その他

Phil Spencer:SSDはXSXの仮想RAMとして使用できます。 ソニーがPS5用のSSDに投資しているのが好きです

投稿日:

 

統合NVMe SSDを「仮想RAM」として使用するXboxシリーズXのPhil Spencerからの興味深い声明が注目されました。

現在、E3で実施され、7月に公開されたため、インタビューは少し古くなっています。

しかし、おそらくドイツのウェブサイトで公開されたことにより、ほとんど気付かれていないようです。

数人の助言者(TomaszとMikeに感謝!)がその存在を指摘した後、私たちは自分でそれを読むことにしました。

 

結局のところ、これは次世代ゲーム機でのSSDの代替使用(ローディング時間の高速化を超えた)のこれまでで最も広範な説明であるため、依然として非常に多くのニュースです。

さらに、Digital Foundryは数日前にこの非常に話題に関する独自の推測ビデオも投稿しました。

XboxシリーズXは、数年前にAMDが発表したRadeon Pro SSG(ソリッドステートグラフィックス)ワークステーションに搭載された技術の一部を使用できると仮定しています。

さらに面倒なことはありませんが、翻訳されたインタビューの抜粋は、スペンサーがSolid State Driveソリューションによってゲーム開発者に与えられた可能性を拡大しているところです。

マイクロソフトのゲーミングヘッドは、PCゲームハードウェアについて次のように述べています。

 

スピードのおかげで、開発者はSSDを仮想RAMとして実質的に使用できるようになりました。

SSDアクセス時間は、現在のコンソール世代のメモリアクセス時間に近くなります。

もちろん、OSは、純粋なストレージメディアを超えるアクセスを開発者に許可する必要があります。

次に、アドレス空間が非常に増加する方法を確認します。これは、Win16からWin32、または場合によってはWin64への変更に匹敵します。

もちろん、SSDはダイの上に直接置かれているGDDR6 RAMよりも遅くなります。

しかし、SSDを介してCPUおよびGPUにデータを直接供給する機能により、より豊かであるだけでなく、純粋な読み込み時間だけでなく、地形のマッピングの面でも、よりシームレスなゲームワールドを作成できます。

グラフィックデザイナーは、GDDR6がいつ終了し、SSDが開始するかを心配する必要がなくなりました。

ソニーのMark Cernyと彼のチームも、PlayStation 5がSSDに投資していることが気に入っています。

エンジンとツールは、対応する機能を実装できます。

一緒に、より大きなインストールベースを確保します-そして、開発者は、これらのハードウェア機能のプログラミングを習得しサポートするために可能なすべてを行います。

PS5開発キットを持っていません。Minecraftチームが持っているとは思いません。

しかし、このようなソリューションを包括的に使用することで業界がどのように利益を得るかを見るのは楽しいでしょう。

その意味は、PCゲーマーにとっても潜在的に興味深いものです。 SSDドライブはシステム要件の一部になりますか?

確かに言うのは時期尚早ですが、Crytekによると、次世代ハードウェアのゲームチェンジャーになる可能性のあるこのテクノロジーを掘り下げていきます。

ソース:wccftech - Spencer: SSD Can Be Used as Virtual Ram in XSX; I Like That Sony Is Investing in SSD for PS5 Too

 

解説:

最後の据え置きゲーム機の行きついた先

PS5に搭載されているSSDは超高速でメモリのようにも使えるという話が出ています。

この話はXboxの開発にかかわっているPhil Spencerという人から出たようで、XboxとPS5はよく似たゲーム機になるようです。

ゲームは、爽快感などのカタルシスを人間に与えるように作っている関係上、感覚にまつわる部分を重視して作りこんでいます。

この点は他の産業では全く及びもしないところでしょう。

ゲームのノウハウをほかの産業に応用するゲーミフィケーションなる言葉も存在するほどですから、ゲームが「人を引き込む」ために如何に労力を割いてきたかがうかがい知れる一端です。

ハードの設計上一番要求されることは、ユーザーを待たせないということです。

今までの据え置き機はDVDなどの光学メディアやHDDを使っていた時点で、ユーザーをかなり待たせていました。

任天堂がゲームカセットという半導体メディアに回帰したのは半導体価格が下落しただけではなく、難しい理屈が理解できない子供向けにゲームのロードで「待たせない」という配慮でしょう。

この感覚的に我慢できるかできないかというのは非常に大きなウェイトを占めているところで、PS5はこの点をよく考えて作ってあるようです。

PS5のSSDはReRAMと呼ばれ、25.6GB/secというPCのNVMe Gen 4 SSDなど目ではないほどの途方もない速度を誇ります。

Gen4 SSDが5GB/s弱ですので、どれほど高速かわかるのではないかと思います。

ほぼ、DDR4 DRAMの速度と同じです。

こうした特殊な規格外デバイスが使えるのも専用ハードの強みでしょう。

ゲームにおいてユーザーを待たせるというのはゲームの世界ではそれほどの「大罪」なわけです。

私としてはこの技術は是非PCにもバックポートしてほしいところです。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.