GPU情報

AMD:RyzenがCPUの世界の秩序を崩壊させたのと同様に、Big Navi Radeon RX GPUが4Kゲームの秩序を崩壊させる

投稿日:

AMDの主力製品であるNavi GPUまたは「Big Navi」は、レッドチーム自身が、現在およびリリース時にしばらく開発が遅れていると言及しているため、

4Kゲームセグメントにのみ焦点を当てて、次世代Radeon RXグラフィックスカードを強化します。

 

AMDの「Big Navi」GPUベースの愛好家Radeon RXグラフィックスカードが4Kゲーム世界の秩序を崩壊させる

現在利用可能な大きなNavi GPUの詳細はあまりありませんが、Radeon RX 5600 XTのプレスブリーフィング中に、

AMDのRadeon製品管理リードであるMithun Chandrasekharは、RyzenやBig Naviが4Kゲームセグメントを混乱させることになる秘密をうっかり流出させました。

 

「Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマー全体の90%を実質的にカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。 「それが、4K対応製品が現在ない理由です。それは、製品の大部分が1440pと1080pであるためです。

「それは、4K対応GPUが登場しないという意味ではありません。今後も登場しますが、ここでは、大部分のゲーマーに焦点を当てたいと考えています。」

「Ryzenに似ています」と彼は言います。「私たち全員が繁栄するRadeon GPUエコシステムを必要としています。 その製品では、4Kをフォローし、同様に4Kの秩序を崩壊させるのでしょうか?必ず期待に応えて見せます。 しかし、それが今私が言えることです。」

-PCGamesN

Chandrasekharには、AMDのフラッグシップ4Kグラフィックカードがまだ見られない理由について、いくつかの有効なポイントがあります。

彼によると、ゲーム市場の大部分(90%)は、1080pまたは1440pの解像度でプレイするPCゲーマーで構成されています。

そのため、RX 5700 XT、RX 5700、RX 5600 XT、RX 5500 XTなどのNavi Radeon RX 5000シリーズグラフィックスカードの最初のストリームで、彼らはそれらの市場に取り組み、かなり良い仕事をしました。

競争相手の多くのゲームタイトルでヒットまたはミスであるRadeon RX 5500 XTは別として、

RX 5600 XT、RX 5700およびRX 5700 XTは、TuringベースのGeForce GTXおよびGeForce RTXグラフィックスカードに対して1ドルあたりの優れたパフォーマンスを実現する上で非常に優れた仕事をします。

Radeon RX 5700 XTは、GeForce RTX 2080とほぼ一致します。これは、今後のフラッグシップ製品の前兆となるものです。

「Big Navi」Radeon RXグラフィックスカードに関して、AMDは、メインストリームおよび高性能CPUセグメントのRyzenプロセッサと同じように、4Kゲーミングセグメントのマニア向けNaviグラフィックスカードの混乱を予想できると述べています。

AMDはすべて、Naviグラフィックアーキテクチャに基づいて高速で真に次世代の4Kグラフィックカードを提供する準備ができているようです。

過去数週間にわたり、「Big Navi」GPUに関して一連のうわさが出てきました。
前回の記事で、AMDはハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを搭載したハイエンドRadeon RXグラフィックカードで間違いなく機能しており、AMDが多大な投資を行っていることを報告しました。

レイトレーシングはRDNA2アーキテクチャの主要な機能であり、ハイエンドのNaviは、Radeon RX 5000シリーズチップに搭載されている既存のアーキテクチャではなく、次世代のRDNAアーキテクチャを使用することを確認します。

それに加えて、ソニーとマイクロソフトの両方の次世代コンソールは、レイトレーシングのサポートとRDNA2 GPUも搭載することが期待されています。

XboxのトップであるPhil Spencerから次世代のScarlett 8K SOCのティーザーを既に入手しているので、すぐに詳細を期待してください。

過去数週間にわたり、「ビッグナビ」GPUに関して一連のうわさが出てきました。

前回の記事で、AMDはハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを搭載したハイエンドRadeon RXグラフィックカードで間違いなく機能しており、AMDが多大な投資を行っていることを報告しました。

