その他

TSMC (NYSE: TSM)は Huaweiを見捨てたことによる影響が出始め、設備投資の不確実性に直面します。

投稿日:

tsmc logo

世界最大の半導体受託製造会社TSMC(NYSE:TSM 54.28 2.30%)は、米商務省の関連指令を遵守するため、第2位の顧客である中国の華為技術(Huawei Technologies)を売却し、大幅な収益不足に直面しようとしています。

このように膨らんだ財政赤字は、TSMCの多額のCAPEX計画の行方に大きな不確実性をもたらしている。

TSMCは4月に、過去最高の2020年のCAPEX(設備投資)を150億ドルから160億ドルの間で実施すると表明していた。

コロナウイルス(COVID-19)の大流行によって引き起こされた広範な経済的弱体化にもかかわらず、チップの需要は衰えていないことを考えると、この動きの背後にある合理的な根拠は健全であった。

しかし、このシナリオは5月にトランプ政権が中国を怒らせ、世界のシリコン大手がHuaweiやその関連会社であるHiSiliconに半導体部品を納入することをブロックしたことで覆された。

新体制の下では、米国の技術やソフトウェアを採用している外国の半導体メーカーは、これらの機密部品を中国のハイテク大手に納入する前に、トランプ政権から正式なライセンスを取得する必要がある。

しかし、商務省は、規則の変更は、指令が出された時点ですでに生産されているチップセットやウェハーには影響しないとし、これらの部品は120日以内にファーウェイに引き渡すことができるとすることで、譲歩を示した。

しかし、台湾に拠点を置くTSMCが、米商務省の関連指令を遵守して中国のHuawei Technologiesからの新規受注をすべて停止したことで、Huaweiの状況はさらに悪化した。

この措置はHuaweiだけでなく、TSMCにとっても広範囲に及ぶ結果をもたらす。

例を挙げると、HuaweiはTSMCの第2位の顧客であり、TSMCの総売上高の14%もの貢献をしている。

しかし、その影響は金銭的なものだけではない。HuaweiとTSMCは、7nm、5nm、さらには3nmのチップノードに関連した容量と生産の細目について交渉していた。

この段階でこれらの計画を中止することは、TSMCの製造ノードと生産設備の拡張に関する包括的な戦略を混乱させる可能性がある。

このような状況の深刻さから、TSMCは2020年のCAPEXを15億ドルから20億ドル削減し、2021年のCAPEXを125億ドル程度に削減するのではないかとの予想を多くのアナリストが示している。

その裏付けとして、これらのアナリストは、TSMCが3nm、5nm、7nmノードに関連するプロセス機器の一部の調達を延期したとされるサプライチェーンの情報源を引用している。

しかし、このような不確実な時代にあっては、他の多くのアナリストもTSMCのCAPEX削減の予測に反対している。

サムスン電子(KRX:005930)や中国のSMIC(HKG:0981)が非常に積極的な拡張計画を推進していることから、これらのアナリストは、TSMCがこの激戦の業界で取り残されることを恐れて、計画されたCAPEXを削減しないだろうと主張している。

以前にも報告したように、サムスン電子は平沢にもう1つの5ナノメートル製造施設の建設に着手したが、今回は平沢にある。サムスンの平澤工場は、2020年6月頃に稼働を開始する予定の華城にある別の5ナノメートル製造工場を補完するためのものである。

この動きは、2030年までにシステム半導体に133兆ウォン(1,080億ドル)を投資し、2025年までに量子ドットディスプレイに13兆ウォンを投資するというサムスンの計画の一環である。

不確実性の高まりにもかかわらず、TSMCとそのサプライチェーンパートナーにとっては、当面の間は通常通りのビジネスであると業界レポートは指摘している。

例として、ASML(NASDAQ:ASML 353.315 2.03%)のEUV製造パートナーであるMarktech Internationalは、現在6億6,847万ドル相当の契約を結んでいる。

さらに、TSMCの6nm、5nm、3nmノードプロセスに支えられ、2020年の純利益は10年ぶりの高水準に達すると予想されている。

同様に、TSMCの施設でのエンジニアリングおよび装置設置の物流パートナーであるUnited Integrated Services (TPE:2404)は、2020年から2021年に向けて500億元から550億元相当の受注を確保している。

ソース:wccftech - TSMC (NYSE: TSM) Faces Uncertainty on CAPEX as the Fallout From Abandoning Huawei Begins to Bite

 

解説:

先日ツイッターでツイートした内容の記事がwccftechにも出てくるようになりました。

ツイートした記事はファーウェイに与える影響のみでしたが、こちらはTSMCの設備投資計画にも影響が出るだろうということのようです。

中国は日本のようにアメリカに潰されないために、アメリカの富裕層や投資家を味方につけており、民間のレベルではまだまだ中国寄りの報道をするところも多いようです。

ファーウェイのというか中国の恐ろしいところは、最新技術を取り入れることを国策としてやっていることです。

去年は7nmEUVが最新プロセスだったわけですが、Appleは歩留まりが7割を切り、7nmEUVを使うことを断念しましたが、ファーウェイは使用し、世界最新鋭のプロセッサを搭載したメーカーという名前を欲しいままにしました。

Appleのような巨大なメーカーが使用を断念するというのはやはりどこか割に合わないところがあると言うことですが、そういった技術でも国策企業なら何も考えずに使うことが出来ると言うことです。

TSMCの今までの躍進もこのようななりふり構わず最新鋭を目指す中国企業の国策による無茶苦茶な投資行動によって支えられています。

そのため、ファーウェイを切ったTSMCの設備投資計画に影響を与えるだろうと予測しています。

個人的にはそうなってほしくないとは思いますが、実際にはそうなのでしょう。

これがどんなふうに影響を与えるのか、TSMCの順調なプロセスの進化に影響を与えるのかどうかは注目です。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.