GPU情報

GeForce RTX 30シリーズの問題に関するNVIDIAの公式回答。SP-CAPとMLCCのグループ化はデザインによって異なる & 品質を示すものではない

投稿日:

NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズは、ラインナップが発売されて以来、大きな論争に巻き込まれている。

RTX 3080とRTX 3090グラフィックスカードの両方のための不完全な打ち上げは、すぐにいくつかのカードがゲーム中にクラッシュしたというユーザーのレポートが続いた。

これらの問題の原因は、GPUのブーストアルゴリズムに関連している可能性があることがすぐに強調されましたが、最近の報告では、この問題は、AIIBパートナーがカスタム製品に実装したハードウェア設計に関係している可能性があることを示唆しています。

NVIDIAは、この問題に関する公式声明を発表しました。

NVIDIAがGeForce RTX 30シリーズの問題に公式に回答 SP-CAPとMLCCのグループ分けはデザインによって異なる & 品質を示すものではない

この話には一概には言えないところがあるので、まずはNVIDIAがこの件について公式に述べたことから始めてみましょう。

PCWorldのシニアエディターであるBrad Chacos氏に伝えられた声明は以下の通り。

"パートナーのボードデザインについては、当社のパートナーは定期的にデザインをカスタマイズしており、そのプロセスではパートナーと密接に協力しています。

SP-CAPとMLCCのグループ化の適切な数は、デザインによって異なる場合があり、必ずしも品質を示すものではありません。

NVIDIAより

声明の中で、NVIDIAは、パートナーカードはカスタムデザインに基づいており、設計/テストプロセス全体の間、非常に密接に協力していると具体的に述べています。

NVIDIAは、AIIBに従うべきリファレンススペックを与え、カスタマイズされたボードを設計するための一定のガイドラインを与えています。

これには、電圧、電力、およびクロック速度について定義された制限が含まれます。NVIDIAは、AIIBの設計は互いに比較して異なるため、すべてのカードに定義できる特定のSP-CAP/MLCCグループはないと述べている。し

かし、NVIDIAは、SP-CAP / MLCCグループの数もまた、品質を示すものではないと述べています。

最近では、AIBカードは最も安定した体験を提供しているので、MLCCがAIBカードを使うべきだと示唆する報告があるが、NVIDIAはそうではないと言っている。

SP-CAP/MLCCグループ化の議論は、Igor's LabのIgor Wallossek氏が、ユーザーが直面していたクラッシュの原因はキャップにあるかもしれないと技術レポートに投稿したことから始まった。

以前のレポートでは、GeForce RTX 30シリーズが2.0GHz以上の特定のブーストクロックに当たると一般的にクラッシュすることが指摘されていた。また、一部のユーザーは、SP-CAP/MLCC(積層セラミックチップコンデンサ)を組み合わせて使用するボードや、MLCC全体のデザインを使用するボードに比べて、フルSP-CAPレイアウト(導電性高分子タンタル固体コンデンサ)のカードの方が、より多くの問題を発生させていることを発見した。

様々なGeForce RTX 30 AIBカード上のSP-CAP / SP-CAP & MLCCグループ化 (画像クレジット: Igor's Lab)。

SP-CAPとMLCCコンデンサの違い:

SP-CAP&MLCCコンデンサの違いは広大であり、Videocardzは、以下に記載されているように、より簡単な方法でそれを説明しています。

  • MLCCは安くて小さく、定格電流、定格電圧、定格温度で動作しますが、クラックやピエゾ効果が出やすく、温度特性も悪いです。
  • SP-CAPは大きく、定格電圧が低く、高周波数での動作が悪いです。SP-CAPは大型で定格電圧が低く、高周波数での動作が悪くなりますが、強度があり、クラックが発生しにくく、圧電効果がないため、高温での動作も良好です。

この発見以来、さまざまな AIIB からこの問題についての声明が出されています。

また、いくつかのAIIBは、この問題はほとんどがハードウェアの欠陥であると信じて修正しているが、他のAIIBはドライバの修正で解決できると信じているが、それはクロックと電圧の低下につながり、カードの全体的なパフォーマンスにわずかに影響を与える可能性があると信じていると私たちに話してくれた。

しかし、それはまだわからない。以下は、AIIBからの声明です。

EVGA

最近、EVGAのGeForce RTX 3080シリーズについての話題が出ています。

当社の量産QCテストでは、6個のSP-CAPをフルに使用したソリューションでは、実世界でのアプリケーションテストに合格できないことを発見しました。

原因を突き止め、SP-CAPを4個に減らし、生産ボードを出荷する前に20個のMLCCキャップを追加するのに1週間近くのR&D努力が必要だった。SP-CAP 6枚のEVGA GeForce RTX 3080 FTW3の量産ボードは出荷されなかった。

しかし、時間の都合上、一部のレビュアーには6SP-CAPを搭載した製品版が送られてきたため、それらのレビュアーに直接働きかけて製品版のボードに交換してもらっています。

