CPU情報

AMD Ryzen 4000「Renoir」8コア、16スレッドのデスクトップCPU、最大4.0GHzのクロックとベンチマークが判明 - 2020年7月に発売予定

投稿日:

AMDがデスクトップセグメント向けに次の主要なCPUを発表するのは、Zen 2ベースのRyzen 4000「ルノアール」APUラインアップになるだろう。

これらのCPUが最も興味深いのは、グラフィックスとプロセッサコアを同じパッケージでバランスよく提供していることで、ゲームをしながら様々なアプリケーションで高速に動作することができる予算内のPC構築を可能にしていることだ。

最新のリークでは、AMDが次のAPUラインナップで大型アップデートを提供することが明らかになっている。

AMD Ryzen 4000 「Renoir」8コアデスクトップCPUに強化されたVega GPUを搭載 - 初期サンプルでは最大4.0GHzのクロック、7月に発売予定

最新のAMD Ryzen 4000「Renoir」APUがユーザーベンチマークデータベースに掲載されている&TUM_APISAKがスポッティングしています。リークされたデータによると、Ryzen 4000 CPUは8コアと16スレッドを搭載しており、クロックはベース周波数が3.0GHz、ブースト周波数が4.0GHzとなっています。このコアクロックは、このチップの初期の性質によるものと思われ、最終的なリテールCPUはより速いクロックで出荷されます。

エンジニアリングサンプルには「100-000000149-40_40/30_Y」というコードネームがあり、Komachiのレポートによると、RN-A1 SKUのID、またはAM4プラットフォーム用のRenoirとなっています。

この CPU は昨日発表された ASRock B550 Taichi マザーボードでテストされました。

当社の情報筋によると、AMD の Renoir シリーズのプロセッサは、B450/X470 と B550/X570 シリーズの両方のマザーボードと互換性があることが確認されました。

そのうちの一つはGPUクロックが1750 MHzの3.5 GHzのCPUで、もう一つはGPUクロックが1750 MHzの3 GHzのチップです。

両方の派生モデルは、8コアと4コアと8スレッドRyzen 3000G APU以上の最大のアップグレードの一つである16スレッドを備えている可能性があります。

高速なZen 2コアを持つことは一つのことだが、前世代のZen+コアの2倍のコアを持つことは、それを全く新しいレベルに引き上げている。

AMDのRenoirダイも完全なモノリシック設計で、モバイルプラットフォームで見たように、デスクトップベースのZen 2チップと比較してわずかに優れた性能効率を提供しています。

Renoirのデスクトップ製品に搭載される具体的なCU数は不明だが、最も可能性が高いのは8CUで、Ryzen 9 4900HSと同じ512ストリームプロセッサに相当する。

AMDは65Wのモデルがそれをサポートするためのより多くのヘッドルームを可能にするので、それを超えることができますが、現時点ではそれはありそうにありません。

メモリのサポートは3200MHz(ネイティブ)のままだが、より高いメモリクロックは、より多くのメモリ帯域幅をGPUコアにプッシュすることで、はるかに優れたパフォーマンス結果をもたらすことが期待できる。

性能面では、AMD Ryzen 4000 「Renoir」8 Core ES CPUが1コアで130ポイント、2コアで264ポイント、4コアで524ポイント、8コアで1051ポイント、64コアのベンチマークで1087ポイントを記録しています。

このチップがテストされたプラットフォームは、2133MHzでクロックされた8GBのDDR4メモリを1本搭載しているので、ここではベストケースのパフォーマンスシナリオを期待しないでください。

これらのベンチマークに基づいて、CPUはRyzen 7 3800XとRyzen 7 3700Xとほぼ同じくらいの速度で、64コアベンチマークではクロック速度が低いためか、後れを取っています。

以前、我々はまた、Ryzen 4000 「Renoir」デスクトップCPUと思われるものの35Wのモデルを見られた。

それは、AMDがどちらかをリリースする可能性があります。

  • 65W 8コアCPUと35W 4コアRyzen 4000 「Renoir」CPU
  • 65W 8コアCPU&35W 8コアRyzen 4000「Renoir」CPU

