GPU情報 その他

JPR:AMDがNVIDIAおよびIntelから市場シェアを奪い、GPU出荷が第4四半期に22.6%急増

投稿日:

Jon Peddie Researchによる四半期調査レポートでは、AMD GPUの出荷が2019年の第4四半期に22.6%増加した一方で、NVIDIAとIntelはそれほどうまくいかなかったことが明らかになりました。

JPRはこのセグメントで最も有名な名前の1つであり、AMDがQ4'19で市場シェアを獲得したことは驚くべきことではありません。

この影響は、2019年後半に発表されたAMDの7nm Navi GPUによるものと思われます。

 

GPU出荷に関するJon Peddie Researchレポート:AMDは22.6%増加、Intelは0.2%増加、NVIDIAは1.9%減少

Intel "GPU"の出荷は通常、プロセッサの販売(doi)に関連付けられており、基本的に供給のボトルネックになっていることを考えると、出荷が横ばいに成長するのは当然のことです。

しかし、興味深いことに、NVIDIAは1.9%低下しました。これは、おそらく、チューリングのラインナップが高価で、RTX以外のシリーズに限り手頃な価格であるためです。

AMDが7nmノードの利点を享受しているため、市場で赤への切り替えが開始されるのは時間の問題でした。

噂では、新しいNVIDIA GPUが3月に発売されると指摘されていますが、NVIDIAがそのタイムラインに間に合わない場合、8月/ 9月まで会社の新しいグラフィックカードは表示されません。-その頃には、AMDはビッググリーンからより多くの市場シェアを獲得していると予想しています。

AMDはまた、新しいRX 5950 XTシリーズのフラッグシップ(発売時までに6000シリーズに名前が変更される可能性があります)にも取り組んでいるので、IntelまたはNVIDIAが発言する前に、実際には

AMDが*さらに多くのGPU *を発売するかもしれません

Intelは、2020年にXeシリーズの部品を使用してdGPU市場に正式に参入する予定です。

TGLは、CPU内のコンソールレベルのGPUであるため、かなりスプラッシュすることも期待されています。

レポートのハイライトの一部を次に示します。

 

クイックハイライト

  • AMDの出荷台数は前四半期に対して22.6%増加し、Intelの総出荷台数は前四半期から0.2%増加し、Nvidiaは-1.9%減少しました
  • この四半期のPCへのGPU(統合および個別GPUを含む)の全体的な接続率は130%で、前四半期から1.8%増加しました。
  • ディスクリートGPUはPCの31.9%にあり、前四半期から-0.19%減少しています
  • PC市場全体は、四半期ごとに1.99%増加し、前年比で3.54%増加しました
  • ディスクリートGPUを使用するデスクトップグラフィックスアドインボード(AIB)は、前四半期から12.17%増加しました
  • Q4'19では、前四半期からタブレットの出荷が増加しました。

第4四半期のGPUの出荷台数は、前四半期と比較して通常横ばいから2020年第4四半期に出荷台数が増加しました。

 

JPRのJon Peddie社長は、「これはGPUの出荷台数が3四半期連続で増加していますが、コロナウイルスの流行による中国からのサプライチェーンの中断により、季節的にフラットからダウンへの第1四半期は異常な下落を示す可能性があります。2020年は、IntelがディスクリートGPU市場に参入し、IP企業が4番目に参入する可能性のあるゲームチェンジャーになるでしょう。」

 

サプライヤーがPCを出荷する前にGPUがすべてのシステムに組み込まれるため、GPUは伝統的に市場の先行指標であり、半導体ベンダーのほとんどは次の四半期に平均-9%低下しています。

一部の業績見通しは通常の季節性に基づいていますが、コロナウイルスの影響の要因もあります。

Q4'19に出荷された合計9,300万台は、前年同期比で100万台減少し、市場が年々減少していることを示しています。

ただし、これは、GPUの出荷量が徐々に増加している第3四半期です。

GPUは出荷前にすべてのシステムに組み込まれ、ほとんどのPCベンダーが来四半期に楽観的に指導しているため、GPUは伝統的に市場の先行指標です。

彼らの推定では、平均で7%増加しています。

JPRは、システムとアクセサリーを含む市場全体をカバーするPCゲーミングハードウェア市場に関する一連のレポートも公開しており、31か国を調査しています。

 

価格と可用性

JPRのマーケットウォッチは、電子版とハードコピー版の両方で利用でき、2,750ドルで販売されています。

このレポートには、グラフの作成に使用されるデータ、グラフ自体、および補足情報を含むExcelブックが含まれています。

JPRのマーケットウォッチの年間サブスクリプション価格は5,500ドルで、四半期ごとに4つの問題が含まれています。

JPRサービスのフルサブスクライバーは、サブスクリプションの一部としてTech Watch(会社の隔週レポート)とMarket Watchのコピーを受け取ります。

ここをクリックして、この主要なレポートの詳細を確認するか、今すぐダウンロードしてください。

または、詳細については、415 / 435-9368に電話するか、Jon Peddie ResearchのWebサイト(www.jonpeddie.com)にアクセスしてください。

TechWatchの無料サンプルについては、JPRのRobert Dow(Robert@jonpeddie.com)にお問い合わせください。

ソース:wccftech - JPR: AMD Clawed Market Share From NVIDIA And Intel As GPU Shipments Surged 22.6% In Q4’19

解説:

2019年Q4はAMDがシェアを伸ばす。

Naviの発売はAMDとnVidiaを逆転させるほどではありませんでしたが、効果はあったようです。

2019年第4四半期の出荷数で、AMDがシェアを伸ばし、nVidiaがシェアを落としました。

日本ではnVidiaが圧倒的に強いので、わたくしはそれほど感じませんでしたが、Naviの発売でやはりRadeonは売れたようで、AMDがシェアを伸ばしました。

状況をひっくり返すには圧倒的なリードが必要だと思いますが、シェアをある程度回復させるのには十分だったようです。

nVidiaのTuringがライフサイクル末期ということもあり、新製品の発売は効果的だったようです。

今後Big Naviが発売されれば、かなりの波乱が起きる可能性も0ではありません。

 

その他気になる点として

PC市場全体は、四半期ごとに1.99%増加し、前年比で3.54%増加しました

 

Q4'19に出荷された合計9,300万台は、前年同期比で100万台減少し、市場が年々減少していることを示しています。

ただし、これは、GPUの出荷量が徐々に増加している第3四半期です。

この二つの矛盾した表現があります。

これは、前者がGPUの出荷量、後者がPCそのものの出荷量を指しているものと思います。

要するに、GPUの出荷量は伸びいているが、PC全体の出荷量は下がっており、市場全体は縮小しているということです。

結論としてはものすごい勢いで、高性能GPUが普及しているということになります。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/09/27 01:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/09/27 05:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.