5枚のSP-CAP+10枚のMLCCソリューションを搭載したEVGA GeForce RTX 3080 XC3シリーズは、XC3のスペックに問題なくマッチしている。

また、EVGA.comの製品写真は、製品発売初日からゲーマーやエンスージアストに出荷された製品パーツを反映したものに更新されているので注意が必要だ。カードをお受け取りになった後は、ご自身の目で比較してみてください。

- ジェイコブ・フリーマン、EVGAフォーラム

ZOTAC

先日のRTX 3080の問題につきましては、現在調査中であり、近日中にご報告させていただきます。弊社のRTX 3090/3080トリニティをご購入された方は、下記リンク先のフォームよりお申し込みください。個人的にご連絡させていただきます。

ソース(リンク切れしているようですのでリンクは張りません)

GALAX (KFA2 in European Market)

GALAXY RTX 3080/3090製品のSP-CAPコンデンサ、MLCCコンデンサについて

プレイヤーの皆様へ

皆さん、こんにちは。最近、グラフィックスチップのGALAXY RTX 3080/3090シリーズの背面のコンデンサの具体的な使用方法について問い合わせが多くなってきました。検証の結果、GALAXYから発売されたRTX 3080/3090について。モデルチップの背面に使用されているコンデンサは以下の通り。

1. GALAXY RTX 3080 Heijiang/Metal Master製品、チップ裏面のSP-CAPコンデンサの数。5個、MLCCコンデンサの数:10個セット。このバージョンは現在販売中の製品版で、製品版のオリジナルです。

2. GALAXY RTX 3090 一般/メタルマスター製品、チップ裏面のSP-CAPコンデンサの数。4個、MLCCコンデンサの数:20個×2群。現在販売中の製品で、オリジナルの製品版です。

3. GALAX RTX 3090 GAMER 試作サンプル、現在メディアとKOLの手に渡っているのは6個のみ。このサンプルの第一弾はSP-CAPコンデンサを6個使用しています。確認後、正式に生産販売されたGAMER製品をコンデンサの材料として使用する。最適化改善を行います。注:本製品は現在販売しておりません。

GALAXYを愛してくれているプレイヤーの皆様、友人の皆様には大変感謝しています。GALAXYも一貫して製品の品質を追求しています。より良い、より強いハードを提供することは、私たちの輝かしい使命です。さらに、現在のGALAXYグラフィックカードのフルレンジ製品は3年保証と個人保証サービスをサポートしています。あなたが他の疑問や質問がある場合は、私たちに議論するためにメッセージを残すこと自由に感じてください、ありがとうございました

ソース(リンク切れしているようですのでリンクは張りません)

GAINWARD

Gainsun 30シリーズグラフィックスカード製品のSP-CAPコンデンサ、MLCCコンデンサのご案内

GAINWARDの消費者プレイヤーの皆様へ

GAINWARDを購入して応援してくれた仲間たち、ありがとうございます。最近、市場プレイヤーからのお問い合わせの声をいただきました。多くのプレイヤーは、当社が発売したばかりの30シリーズ製品について非常に心配しています。チップ裏面のコンデンサの具体的な使用方法について、ここにご説明します。

GAINWARDから発売されているRTX 3080 10GBグラフィックスカードは、現在、チップ裏面にSP-CAPを5個、MLCCを10個使用しています。現在市場に出回っているバージョンは、すべてオリジナルの商用版です。

Gainward社から発売されているRTX 3090グラフィックスカードは、現在、チップの背面に4個のSP-CAPコンデンサと20個のMLCCコンデンサを使用しています。現在市場に出回っているバージョンは、すべてオリジナルの市販バージョンです。

Gainwardは、Nvidiaの長期的なAICパートナーとして、Nvidiaの要求に完全に沿って設計・生産するという製品規格を常に守ってきた。そのため、現在のプレーヤーは、ネット上でコンデンサの問題や新製品の不具合を懸念している。現在のところGainwardはそのようなフィードバックを発生させていない。.

さらに、すべてのGainwardグラフィックカード製品は3年保証と個人保証サービスをサポートしています。あなたのサポートとGainwardへの愛のために消費者とプレイヤーに感謝します。

ソース

AIIBは時間に制約され、カスタムデザインの発売を急いでいた?

