMまたはストリーミングマルチプロセッサユニットが搭載されています。

メモリに関しては、GeForce RTX 3070は8GBのGDDR6メモリを搭載しています。

GeForce RTX 3070は14Gbpsの速度でメモリを搭載しています。256ビットの完全なアンカットバスインターフェイスと一緒に、448 Gbpsの累積帯域幅を提供します。

NVIDIA GeForce RTX 3070は、単一の12ピンMicro-Fit 3.0コネクタで動作します。価格については、ファウンダーズエディションは、カスタムモデルは、同じか、プレミアム価格のポイントで来るかのどちらかのコストがかかりますが、米国では499ドルの小売価格でヒットします。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックスカードの仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 3090
GPUチップ名Ampere GA104-200Ampere GA104-300Ampere GA102-200Ampere GA102-300
製造プロセスSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nm
ダイサイズ395.2mm2395.2mm2628.4mm2628.4mm2
トランジスタ数174億174億280億280億
CUDAコア数48645888870410496
TMU数 /
ROP数
未確認未確認272 / 96未確認
Tensor /
RT コア数
152 / 38184 / 46272 / 68328 / 82
ベース
クロック
未確認1500 MHz1440 MHz1400 MHz
ブースト
クロック
未確認1730 MHz1710 MHz1700 MHz
FP32 Compute未確認20 TFLOPs30 TFLOPs36 TFLOPs
RT TFLOPs未確認40 TFLOPs58 TFLOPs69 TFLOPs
Tensor-TOPs未確認163 TOPs238 TOPs285 TOPs
メモリ容量
種類
8 GB GDDR68/16 GB GDDR610/20 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
メモリバス幅256-bit256-bit320-bit384-bit
メモリ速度14 Gbps14 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
メモリ帯域幅448 Gbps448 Gbps760 Gbps936 Gbps
TDP180W?220W320W350W
価格
(小売価格 / FE)
($399 US?)79,980109,800229,800
発売日2020年10月?10月15日9月17日9月24日

ソース:wccftec - NVIDIA GeForce RTX 3070 Retail Launch Pushed Back To 29th October, A Day After AMD’s Radeon RX 6000 Unveil

 

解説:

RTX3070の発売日が10/29に後ろ倒しになる

一刻も早く欲しい人にとっては残念な話かもしれません。

しかし、私はこれがあるべき生産者の姿だと思います。

もともと、Big Navi発売の13日前と言うオカルティックな理由で発売日を決めていたのはどうかと思います。

今回発売日を後ろに倒す理由は「生産上の都合」です。

要するに一つでも多くの製品を市場に流すためと言うものですので、余裕があり過ぎてオカルトに走ったnVidiaがようやく目を覚ましたと言うことです。

RTX3090やRTX3080もいまだに手にしていないユーザーがたくさんいるわけですから、寝言を言ってる暇があるなら、一つでも多くの製品を市場に流通させてほしいところです。

また、ただでさえ数が足りないところにRTX3080の20GBやRTX3070Tiの16GBと言うBig Naviの対抗のためだけに品種を増やすというのは私はどうなのかと思います。

こちらはすでに一部AIBのモデルナンバーが流出していますので、恐らく発売されるのだと思います。

一つだけnVidiaに同情すべき点があるとしたら、世界中で転売屋が跋扈して、生産数を読むのが難しくなってきているところです。

転売屋がいなければある程度の需要は読むことが出来ると思いますが、転売屋が挟まることによって、せっかく作った製品がユーザーの手に渡らずに、生産計画を立てるのが難しい状態になっていることは確かでしょう。

日本市場の場合、転売屋が再販売した製品は、保証が切れるので価格が高くなることも併せて、二重、三重の意味で害悪です。

転売屋いわく「自分たちは経済を回しているから正義」だそうですが、では正しくなければやめるのかと思って、どのような害悪があるかブログに書いてみたのですが、結局止めないので(笑、他人に迷惑をかけようが、金さえもうかればよいというのが本音なのでしょう。

何回も書いていますが、保証も切れていますし、転売屋から製品を買うのはお勧めしません。

初期出荷の製品は全製品に渡る不具合のほかに、いまだ生産に慣れていないため、不良率が多い可能性もありますので、猶の事、保証のない転売品はお勧めしません。

買い逃したら「AIBがカスタムモデルを発売するまで待とう」くらいの気持ちでいましょう。

転売屋が転売するのは買う人がいるからです。

値段が高い以上に転売品には何一つ良いところがありませんので、絶対に買わないようにしてください。

転売屋に餌をやれば、転売品が増えるだけです。

また、RTX3080に関しては一連の不具合によってこっそり設計を変更しているメーカーがありますので、初期ロットを掴んでいることが確実な転売品には絶対に手を出さないようにしましょう。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥145,000 (2020/10/21 10:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.