CPU情報

AMD Ryzen 9 7950X CPU Cinebench R23ベンチマークがリーク、5950Xと比較してシングルコアが最大34%高速化、マルチコアが最大50%高速化

投稿日:

AMDの16コアフラッグシップCPU「Ryzen 9 7950X」の最新ベンチマークが、Cinebench R23ベンチマーク内でリークされた。

AMD Ryzen 9 7950X、Cinebench R23でRyzen 9 5950Xをシングルコア&マルチコアCPU性能で撃破

更新:同じユーザーが、360mm AIO液冷クーラーを使用した新しい結果をアップロードしています。

CPUのオールコアブースト周波数は5.0GHzを維持しているが、マルチスレッドスコアは36256ポイントとはるかに優れている。

AMD Ryzen 9 7950Xは、Intelの第12世代Core i9-12900K&まもなく登場する第13世代Core i9-13900Kをターゲットとした、価格699ドルのZen 4フラッグシップCPUである。

このCPUのベンチマークがBaidu Forumsでリークされた(Harukaze5719より)。

リーク者によると、このCPUはベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.7GHz、オールコアブースト周波数5.0GHzというほぼリテールに近いチップだという。

このチップは、Gigabyte AORUS X670E Xtremeマザーボードに16GBのDDR5-5600メモリを搭載し、デフォルトクロックとデフォルト電圧の1.48Vで動作していたという。

ユーザーの報告によると、このボードの価格は4999元、つまり約700USドルになるそうです。しかし、性能の前に、スペックについて説明しよう。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア "Zen 4 "デスクトップCPU

フラッグシップとなるAMD Ryzen 9 7950Xは、前2世代から引き継がれた16コア32スレッドという健全なスペックを維持。

このCPUは、ベース周波数が4.5GHz、ブーストクロックが最大5.7GHz(F-Max5.85GHz)と、シングルコアでブースト周波数5.5GHzのインテルのAlder Lake Core i9-12900KSより200MHz高速になることが特徴的であると思われる。

AMDはRyzen 9チップの170W TDP(230W PPT)の中で可能な限りのヘルツを引き出しているようだ。

キャッシュについては、L3から64MB(CCDあたり32MB)、L2から16MB(コアあたり1MB)の合計80MBが搭載されている。

このフラッグシップは、Chaos V-Rayなどのマルチスレッドアプリケーションで最大+57%の大幅な性能向上と最大47%の高いエネルギー効率を実現しながら、価格は699ドルで、Core i9-12900Kより若干高くなる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

ゲーム性能については、AMD Ryzen 9 7950Xは、Core i9-12900Kに対してShadow of The Tomb Raiderなどのゲームで最大35%の高揚感を提供することになります。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMDは、AMD Ryzen 9 7950XのIntel Core i9-12900Kに対する性能を、ゲームとコンテンツ制作の両タスクで紹介した。

ゲーミングベンチマークではCPUが-1%から+23%、クリエーションワークロードでは+36%から+62%も高速化された。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

というわけで、AMDが自ら公開した公式の仕様、性能、価格は以上となる。

あとは、リークされたCinebench R23のベンチマーク結果で、このチップがどのようなパフォーマンスを発揮するのかを確認する必要がある。

AMD Ryzen 9 7950Xは、シングルコアで2205点、マルチコアテストで29649点という素晴らしいスコアを記録している。

Ryzen 9 5950Xと比較すると、シングルコアで34%、マルチコアで50%向上しており、Zen 4チップが旧Zen 3チップを完全に粉砕しているように見えます。

CPUもCore i9-12900Kよりシングルコアで7%、マルチコアで32%高速化して終了している。

AMD Ryzen 9 7950X CPU「新水冷」CPUベンチマーク(ソース:@henry41224):

AMD Ryzen 9 7950X CPU「旧空冷」CPUベンチマーク(ソース:Baidu Forums):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

その結果は以下のとおりです:

 

 

Greymon55は、この2つのCPUのマルチスレッド性能ベンチマークも掲載している

。AMD Ryzen 7 7700Xのスコアは約19800点、Ryzen 5 7600Xのスコアは約15100点だとされています。

これにより、Ryzen 5 7600Xは前モデルよりも34%高速になったが、i5-12600Kよりは遅くなった。

同時に、Ryzen 7 7700Xは、旧モデルよりも約29%高速ですが、Core i7-12700Kよりも遅くなっています。

 

 