一方、MSIとASUSは、GeForce RTX 3090とGeForce RTX 3080グラフィックスカードの製品ページをリテールボードの写真で更新し始めた。

以前の製品ページには、SP-CAP /MLCCレイアウトが異なる古いデザインを使用しているプリプロダクションモデルの写真が掲載されていた。新しいものは、以前よりも背面のMLCCキャップの数が増えていることを示している。

GeForce RTX 3080が発表された後も、いくつかのAIIBがクロック速度の最終調整を行っていたという事実を知っているし、RTX 3080カスタムバリアントのクロック速度は、発売の数週間前に明らかにされた。

そのため、AIIBがクロック速度を広範囲に評価するために必要な時間が確保できなかったか、あるいはボード設計さえもできなかった可能性がある。GeForce RTX 3090とGeForce RTX 3070カスタムモデルも、クロック速度がまだ確定していないので、同じことが言える。

以下は、GeForce RTX 3080ゲーミングXトリオ、GeForce RTX 3080 Ventus 3X、およびASUS TUFゲーミングGeForce RTX 3080の写真は、PCBの背面に更新されたレイアウトを紹介する前と後からです(画像クレジット:Videocardz)。

 

NVIDIAの新しいドライバは、AIBが最初のNVIDIAテストドライバでカスタムデザインを評価する間、予備的な修正を提供します。

また、新しいGeForce 456.55ドライバをインストールした後、同じカードに古いドライバをインストールした場合と比較して、ユーザーが直面している問題が少なくなったという報告もあります。

ユーザーは、彼らのカードが低いクロック速度で実行されるが、より安定しており、以前のように頻繁に、そして高いスパイクはないと述べている。

あなたがカードのクラッシュや問題に直面しているユーザーの一人であるならば、新しいドライバを試すことができます。

我々が実行していたカード (MSI RTX 3080 / RTX 3090 ゲーミングXトリオ) 私たちのテストの前に、新しいドライバはほとんどカードのクロック速度に影響を与えるが、任意の問題を生成しませんでした.

一部のユーザーはまた、手動でアンダーボルテッド/ゲーム中に、より安定した経験のために彼らのカードをアンダークロックしています。

アンダーボルティングは、MSI Afterburner 4.6.3 BETA 2ユーティリティを使用してのみ可能です。また、これらの問題に直面しているユーザーには、ドライバの新しいセットを再インストールすることをお勧めします。

そうは言っても、AIBsはNVIDIAからの最初のテストドライバーで実際に動作していることを私に確認しました。

456.55のリリースでは、問題の修正が明記されておらず、特定の数のゲームの修正のみが追加されています。

NVIDIAは、今のところクラッシュを停止するための予備的な措置を導入している可能性がありますが、ドライバの形でより細かく調整されたアプローチは、まだ数日の距離です。我々 は、RTX 30 シリーズの問題に関連して取得する任意のより多くの情報については、この記事内で掲示されたままにします。

ソース:wccftech - NVIDIA’s Official Response On GeForce RTX 30 Series Issues: SP-CAP vs MLCC Groupings Vary Depending on Design & Not Indicative of Quality

 

 

解説:

RTX3080クラッシュ問題についてnvidiaからの公式見解

それによるとMLCCとSP-CAPの問題ではないということのようです。

コスト的にはMLCCの方が安いそうなので、本当に単なる設計の問題と言うことなのでしょう。

ちなみに、今回のコンデンサはGPUチップの裏側についています。(バックプレート側のGPUがはんだ付けされている所)

ここが黒っぽい一つの塊になっていたらSP-CAP、白っぽく10個に分かれていたらMLCCです。(6つついてます。)

ドライバの更新でかなり改善されたようですが、完全に解決されたわけではないという情報もありますので、注意すべきとは思います。

MLCCとSP-CAPは品質には関係ないと言っていますが、重要なのは品質ではなく、ゲームが落ちるか落ちないかなので、今回、設計を変更すると表明しているメーカーが複数ある以上、何らかの関連性はあるのだと思います。

 

メーカーとAIBが公式見解を出しているのに報じない国内メディア

「いずれどこかが報じるだろう」と思っていたのですが、どこも報じなくてびっくりです。

報じているのはウチのような弱小な個人メディアばかりで、メーカーにとって都合の悪いことは一切報じないというスタンスが垣間見えて個人的には幻滅しました。

※ 「RTX3080 不具合」で検索した結果です。

別にウチが素晴らしいメディアとは言いませんけど、10万、20万するものを売って、都合の悪いことを一切言わないのは虫唾が走りますね。

仮に今から報じたところで、経緯を説明すれば信用を失うだけだと思いますが、それでもやらないよりましですね。

関係者が見ていらっしゃいましたら、ちゃんと報じるように上の方に掛け合ってください。最低ですよ。

まあ、確かにポジショントークしなくちゃいけない人はいるのでしょう。

しかし、この世界が回ってるのは一人一人の自作ユーザーが高いお金を払ってパーツを買っているからで、最終的な製品を使う一般ユーザーをないがしろにするのはどうなのかなと思います。

日本ユーザーだけちゃんとした情報に触れられないというのはおかしいと思いますし、都合の悪いことに知らんぷりしてると最後は信用を失いますよ。

最後に海外の著名マーケッター、ジェイ・エイブラハムの言葉で締めます。

顧客とはあなたが搾取する対象ではなく、あなたが守るべき人のことである。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥145,000 (2020/10/22 10:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.