CPU情報

インテル「Sapphire Rapids」「Alder Lake」「Tremont」はCLDEMOTE命令を搭載

更新日:

intel の 3 つの次期プロセッサマイクロアーキテクチャ、すなわち次世代 Xeon "Sapphire Rapids"、Core "Alder Lake"、Atom、Pentium Silver、Celeron、Core Hybrid プロセッサに搭載されている低消費電力の "Tremont" コアは、CLDEMOTE "cache line demote" と呼ばれる、プロセッサのキャッシュ性能を高速化することを目的とした新しい命令セットを特徴としています。

これは、キャッシュの特定のコンテンツ(キャッシュライン)は、低いキャッシュレベル(コアに近い)でうろうろする必要はなく、より高いキャッシュレベル(コアから離れた)に降格させることができることを、オペレーティングシステムがプロセッサコアに伝えるための手段である。

CLDEMOTE が行うことには、いくつかの利点があります。

第一に、キャッシュラインを最後のレベルのキャッシュ(通常は L3)にプッシュすることで、サイズが小さく CPU コア専用の L1 や L2 のような低レベルのキャッシュを解放します。

第二に、複数のコア間で共有されているL3にキャッシュラインをプッシュすることで、コア間の高速な負荷移動を可能にし、隣接するコアに拾われる可能性がある。UT AustinのJohn McCalpin博士がCLDEMOTEについての詳細な記事を書いている。

ソース:techpowerup - Intel "Sapphire Rapids," "Alder Lake" and "Tremont" Feature CLDEMOTE Instruction

 

解説:

Intelがキャッシュ周りの新しい命令を搭載

AlderLake世代のIntel CPUに新しい命令が搭載されます。

これでどのくらい速度が上がるかわかりませんが、確実に影響を与えることは確かでしょう。

Intelの強さというのはこういうところですね。

一つ気になるのは、最近の拡張命令一覧の表にのRocket Lake-Sの表記が一切ないところです。

世代としてはTigerLakeと同世代のはずで、合ってもよいと思いますが、単に対象外なので記述されてないだけなのか、何か事情があるのか?

性能があまり奮わないだけに気になるところです。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.