GPU情報 その他

中国のOEMは、NVIDIAのGeForce RTX 3000 モバイル GPUをデスクトップグレードのマイニングカードとして再利用し、LHRの規制に対処します。

投稿日:

中国と南太平洋地域のPC OEMは、NVIDIAのGeForce RTX 3000 モバイル GPUをマイニング対応デスクトップ・グラフィックス・カードに再利用し始めています。

この動きは、LHR規制を回避するためだけでなく、標準的なデスクトップGPUでLHRを再び有効にする最近の取り締まりにも及んでいます。

NVIDIA GeForce RTX 3000 モバイル GPUは、デスクトップのグラフィックスカードとして暗号マイニング市場に投入されるようになりました。

@I_LEAK_VN氏によって、いくつかの再利用されたグラフィックカードの写真と小売リストが投稿されました。

アジアのOEMは、暗号通貨業界の需要を満たすために、主にNVIDIA RTX 3070M & RTX 3060Mといった、いくつかのNVIDIA GeForce RTX 3000シリーズモバイルGPUを再利用しています。

需要はかなり沈静化しましたが、エコシステムに投資し、既存のセットアップを拡張している人たちがまだいます。

https://twitter.com/I_Leak_VN/status/1529740286716354563?ref_src=twsrc%5Etfw

これは、NVIDIA モバイル GPU(GeForce RTX 3000シリーズ)をデスクトップグレードのPCBに載せ、デスクトップグレードのクーラーを装着しただけのことです。

モバイルGPUは、同じダイを採用しているので、既存のPCBでの互換性はそれほど難しくはありませんが、実際のデスクトップ製品よりも劣る、大きく異なるコア数・スペックで提供される。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

比較のため、NVIDIA GeForce RTX 3070デスクトップ用グラフィックスカードは、5888コア、8GBメモリ、256ビットバス、220W TDPのGA104 GPUをベースにしています。

モバイル・プラットフォーム向けのRTX 3070Mは、同じGA104 GPUを搭載していますが、5120コアとTDPが115Wと小さくなっています。

RTX 3060MとRTX 3060は、モバイル向けが3840コアのハイスペックなGA106 GPUコアを搭載しているが、VRAMは6GBで80W、デスクトップ向けが同じGA106 GPUですがコアは3584でメモリ容量は12GBで170Wと異なる点があります。

マイニング性能については、NVIDIA GeForce RTX 3070Mグラフィックスカードは、イーサリアムで約65 MH/sの暗号マイニング性能を提供します。

これは、1日あたり約1.20~1.30ドルの収益につながるはずです。また、これらのカードはLHR設計に基づいていないので、NVIDIAによる最近のドライバレベルの取り締まり(Videocardzより)は影響を及ぼさないでしょう。

GeForce 512.95 WHQLドライバは、実際にLHRカードにハーフハッシュレートを強制し、以前のドライバにロールバックすることで元に戻すことができるものの、マイナーにとってはちょっとしたフラストレーションになりそうです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

GeForce RTX 30 MobilityのラインナップにはLHR SKUがないため、この点では救われている。新しいドライバはLHRを強制するので、100%LHRアンロックを提供している採掘アプリでさえ、完全なハッシュレートを提供することができません。

さて、これらのカードについて1つ言えることは、ディスプレイ出力が付属しているため、従来のヘッドレスマイニングカードと比較して、ある程度のリセールバリューを持つということだ。

マイニングが終わった後にゲームをしたいユーザーはそうすることができますが、このようなカードは、マイニングの寿命が終わると中古市場に出回るので、これらのカードが暗号ビジネスでどれだけ悪用されたかを誰も知らないことになります。

Taobaoのような中国の小売店は、これらのグラフィックスカードを大量にリストアップしており、これらがすでにどれくらい使用されているかの保証がないため、読者はこれらのカードを購入しないようお願いします。

さらに、GeForce RTX 30 Mobilityの供給をラップトップから暗号カードに引き上げることは、dGPUを搭載したラップトップの価格が急上昇することを意味します。

良いことは、DIYセグメント内の全体の暗号システムは、途方もなく減速しているので、これらのカードは、今起こっている新しい何かではなく、今しばらく続いていることを確信しています&価格はそのようなハードウェアの貧しい需要のために本当にダウンしています。

ソース:wccftech - Chinese OEMs Repurposing NVIDIA’s GeForce RTX 30 Mobility GPUs As Desktop-Grade Mining Cards To Tackle LHR Crackdown

 

 

 

解説:

LHRの規制を回避するためにわざわざモバイル向けAmpereを張り替えて販売する

当サイトではマイニング関連のニュースはあまり取り上げてないのですが、中国人の謎のバイタリティにいたく感銘を受けたので、今回の記事は取り上げてみました。

LHRの制限を回避するためにわざわざモバイル用のRTX3000シリーズを通常のGPUと張り替えて中国で販売されているようです。

こんな無茶な手間をかけてペイするのか不思議ですが、表には出せないブラックな製品なので、「労働基準法?何それ、ウマいの?」と言うような環境で働いてる労働者を使っているのでしょうねえ。

以前にLHRのソースコードも含めてnVidiaからハッキングによって大規模にデータが流出し、マイニングソフトの方でもLHRの100%回避を実現したはずですが、今更こんな製品を発売して売れるのかどうかは疑問です。

なんにしても他の国では発売されない中国らしい製品であることは確かです。

 

 

 

-GPU情報, その他
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.