GPU情報

NIVIDIAのRTX 3080はスペックのアップグレードを受けるか?GA 102-200と4352 CUDAコアで出荷されるかもしれない

更新日:

 

NVIDIAのRTXシリーズの仕様は、現在のところ漠然としており、GA104からGA102までのすべてがこの特定のモデルの可能性があります。

(このシリーズの)最も信頼性の高いリーク情報提供者の一人が投稿したところによると、RTX 3080は実際には4352 CUDAコアと10GBのvRAMを備えたGA102-200コアで出荷されると考えています。

リーク情報提供者は非常に信頼性が高く、このGA102-200 GPUがいずれかの形式で表示されると確信していますが、命名法がまだわからないため、この投稿に噂として扱います。

NVIDIA RTX 3080グラフィックスカードは、4352 CUDAコア、10GB vRAM、および少なくとも15 TFLOPの演算性能でGA102-200として扱われるのだろうか?

最近、NVIDIA RTX 3080の最初の画像を公開しました。

リークのオープンシーズンであることは明らかです。 NVIDIAの次世代RTX GPUの発売前にようやく危機的な時期に突入しました。

私は待ちきれません。

問題のリーク情報提供者であるKopite7kimiは、NVIDIA Ampereのリークのほとんどすべてにかかわっており、このGPUは何らかの名前(RTX 3080 SUPER / Tiなど)で表示されるはずですが、彼らはまだ命名法を100%確信していません。

とにかく、NVIDIAがいくつかの非常に強力なグラフィックカードを発売する準備をしていることは明らかです。

RTX 3080はGA102-200コアを搭載していると推測されているので、実際には4352個のCUDAコアを搭載していることになります。

NVIDIAが過去に簡単に達成した1.75GHzの保守的なクロック速度では、最低でも15TFLOPsを出力することになります(TFLOPsは、クロックレート*コアカウント*IPC(この場合は2)/1000000の関数です)。

それは非常に高い値であり、非常に強力なカードになります - 実際のIPCの利益は言うまでもありません。

最初のリークはRTX 3080が単にGA104コアを持っていることを示していたが、後のリークはGA103コアを示唆していた。

NVIDIAは明らかにGA102を使った複数のモデルを準備しており、これらのうちの1つは潜在的にRTX 3080ダウングレードされる可能性があるので、すべて変更されているように見えます(そして、より良くなるために)。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

RTX 2080は、現在699ドルの希望小売価格のカードで、約10 TFLOPsの演算性能を誇ります。

NVIDIAが同じ価格設定を続けている場合、RTX 3080は同じ価格で50%以上のパワーを発揮することになります。

NVIDIAは、RTX 3000シリーズの全ラインナップに対してこれを選択することができ、RTX 2000シリーズのシリアルアップグレード者や、1世代(またはそれ以上)をスキップしていた人たちが新シリーズにアップグレードすることを強くインセンティブにするようなことができる。

これはまた、RTX 3080 Ti フラッグシップは、これらの仕様だけに基づいて、大規模な18TFLOPs+の巨体になるようにシェイプアップされていることを意味します- 1つは、21 GbpsのGDDR6Xメモリを搭載して出荷されます。これに超高速PCIe Gen4 SSDを組み合わせて、次世代のコンソールを倒す組み合わせを持っています。

私は、NVIDIAがこのように積極的な仕様であることは、次世代コンソールの仕様が明らかにされ、12 TFLOPs GPUを搭載したXboxフラッグシップが出荷されているという事実と関係していると思わずにはいられない。

性能至上主義とそれを維持するためには、NVIDIAは少なくとも2枚のカードを用意して、手際よくコンソールを打ち負かすことができるようにしたいと考えています。Jensen氏は、2番手であることを好まず、7nmプロセスに移行することで、そのような決断をするのに十分な余裕が生まれただろう。

競争は好ましいことであり、消費者が最も利益を得るように見える。

また、AMD Big Naviのパフォーマンスへの期待と関係している可能性もあります - これは、この秋に発売することが期待されているためです。

ソース:wccftech - NIVIDIA’s RTX 3080 Getting Spec Upgrade? Might Ship With GA 102-200 And 4352 CUDA Cores

 

解説:

RTX3080と目されるカードの写真がリークされ、スペックがリークされる。

GA102-200というコードネームのチップが使われるGPUの情報がリークしました。

こちらはTuringで言えば、RTX2080Ti相当のCUDAコア数ですが、RTX3080になるといわれています。

また、GA102-200を使った複数のモデルがあるといわれていますので、単純にRTX3080のみにならない可能性もありますね。

4352CUDAコア、10GB RAM、15TFLOPSの演算性能ですので、RTX2080と比較すると約1.5倍の性能を誇っていることになります。

ただし、いまだ未確定な部分も多く、おそらく、AMDのBig Naviの仕様次第ではさらに強化されるか上位のモデルが準備されるかもしれません。

GTX980TiまではTiはGTX980が出た後数か月後に発売されていました。

それがAMDのVegaを過大評価したnVidiaがVegaをつぶすためにGTX1080TiをGTX1080と同時期に出しました。

RTX2080TiもRTX2080と同時期に出るようになるました。

RTX3080Tiも恐らくAMDのBig Naviの仕様を見て「勝てるスペック」で出されると思います。

nVidiaは負けるのを非常に嫌いますので、万が一Big NaviがRTX3080Tiとして準備されているモデルのスペックを超えるようならば、さらに高性能なGPUを急遽RTX3080Tiとして発売するか、新しいモデルとして発売される可能性が高いと思います。

RTX3080Tiの私の予想している性能は19TLOPS台ですが、Big Naviも最低そのくらいの性能はあると思います。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.