CPU情報

Intelの第11世代Rocket Lake 8コア&16スレッドデスクトップCPUがリーク、初期ESチップの4.3GHzクロックが3DMark Time Spy&Firestrikeでベンチマークされる

投稿日:

もう一つのIntel Rocket LakeデスクトップCPUが3DMarkベンチマークデータベース内でリークされましたが、今回は8コアで最大4.30GHzの速度を提供しています。

前回のリークも8コア16スレッドのものでしたが、このチップは1.80GHzのクロックスピードで動作する、かなり初期のエンジニアリング状態のものでした。

Intel Rocket Lake-S Desktop ES CPU with 8 Cores, 16 Threads & Up To 4.30 GHzのクロックスピードを3DMarkでベンチマークしました。

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUは、新しいESリビジョンを見たようで、現在は4.00GHzを超えるクロックを提供しています。

先月、私たちは別の6コア12スレッドプロセッサを報告しましたが、このプロセッサは最大4.10GHzのクロック速度で動作していました。

Rogameによって発見された新しいチップは、8コア16スレッドで4.30GHzのクロックスピードを実現しています。

これらはまだ最終的なクロックスピードには程遠いが、デスクトッププラットフォームに向かうRocket Lakeの開発が進んでいるようだ。

性能面では、Intel Rocket Lake-S Desktop CPUを3DMark Firestrikeと3DMark Time Spyのベンチマークでテストした。

CPUはTime Spyベンチマークで4963点、Firestrikeベンチマークで18898点を獲得しました。

それぞれのベンチマークでのこれらのスコアは非常に低いですが、これはいくつかの理由によるものかもしれません。

結果と比較すると、8 コア Rocket Lake チップも 6 コアと 6 スレッド  の Core i5-8600K に及んでいません。

以下のパフォーマンスの比較です。

最大クロック速度が報告されているが、正常に動作していなかった可能性がある。

さらに、Intelの8コアRocket Lake CPUの全体的なクロック速度は、14nmが可能なものよりもまだはるかに低い。

これがまだESであることを考えると、Rocket Lake-Sデスクトッププロセッサの最終的な性能を推測するには、今後数ヶ月の間にさらなるリークを待つことをお勧めします。

Intel Rocket Lake-S 8 Core / 16 Thread ES デスクトップ CPU Spotted With 4.30 GHz Clocks (Image Credits: _rogame)

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて知っていることはすべてここにある

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートすると予想され、400シリーズのマザーボードではあるが、Comet Lake-S CPUと一緒にデビューすることになる。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

インテルのデスクトップ向けCPU「Rocket Lake」の主な特徴は以下の通り。

  • 新しいプロセッサ・コア・アーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックスアーキテクチャ
  • DDR4の速度が向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • エンハンスドディスプレイ(統合型HDMI2.0、HBR3
  • CPU PCIe 4.0レーンを追加 = 20 CPU PCIe 4.0レーンの合計
  • エンハンスドメディア(12ビットAV1/HVEC、E2E圧縮
  • CPUアタッチドストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USB オーディオのオフロード
  • 統合されたCNViとワイヤレスAX
  • 統合USB 3.2 Gen 2x2 (20G)
  • 2.5Gbイーサネット・ディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4 (USB4準拠)

もう一度言いますが、Rocket LakeがWillow Coveコアを使っていると思う理由は、同じアーキテクチャのTiger LakeがXe Gen 12グラフィックスを搭載しているのに対し、Sunny Coveコアを搭載したIce LakeはGen 11 GPUを使っているからです。

デスクトップCPUではキャッシュが異なる可能性もあるが、もう一度言うが、それはまだ確認されておらず、さらなるリークが出るまでは議論の余地がある。

IntelデスクトップCPU世代の比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大コア数TDPチップセットソケットサポート
メモリ
PCI-Ex
Ver
発売
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16?不明500-Series?LGA 1200?DDR4?PCIe Gen 4.0?2020
Alder Lake10nm?16/32?不明不明LGA 1700?DDR5?PCIe Gen 4.0?2021?
Meteor Lake不明不明不明不明不明DDR5?PCIe Gen 4.0?2022?

Intelの2020年ロードマップがリーク - 次世代HEDTやRocket Lake-SのCPUは?

同様のニュースとして、HXL (@9550Pro via Videocardz)が、2020年全体のIntelのデスクトップコンシューマ向けラインアップを示す新しいIntelのロードマップを公開しています。

ロードマップによると、Intelは既存のHEDT Xシリーズ、メインストリームのSシリーズを2020年末まで継続するようです。

このことから、Intelは今年中に新しいCPUを投入する予定はないと思われるが、これがIntel Partner Connectのスライドであることを考えると、次期CPUはまだ禁輸中である可能性が高く、2020年後半に正式な発表があるまでは、Intelは今は話題にするつもりはないと思われる。

もしこのスライドが本当で、Intelが既存のComet Lake-SとCascade Lake-Xファミリ以外に今年HEDTやメインストリームのコンシューマー向けに何も発売する予定がないとしたら、AMDが次世代のZen 3アーキテクチャベースのRyzen 4000 'Vermeer'デスクトッププロセッサを持って、今年後半に発売されると予想されているRyzen 3000 CPUとMatisse Refreshファミリを持ってきて、IntelのメインストリームCPUの市場シェアをさらに食い潰そうとしていることになる。

全体的に, Rocket LakeS ファミリーは、今年後半にアルダー湖 S を 2021 年後半または 2022 年初頭の発売時期を目標に発売される予定です。

それは、AMDがZen 4ベースのRyzen 5000 CPUをサポートすると噂されているAM5ソケットをベースにした独自のDDR5プラットフォームを発売することが期待されているのと同じ時期になります。

ソース:wccftech - Intel’s 11th Generation Rocket Lake 8 Core & 16 Thread Desktop CPU Leaked, 4.3 GHz Clocks on Early ES Chip Benchmarked in 3DMark Time Spy & Firestrike

 

解説:

いくら何でも遅すぎるRocket Lake-Sのエンジニアリングサンプル

4.3GHz動作のRocket Lake-Sのエンジニアリングサンプルのベンチマーク結果がリークしました。

TimeSpyのCPUスコアで6コア6スレッド、ベース3.6GHz、ターボ4.3GHzのCore i5-8600K以下というのはちょっと信じられない数字であり、クロックに関してはほぼ同程度の数字であることもあって、これは何かおかしいと思います。

Rocket Lake-Sは10nmで製造されるTigerLakeの14nm移植版と言われています。

SkyLakeコアを100とするとIceLake118、Tigerlakeは125の性能比と言われています。

つまり、4GHzでもSkyLake換算で5GHz程度の性能があると言うことです。

それがいきなりターボ4.3GHzのCore i5-8600K以下というのはちょっとあり得ない数字であり、考えられるのはダイ面積の都合で元のTigerLakeとは何か違っている可能性ですね。

仮にこの仮説があっているとすると、シングルスレッド性能を強化するために結果論的に8コア16スレッドまでとしたRocket Lake-Sの最大のメリットが消滅したことになります。

私はAMDのファンですが、Intelが嫌いなわけではないので、発売までに元のTigerlakeの性能に迫るところまで行ってほしいと願うばかりです。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.