レイトレーシングはRDNA2アーキテクチャの主要な機能であり、ハイエンドのNaviは、Radeon RX 5000シリーズチップに搭載されている既存のアーキテクチャではなく、次世代のRDNAアーキテクチャを使用することを確認します。

それに加えて、ソニーとマイクロソフトの両方の次世代コンソールは、レイトレーシングのサポートとRDNA2 GPUも搭載することが期待されています。

XboxのトップであるPhil Spencerから次世代のScarlett 8K SOCのティーザーを既に入手しているので、すぐに詳細を期待してください。

とはいえ、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度で、大規模なダイサイズとGDDR6メモリを搭載できるという最近の噂をすでに知っています。

第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能の一部は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • マニア向けのデスクトップグラフィックスカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

未発表のAMD GPUも先週登場し、VRベンチマークでNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiよりも最大17%高いパフォーマンスが得られ、80CU Navi製品リファレンスモデルとみています。

これは、最適化されていないドライバーを使ったハイエンドのNaviベースのグラフィックスカードのかなり初期の製品ではないでしょうか。

しかし、AMDがRTX 2080 Tiを最大30〜40%上回る場合、ハイエンド4Kグラフィックスセグメントにおけるグラフィックスの強力な競争相手になるでしょう。

AMDは、RadeonブランドをRyzenブランドのように順調に動かすために、今真剣にそのような製品を必要としています。

ソース:wccftech - AMD: Big Navi Radeon RX GPUs Are Going To Disrupt 4K Gaming, Similar To How Ryzen Disrupted The CPU Segment

 

 

解説:

Big Naviは本当に世界を変えられるか?

nVidiaに追いついたとされるNavi10、Navi14製品は強気の価格が災いして、一部の店では安売りが始まっているようです。

富士通はWindows95時代にFMVを安売りして、「安物の富士通」というイメージがついてしまい、そこから脱却するのにかなりの長い時間を要しました。

一度安売りを始めてしまうと客は次も安売りを期待し、ブランドの崩壊につながります。

これがnVidiaが安売りを極度に嫌う理由です。

確かにRTX2080Tiを30%上回る製品を出せたなら、一時的にRadeonブランドは復活するかもしれません。

しかし、RyzenでIntelを抜いたように、完全にGeforceの上に行きたいならばもう1枚強力なカードが欲しいところです。

AMDが7nmEUVを使えるということはnVidiaも使えるということです。

RTX2080Tiは12nmという周回遅れの製造プロセスで作られた製品ですから、7nmEUVを使って4Kゲーミングの秩序を崩壊させたいならば、2倍の性能は欲しいところです。

現時点で第一世代のRDNAの性能を見ると、それは難しいと言わざるを得ません。

nVidiaはRTXの他にもDLSSを作り上げました。

DLSSはソフト側の対応が必要のため、すべてにおいてうまく作用するわけではありませんが、対応ゲームにおいてはかなりの効力を発揮します。

nVidiaの自己申告では、13.8TFLOPSのRTX2080TiがRTX+DLSSを使った場合、44TFLOPS相当の演算能力となるとしています。

※ DLSSは画質が落ちるとの指摘もあり、あくまでもnVidiaの自己申告であることはお断りさせていただきます。

このようにソフト面でも布石を打ってきているnVidiaに対して優れたシリコンとドライバの性能だけで太刀打ちするのは困難を極めるでしょう。

「Big NaviはRadeonブランドを復活させるか?゜」という問いかけに対しては現時点ではノーと言わざるを得ません。

私はAMDが好きですし、頑張ってほしいと思っていますが、この件に関しては「現実は厳しい」と思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥50,882 (2020/05/31 21:09:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥37,800 (2020/05/31 00:39:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

"Radeon RX590"をamazonで検索する

 

Radeon RX 580

"Radeon RX580"をamazonで検索する

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

 

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560

"Radeon RX 560"でAmazonを検索する

 

Radeon RX 550 2GB

"Radeon RX 550"でAmazonを検索する

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.