その他

9月下旬にAppleに配信された5nmを使用したA14 SoC(iPhone 12向け?)

投稿日:

tsmc logo

AppleのiPhone 11が発売されてから1か月が経ち、Huaweiは世界初のEUV製造スマートフォンプロセッサを使用する自慢の権利を保持していると安全に結論付ける時が来ました。

今年のiPhoneの発売前に、「クパチーノの技術大手」は、TSMCの高価な製造ノードを求めてHuaweiと競合する可能性があると推測されていました。

※ クパチーノとはアップル社の本社があるカリフォルニアの都市

しかし今、来年、AppleのAxxチップでEUV設計が行われる可能性がますます高まっています。 5nmで製造されたデザイン。

本日のレポートは、この可能性をさらに高め、Apple A14についてのヒントを提供します。

詳細については、以下をご覧ください。

ソースは、AppleがTSMCからA14 SoCサンプルを受け取り、チップが5nm EUVで製造されていると考えている

時間の経過とともに、AppleはA13と同じくらい複雑で、H1と同じくらい簡単なチップ用に独自のプロセッサマイクロアーキテクチャを開発しました。

「クパチーノの技術大手」はカスタマイズが大好きで、独自のプロセッサを設計することにより、同社は製品のパフォーマンスとソフトウェアを介してこのパフォーマンスを変更する方法を厳密に制御できます。

Appleのスマートフォンプロセッサのマイクロアーキテクチャのパラメーターは、Androidのプロセッサーとはまったく異なります。 全く同じでも、リファレンスデザインを微調整するのでもありません。

この選択要素により、A13に表示されるように、Appleはパフォーマンスを厳密に制御できます。

Appleの最新のモバイルSoCは、前身よりも高速ですが、消費電力も大きくなります。

したがって、同社がすべてのiPhone 11製品にヘッファーバッテリーを装備することを選択したことは秘密ではありません.AppleはiOSとAndroidデバイス間のパフォーマンスギャップを広げたいと考え、iPhoneの厚さを増やすことでバッテリー寿命の短縮を補うことを選択しました。

5nm製造により、A14のダイ面積は削減されますが、コストが増加する可能性があります

現在、中国からの報告は、AppleがTSMCの5nmノードで製造されたプロセッサを搭載した来年のiPhoneの発売に関心を持っていることを示唆しています。

N5と呼ばれるノードは、今年初めにリスクの発生を開始しました。

しかし、当時、N5を介して使い古されたシリコンは、主に5GおよびIoT製品に使用されると考えられていました。

詳細によると、TSMCのN5プロセスを使用して製造された最初のA14プロセッサは、9月末までにAppleに納入される予定でした。

この時点で、Appleの次のモバイルプロセッサが最先端のノードを使用することを保証するものではないことに留意することが重要です。

TSMCが生産を順調に増やして安定した歩留まりを維持できない限り、Appleが最終製品を微調整できたとしても、iPhone 12で5nmに移行する意味はありません。

ただし、台湾のファブは、アナリストとの最新の電話会議で証明されているように楽観的に聞こえます。

  TSMCの副社長兼CEOであるWu Weiは、参加者に向けて「N5により、顧客製品ポートフォリオをさらに拡大し、対象市場を拡大しています。

最初のランプは、モバイルアプリケーションとHPCアプリケーションの両方によって駆動されます。

5nmは強力な傾斜路を持ち、TSMCの大型で長期にわたるノードになると確信しています。」

※ 傾斜路とは「強制力のある推進力」や「黙っていてもそちらの方に引っ張られる力」くらいの意味だと思われる

この時点で、5nmがTSMCの7nmからの最初の真のノードジャンプであり、N7とN5の間の3つのノードが仲介であることに留意することも重要です。

5nmは、Appleがより小さなダイ上でより多くのトランジスタを詰め込むことを可能にしますが、その代償として、ウエハーあたりの(前ノードと比較した)ダイ(面積)の削減とウエハー価格の上昇をもたらします。

最後に、Apple A14の詳細はまだわかっていないため、当面は具体的な結論は出さないほうが良いでしょう。

どのような考えをお持ちですか? 下記のコメントセクションでご意見をお聞かせください。引き続きご注目ください。

最新の情報をお届けします。

ソース:wccftech - A14 SoC (For iPhone 12?) Using 5nm Delivered To Apple In Late September

 

解説:

アップルが来年、A14チップをTSMCの5nmを使って作るのかどうかという話です。

この話によると、9月にアップルがA14のサンプルを受け取るとしていますが、必ずしも5nmを使ったものではないかもしれないとしています。

5nmでの歩留まりを向上させない限り意味はないとしています。

一体なぜこのようなレポートが上がっているのか不思議ですが、台湾ではあまり深刻に考えていないようですね。

A14の詳細が発表されれば確定と言ってもよいのかもしれません。

予定通り5nmが立ち上がれば2021年にはAMDも使うことになると思います。

このニュースの気になる点というのはそこだけです。

最先端のプロセスはすべてスマホのSoCに使われるようになってしまいました。

PCは1年遅れで使われますので、肝心なのはきちんと立ち上がるのかどうかだけですね。

最先端を突っ走る名誉とリスクはすべてPCとは比較にならない巨大な市場であるスマートフォンが背負ってくれます。

1年後PCが使いますので、アップルなど著名メーカーがどうなっているかを見ているだけで答えは出ます。

 

参考

どうなる、パソコン市場は7年連続の前年割れ 2007年以降で最も低い水準

2018年のスマートフォン総出荷台数 14億400万台

2018年のPC総出荷台数 2億5900万台

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.