その他

TSMCが2nmノードの受注を確保したと報告 - Samsungは2030年までファウンドリのライバルに勝てないかもしれない、と主張する新しいレポート

投稿日:

Samsungが5nmから3nmノードへのジャンプを期待されているにもかかわらず、TSMCはすでにファウンドリ事業でライバルを押し上げる方法を見つけたようだ。

台湾メーカーの3nm技術は2022年までに完成すると予想されているが、TSMCは2nmノードの受注を確保することに成功したようだ。

TSMCは現在50%以上の市場シェアを持つ - Appleはパートナーから2nmノードの受注を確保したかもしれない

DigiTimesによると、TSMCが新竹宝山を2nm技術開発のセンターにすることを決定したと報じられている。

どの顧客がTSMCの2nmノードの受注を獲得したかは確認されていないが、Apple以外にはないかもしれないとのことである。

クパチーノの巨人であるAppleは、すでに5nmの注文の100%をTSMCに渡すと複数回報告されており、Appleがカスタム3nmのSoCを準備する際にも同じことが繰り返されそうだ。

一方、Samsungは一歩も譲らないようです。

韓国のメーカーはクアルコムの5nm受注をTSMCに奪われたようで、Snapdragon 875とSnapdragon X60の受注を取り戻すために生産を増強すると噂されています。

しかし、TSMCの技術力、優位性、チップの大量供給に対する信頼性などから、Qualcommは注文の大部分をSamsungではなくTSMCに割り当てる可能性が高いとみられています。

DigiTimesはまた、TSMCがこのまま勝利を続け、高歩留まりと改良されたノードに関してSamsungが答えられなければ、韓国の巨大企業は2030年までにTSMCに勝てない可能性があるとも報じている。

これだけでなく、最新のレポートでは、Samsungが将来的に収益性の改善に問題を抱えている可能性があるとしている。

例として、TSMCは5nmノードで製造されたA14チップを8000万個Appleに納入すると噂されているので、同社がファウンドリー事業の最大のライバルに対してどれだけ先を行っているかを示しているだけだ。

あなたは、Samsungが長期的にTSMCに追いつくことができると思いますか?コメントで教えてください。

ソース:wccftech - TSMC Has Reportedly Secured Orders for Its 2nm Node – Samsung May Not Beat Its Foundry Rival Until 2030, Claims New Report
 

解説:

2nmを受注したTSMC

TSMCが開発中の2nmを受注したとニュースがありました。

2nmはIntelの3nmに相当するとみられ、TSMC3nmと同様、Intelでは実現の目途が立っていないプロセスになります。

今のところまだ具体的なスケジュールは立っていませんが、2024年(3nmから2年以内)程度ならば、Intelにとってはかなり厳しいものになると思います。

私の感覚としては、TSMCが3nmを実現した時点でもうIntelがFab事業を維持するのは無理だと思っています。

アメリカが国内にTSMC5nmの工場を誘致したのはそういうことなんだと思っています。

Qualcomは韓国べったりの企業ですが、5nmはTSMCに発注するようですね。

2030年まではサムスンはTSMCに勝てないだろうと記事では結論づけています。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.