なお、性能は空冷で評価しているので、多くのサンプルで見られるようなサーマルスロットリングの影響をチップが受けているかどうかは、断言できない。

とはいえ、Ryzen 9 7950Xの性能をRaptor LakeのフラッグシップであるCore i9-13900Kと比較してみるのもいいだろう。

AMD Zen 4のCPUは、シングルコア性能で4%程度、マルチコア性能で10%程度遅いようです。

マルチコア性能ではかなりの差ですが、Raptor Lake CPUのTDPが250~350Wとかなり高いことも考慮に入れなければなりません。

また、リーク者の報告によると、このチップは水冷でないとオールコア周波数5.0GHzを達成できないようだ。

水冷の場合、温度は100℃を超えないが、Cinebench R23内でも安定しないとのこと。

AMDは自社のプレゼンで5950Xと12900Kに対してCinebench R23で+48% / +41%のマルチスレッドの上昇を公式に示しているので、この特定のリークには大きな問題があるようだ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

メモリ性能については、以下にAIDA64のメモリ結果を示すが、約89.6nsを実現している。

EXPOが有効になっているかどうかはわからないが、この新技術により、AMDは約63nsの低レイテンシを実現したと言われている。

EXPOの詳細はこちら。このマザーボードは、最新のBIOSがF4であるのに対し、古いF1のBIOSを使用しており、GigabyteはX670E AORUS MasterマザーボードのF3以前の古いBIOSをリストアップしてさえいないことが分かっている。

だから、メモリベンチマークの結果も悪くなってしまったのでしょう。

これは、Zen 3ベースのRyzen 5000ファミリーに対して非常に強力な数値であり、AMD Ryzen 7000チップが9月27日に小売店で販売され、ユーザーがシングルコアおよびマルチコア・ワークロードで大きなアップグレードを享受できるようになるのが待ち遠しいです。

AMD Ryzen 9 7950X と Ryzen 5 7600X は、昨日リークされた Geekbench 5 ベンチマークにも登場しています。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック(公式):

CPU名アーキ
テクチャー
製造
プロセス
コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最大)
キャッシュTDP価格
(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7950X CPU Cinebench R23 Benchmark Leaked, Up To 34% Faster Single-Core & 50% Faster Multi-Core Uplift Versus 5950X

 

 

 

解説:

Alderlake以降のIntel CPUが優勢になることが多いCinebench R23の7950Xのベンチマーク結果がリークしています。

ちなみにR15はRyzenが良くなる傾向があります。

下のエルミタージュ秋葉原さんのCore i9-12900Kの検証記事にCinebenchR15/R20/R23の比較が載っていますが、その傾向がはっきり表れているのは面白いです。

12900K vs 5950Xはマルチスレッドの比較において、R15とR23では結果が逆転しています。

これは物凄いことだと私は思います。勝ちと負けではまるっきり印象が違いますよね。

参考記事:エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.1070 - Intel「Core i9-12900K」検証:シングル・マルチスレッドとも飛躍的に向上したハイブリッドCPU

Cinebenchは結果を商用メディアに掲載することに関してあまりうるさくないですから、Youtuberさんなども好んで使われるベンチマークです。

偶然だと思いますが、Ryzenに勢いのある時のバージョンはRyzenが優勢で、Intelに勢いがあるときのバージョンはIntelが優勢になるというのは面白いです。

 

さて、そのIntelが優勢になるR23において、7950Xと13900Kはかなり近接した結果になっています。

マルチは差がついていますが、シングルスレッドはかなり近接していますので、R15で比較したら7950Xが勝つ可能性もありますね。

マルチもほぼ同じくらいまで縮まるかもしれません。

R15は加点が小さく、1ポイントの性能差が大きいですが、印象として点数だけを見るとそんなに差がついているように見えないというのもあると思います。

同じベンチマークでもバージョンが違えばこれだけ違いが出るということは、ベンチマークと言うのが一つの物差しに過ぎないというのがよくわかる結果だと思います。

残念ながらR23の方が新しいベンチマークですので、7950Xや13900KのレビューにおいてR15が使われる可能性は低く、Intel優勢の結果が出回るでしょう。

Cinebenchはマクソンのレンダリングソフトウェアでの性能を示す指標ですから、その観点から言えば最新版を使うのが正しいと思います。

こうした、運不運もあるのではないかと思います。

R15の時はIntelも歯噛みをしていたと思います。

この結果に不満があるとか、ズルをしているとかそう言うことではなく、ベンチマークとは「そう言うもの」だということです。

恐らく、エルミタージュ秋葉原さんでこの記事を書いたライターさんはこの傾向を知っていたのではないでしょうか。

敢えて結果を並べてくれたこのライターさんには個人的に喝さいを送りたいです。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/29 07:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.