CPU情報 マザーボード関係

AMD Zen 3「4000シリーズ」プロセッサと600シリーズチップセットが2020年後半に登場、USB 4.0を搭載か

投稿日:

それは真新しい年であり、いくつかの真新しいリークの時です。 これはElectronic Timesからのものであり、AMDの600シリーズチップセットは2020年の終わり近くに登場すると主張しています。

600シリーズのチップセットは、USB 3.2だけでなく4.0もサポートします。

新しいチップセットはZen 3ベースのプロセッサ向けに設計されており、AMDプロセッサの新しい時代の到来を告げ、Zen 2でさえ恥ずかしいIPCゲインをもたらします。

私たちはすでにこの特定のタイムラインについて聞いていますが、これが現実のように見え始めていることを繰り返し述べている2番目のリークであると考えています。

AMD 600シリーズチップセットは2020年の終わりまでに準備が整い、Zen 3はCES 2021で発売されますか?

もちろん、このレポートが信じられる場合は、CES 2021で起動するZen 3ベースのRyzen 4000シリーズプロセッサを確認します(基盤となる600シリーズチップセットが利用可能にならずにプロセッサを起動することはあまり意味がないと考える )。

後方互換性とサポートは、現時点では情報がほとんどないため、心を開いておくことが最善です。

同じソースは、B550およびA520を含む500シリーズのチップセットが2020年の第1四半期に生産を開始すると予想しています。一方、600シリーズの対応製品は、USB 4.0コントローラーを含むいくつかの深刻なアップグレードを予定しています。

AMDのZen 3ベースのプロセッサは、ZenベースのCPUアーキテクチャの頂点であることが期待されており、TSMCの7nmプロセスの成熟したプロセスになるでしょう。

そういえば、TSMCはAMDが今年の7nmプロセスノードで最大の顧客になると予想しています(現在、リストの4位です)。

TSMCの7nmの容量はAppleが巨大な発注先になったため、AMDは現在供給を制限されています。

Appleは2020年下半期に5nmプロセスに移行し、AMDが7nmプロセスの製造権を完全に自由に使えるようにします。

噂によると、同社はすでに30,000枚のウエハの追加要求を出しているということです(ちなみにこれは膨大な量です)。

一方、Intelは、工場がすでに製造能力が上限に達しているため、供給が制限されたままです。

AMDの600シリーズチップセットは、古いX570 PCHに代わるX670チップセットによって導かれます。

しかし、ここで事態はより暗くなります。

噂によると、AMD X670 PCHはAM4ソケットを保持し、PCI 4.0サポートとIOサポートの強化を特徴としています。

Thunderbolt 3がチップセットにネイティブで搭載される可能性もあります。

今、ここで事態が面白くなっています。

AMDは、現在の噂が何であるかにかかわらず、600シリーズのチップセットでAM4ソケットを廃止する可能性が高いです。

何故でしょうか?

同社はすでにHEDTでそうしているので、メインストリームでも合理化するのが理にかなっています。

第二に、USB 4.0のような新しい技術の導入は、実際にこれを行う価値のあるビジネス上の決定とするかもしれません。

第三に、AM4プラットフォームは実際には2020年の終わりまでに4年以上にわたって使われてきましたが、そろそろ別れを告げるべきです。

AMDの新しいプラットフォームがDDR5およびPCIe 5.0もサポートしている場合、長期的な互換性のためにソケットを変更するのも簡単です。

AMDのSVPであるForrest Norrodは、Zen 3が他の重要な機能強化とともに完全に新しいチップアーキテクチャをもたらす方法を以前に明らかにしました。

AMDは、7nm +プロセスノードに基づいて、いくつかの主要なIPCの改善と、Zen 3コアによる主要なアーキテクチャの変更を提供することを目指しています。

皮肉なことに、AMDはIntel Tick-Tockケイデンスに従います。Zen2はTickであり、完全なアーキテクチャの変更ではなく、新しいプロセスノードと元のZenデザインへの進化を提供します。

一方、Zen 3コアはAMDのTockであり、同様の機能を備えた拡張プロセスノード(7nm +)と新しいアーキテクチャを提供します。

ソース:wccftech - AMD Zen 3 ‘4000 Series’ Processors And 600 Series Chipset Landing In Late 2020, Getting USB 4.0

 

解説:

Zen3と600シリーズチップセットはこれまで言われていた通り2020年後半に登場し、USB4.0を搭載するとのことです。

USB4.0=Thunderbolt3なのでこれはすでに一部のメーカーのマザーボードには搭載されています。

元記事ではこの機会にSocketAM4を変更するのではないかと書かれていますが、可能性は低いと思います。

ソケットの変更を行うとすればPCI Express5.0、DDR5からとなるのではないかと思います。

もし仮にそういった大きな変更が無いのにソケットの変更を行うとすればIntelに勝ったと確信した瞬間になると思います。

そうなれば、おそらくIntelのように毎回ソケットの変更を行うのではないかと思います。

何故ならば業界の盟主となれば下につく多くのメーカーを食わせていく必要があるからです。

AMDプラットフォームを見ればわかる通り、ソケットは変更しなくても互換性を維持したまま新製品を出すことは可能です。

そうしないのは多くのメーカーを食わせていくためにほかなりません。

自社のみの利益を追求すれば誰もついてこなくなってきてしまいます。

ユーザーにとっては厳しい変更ですが、AMDがIntelにとって代わるならば避けて通れない道だと思います。

 

 

-CPU情報, マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.