GPU情報

AMD Radeon RX 6800 XT 1440p DXR レイトレーシングパフォーマンスがリーク

投稿日:

AMDは発売前にRadeon RX 6800 XTのレイトレーシング性能の数値を共有することに非常に消極的だったので、我々は協力することにしました。

AMD Radeon RX 6800 XTのレイトレーシング性能

AMDはゲームにおけるレイトレーシングの可能性を見ていない。

すでに見てきたスライドの新しいセットでは、同社はラスタライズとレイトレーシングの複雑さを説明している。AMDは、レイトレーシングを、通常はオフラインレンダリングのために予約されているグラフィックスで現実を再現するための究極のソリューションと見ています。

Radeon RX 6800シリーズの発売で、AMDは開発者が「ゲームのリアリズムを向上させるためにレイトレーシングを慎重に展開したい」と考えていることに気づいた。

リアルタイムのレイトレーシングは、画質を向上させますが、パフォーマンスのトレードオフが発生します。

AMDは、開発者がレイトレーシング効果をラスタライズと組み合わせて使用するための最良の方法をまだ学んでいないことを理解しています。

Radeon RX 6800シリーズでは、AMDは、Microsoft 12 UltimateのフルサポートとFidelityFX開発者向けツールパッケージの拡張ライブラリを提供し、ゲーム体験を向上させます。

AMD RDNA2アーキテクチャは、Ray Acceleratorと呼ばれる新しいコアタイプを特徴としています。

各コンピュートユニットは1つのRAを提供するので、RX 6800 XTには合計72個のレイ・アクセラレータが搭載されている。AMDでは、この実装により、ソフトウェア実装と比較して10倍のレイトレーシング交差点性能が得られると予想している。

AMDが明日正式に公開するスライドでは、同社は5つのゲーム(DXR対応)でRX 6800 XTの2560×1440性能を確認している。

Battle Field Vでは、RX 6800XTは平均70フレーム/秒の性能を発揮すると予想されている。

Call of Duty MWでは95fps前後の性能を発揮するはずで、両ゲームともUltra DXR品質に設定されていた。

Crysis Remasteredでは、平均90FPSが期待できます。最も低い平均フレームレートは、AMDが測定した67 FPSのMetro Exodusに見られるかもしれません。

最後に、「Shadow of the Tomb Raider」では、AMDはRX 6800 XTが1440p解像度で平均82FPSを発揮すると主張しています。

テストはRyzen 9 5900Xプラットフォームに16GB DDR4-3200メモリを搭載し、Ultra設定で行われた。

AMDはゲームだけに留まらず、コンテンツ作成のためのハードウェアアクセラレーションでRadeon RX 6800 XTとRadeon VIIを比較。BlenderやHoudini、Autodesk Mayaなどのソフトウェアに対して、AMDはハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシング用のプラグインを提供する予定だ。Blender Cyclesのサポートも予定されている。

Radeon ProRender 2.5.17 for Blender 2.90で、RX 6800 XTは「The Junk Shop」のスプラッシュスクリーンで最大49%、「Barcelona Pavilion」で最大60%、「Car Demo」で最大62%、「Classroom」のデモで最大68%の高速レンダリングを実現すると主張しています。これらはすべてBlenderのウェブサイトからダウンロードできるデモスプラッシュスクリーンです。

AMD FidelityFX Super Rsolution

また、AMDはFidelityFX Super Resolutionが開発中であることも確認している(これが正式な技術名)。

これはNVIDIAのDLSS(Deep Learning Super Sampling)技術のクローンだ。

NVIDIAのソリューションは、Tensorコアに頼って低解像度でレンダリングし、ディープラーニングアルゴリズムを使って画像を人為的にアップスケールする。

AMDのソリューションは、Tensorコアを使用して低解像度でレンダリングします。

FidelityFX Super Resolution】AMDで開発中。 ゲーム開発者との共同開発を行っているため、さらなる情報にご期待ください。

ソース:Videocardz.com - AMD Radeon RX 6800 XT 1440p DXR ray tracing performance leaks

 

 

解説:

RX6800XTのレイトレパフォーマンスがリークしました。

一応、ネットでRTX3080、WQHDの結果を探してみたところ、BattleFieldVのレイトレ・オン、DLSS無しで92FPSでしたので、約76%くらいの性能と言うことになります。

この点、Ampereはともかく、RTX第一世代のTuringと比較してもそんなに見劣りしているわけではありませんので、思いのほか好成績と言ってもいいくらいだと私は感じます。

AMD版DLSSと言われるFSRもまだ詳細は明らかにされていません。

こちらも対応ゲームが増えてくればGeforceに引けを取らない性能になるのではないかと思います。

また、レンダリングのソフトウェアに対する対応も徐々に進めていくようです。

 

ここまでのAMDの戦略を見ると、ゲーム機のSoCの開発にリソースを取られていた時代(Polaris、Vega時代)はひたすら我慢の時で、そこから解放され、Naviが開発できるようになると1年一世代ずつ世代交代をして、レイトレーシングやDLSSと言った技術が普及し始めると追従を始めるという非常に無駄のない戦略になっています。

私の意見はもちろん結果論に過ぎませんが、しかし、恐らく、AMDの経営陣はきちんと戦略を描いていたものと思います。

nVidiaが普及を図ってきたRTXとDLSSはもちろん素晴らしい技術だと思いますが、後追いのAMDの戦略も注力の仕方が見事だと感心します。

正直第一世代のNaviは遅きに失した感があり、「AMDのGPUはこれで終わりだな」と思っていました。

しかし、Big Naviが明らかになるにつれて、驚きを隠せません。

RDNA世代の最後の追い込みは来年にNavi3Xを発売して、完全にnVidiaを追い抜くというものでしょう。

1年ごとに製品を更新するというのは並大抵でないリソースを消費するものですが、見事にやってのけました。

今年はCOVID-19と言うイレギュラーがあったにも関わらずです。

かつて28nm世代で足踏みし、「ペーパーローンチのAMD」と揶揄されていた時代と比べると隔世の感があります。

「基本的に同じ製造技術が使えるnVidiaに勝つのは難しいのでは?」と私は思っていましたが、1年ごとを製品更新を成し遂げ、nVidiaに追いついた事実は偉業と言ってもよいのではないかと思います。

アンチAMDの方も是非、賞賛してほしいです。

※ そして、Ampereが値下がりしたら喜んでそちらを買ってください。(苦笑

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/24 02:21:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.