GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 2070グラフィックスカードの生産を再開

投稿日:

NVIDIAがRTX 2070 GPUのフル生産を再開すると述べている中国の噂工場(今回はITHome)からいくつかの興味深いニュースが出ています。

数ヶ月前に、SUPERシリーズの登場により製品がEOLステータスに移行したという報告を聞いたことがありますが、NVIDIAは生産の計画を完全に再開し、その考えを変えたようです。

RTX 2070は、RTXグラフィックスカードの中でも最も優れたものの1つであり、NVIDIAが生産を再開しようとしていることは理にかなっていますが、これにはSUPERシリーズが値下げされないという根本的な意味合いがあります。

 

NVIDIAのGeForce RTX 2070が生産ラインに戻っており、AICが飛び乗ると予想されています

NVIDIA RTX 2070は、最も人気のあるグラフィックカードの1つであり、現在Amazonで479ドル以上の価格で入手できます。

AMDはハイエンドGPUスペースで競争力がなく、NVIDIAは完全に成熟した12NFF(NFF = Nvidia FinFet、本質的にTSMCの16nm FFプロセスの改良バージョン)の成果を享受していますが、2070はそのもっとも基本的なカードの1つのままであるようす。

NVIDIAは、AMDからより多くの市場シェアを奪うために価格を引き下げる戦略を試みているように見えますが、少なくとも499ドルの価格ポイントに関しては、試され、テストされた「プレミアム」ブランドのポジショニングに戻ることに決めたようです。

RTX2070プロダクションは最もビンに優しいものであるため、NVIDIAが最初にこのGPUの再開を開始するのは理にかなっています。

彼らがそうしなかったら、RTX 2070 SUPERはおそらくRTX 2070無印がしたのと同じ位置に収まるために値下げを必要とするでしょう。

報告書によると、アドインカード(NVIDIAがアドインボードパートナーと呼ぶもの)からの一般的な感情は、彼らがこのゲームをプレーしてRTX 2070の補充を開始する意思があるということです。

ここでの消費者にとっての朗報は、RTX2070が近い将来に値下げされる可能性が高いことです。

RTX2070無印とSUPER製品間の開きを拡大し、会社のTotal Available Marketを拡大します。

バニラRTX 2070はTU106-410-A1チップを誇り、コア数は2304です。1620MHzブーストでクロックされるため、演算性能は7.5 TFLOPになります。

一方、RTX 2070 SUPERは、1770 MHzでクロックされる2560個のCUDAコアを備えたTU-104-410-A1チップを使用して、合計9.1 TFLOPの演算性能を実現します。

全体として、RTX 2070 SUPERはRTX 2070無印よりも平均で21%高速です。

これは、RTX 2070無印の価格設定(NVIDIAが生産再開を予定している場合、正当化するには大幅に価格を引き下げる必要があることを意味します)。

RTX 2070 SUPERは現在529ドル前後で入手できるため、RTX 2070が最低でも429-449ドルに値下げすることを期待しています(これは単なる推測ですが)。

RTX 2060 SUPERの小売価格は409ドルなので、2060 SUPERとRTX 2070 SUPERの現在の価格設定の間にはかなりのスペースがあります。

RTX 2070が429〜449ドルのスペースを占有できる場合、NVIDIAは市場のこのセグメントでフットプリントを増やすのに役立つはずです。

NVIDIAの今後のアンペアアーキテクチャのゴロゴロもあり、2020年上半期に着陸すると予想されていますが、これまでのところ堅固な製品やパフォーマンスの数値に関する具体的なリークはありませんでした。

AMDが競争圧力を提供していないため、NVIDIAは自由に時間をかけて7nmプロセスと新しいGPUに移行します。

この時点でNVIDIAに革新を促す唯一の理由は、彼の記録破りの四半期を取り戻したいというJensenの欲求です(これは恐らく恐るべき動機でしょう)。

ソース:wccftech - NVIDIA Resuming Production Of GeForce RTX 2070 Graphics Card

解説:

残念なお知らせ - AMDはNaviではnVidiaに競争力を保てなかった。

終売になるはずだったRTX2070の生産が再開されるようです。

この決定にはAIBも乗り気なようで、2060SUPERと2070SUPERの間にある価格帯を埋めるために若干値下げされるようですね。

12nmの歩留まりとRTX2060SUPERのCUDAコア数を考えると本来フルシリコンで出荷できるはずのチップをカットダウンモデルであるRTX2060SUPERとして使っているのではないかと思っていましたがそうなるのを避けるためというのがあるのではないかと思います。

RTX2070SUPERは値下げされないもしくはする必要がないということなのでしょう。

とりもなおさず、これはNavi10ではnVidiaに圧力をかけることが出来なかったということであり、虎の子のSUPERは値下げせずに旧来のモデルをやや値下げするという決定になったということでしょうね。

これほどまでに大量のラインナップを並べながらほとんど値下げ(共食い)されずに売り続けられるというのはnVidia製品が圧倒的に強いということです。

7nmを使っているわけですから、もう少しAMDには頑張ってもらいたいところです。

蓋を開けたらnVidiaの圧勝であり、特に値下げを考える必要が無かったということなのでしょう。

Navi10を見るとやはりかなり爆熱であり、RDNA第一世代でnVidiaに対抗するのは難しかったというのが結論なのでしょう。

レイトレーシングもありませんし、RDNA第二世代に期待というところです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.