また、コア数やスレッド数の増加に伴う追加価格も考慮しなければならない。

現在、AMDの8コア搭載CPU「Ryzen 3000」は、「Ryzen 7 3700X」で279ドル(US)からとなっている。

AMDの第4世代APUは、現在の4コア部分の価格戦略を維持しつつ、8コアのソリューションを搭載したエンスージアストカテゴリのAPUをプッシュする可能性が高い。

これは、通常のデスクトップ製品に比べてクロック速度が低いことの説明にもなるかもしれないが、それでも8コア製品は200~250ドル前後、4コア製品は150~200ドル前後になると予想される。

また、我々の情報筋によると、Ryzen 4000 APUの発売は今年の7月頃になると予想されているという。

このプロセッサは、B550やA520のような低価格プラットフォームと完全に互換性があります。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 ‘Renoir’ 8 Core, 16 Thread Desktop CPU Spotted With Up To 4.0 GHz Clocks & Benchmarked – Launch Expected in July 2020

 

解説:

Renoirのエンジニアリングサンプルのベンチマーク結果がリーク

上がRyzen 7 3700Xの結果になります。

元記事のエンジニアリングサンプルの結果と比べてみましょう。

1Core

  • RenoirES 130
  • 3700X 134

2Core

  • RenoirES 267
  • 3700X 264

4Core

  • RenoirES 524
  • 3700X 514

8Core

  • RenoirES 1051
  • 3700X 929

3700Xの数値は平均値であることはお断りしておきます。

ベンチマークの測定環境を見ると、メモリがDDR4-2133MHzシングルDIMM1本であるにも関わらず、かなりの高性能をたたき出しています。

むしろ、ちょっと高すぎるくらいです。

Renoirはメモリ速度があまり影響しないようになっていますが、それがよくわかる結果と言えるのではないでしょうか。

3700Xに関してはBIOSもアップデートを繰り返してかなり変わっていますので、初期に取られたベンチマークが低く、最近のものは高くなっているという可能性はあります。

特にZen2コア対応初期のAGESAはバグありで物議をかもしたほどですので、その可能性は高いと思います。

クロックがあまり高くないESの段階でこの結果というのは、Reoirに関してはかなり期待してよいのではないでしょうか。

少なくとも8コア版に関しては3700X相当の能力があると見なしてよいでしょう。

 

先の3100X/3300Xと併せて、この夏はAMD祭りといってもよい状況になるでしょう。

Intelもある程度のボリュームを確保しなくてはならないはずですので、売り上げが振るわなければ豊富な資金力をバックにしてセールを行うはずです。

そのため、Intelファンにとってもうれしい状況になると思います。

Core i3/5/7といったミドルハイ以下のモデルもすべてマルチスレッド対応になり、AMDのRyzenとほぼ同等のスペックになったといってもよいでしょう。

ハイエンドでは16コア対10コアと差がついていますが、売り上げの大半を占めるミドル以下では熱い戦いが繰り広げられると思います。

現時点では最高性能のGPUであるRTX2080Tiでも8コア16スレッドあれば十分な性能を発揮できます。

よって、オーバースペックにならないコスパの良いCPUは8コア16スレッドだと思います。

何より安くなっていますからね。

すでに次世代GPUの噂が聞こえてきていますので、今購入するならもうちょっと頑張ってもよいかもしれませんが、当面は8コア16スレッドでも十分でしょう。

よってRenoirはベストチョイスだと思います。

3700Xとの差ですが、

Renoir・・・内臓GPUがあり、PCI Express4.0 x8

3700X・・・内臓GPU無し、PCI Express4.0 X16

です。

現実的に考えるとRTX2060SUPERくらいまでのGPUと組み合わせるならば、どちらでもあまり問題は発生しません。

RTX2000シリーズはPCI Express3.0ですが、RTX3000シリーズはPCI Express4.0対応といわれていますので、やはりミドルハイくらいまでのGPUならばRenoirでも性能低下などの問題が発生する可能性は高くないです。

それ以上ならやはりRyzen9と組み合わせるべきでしょう。

intelのCPUに関しては一刻も早く、PCI Express4.0に対応する製品が発売されるのを祈るのみです。

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/21 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/21 20:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/21 20:07:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/21 20:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.