CPU情報

Intelの第10世代Core i5-10600 6コア/ 12スレッドおよびCore i3-10300 4コア/ 8スレッドデスクトップCPUの発見

更新日:

2020年が近づくと、Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUファミリの詳細が漏れ始めました。

まあ、このファミリの一部はしばらく前にすでにリークされていましたが、新しいリークは、Videocardz(Tum_Apisak、_Rogame経由)によって発見された3DMarkのデータベースのさまざまなリストから発生しています。

 

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUのリーク-Core i5-10600、Core i5-10600T、Core i5-10400、およびCore i3-10300

詳細から始めて、発見された3つのプロセッサは、11月に投稿したリストに含まれていませんでした

ただし、これらは第10世代CPUファミリの一部にもなります。

新たに発見された部品には、6コア、Core i5-10600、Core i5-10400およびCore i5-10600T、および4コア、Core i3-10300が含まれます。

第10世代ファミリの主な変更点の1つは、多くのメインストリームおよびハイエンドSKUでマルチスレッドが無効にされた第9世代パーツとは異なり、すべてのSKUでマルチスレッドをサポートすることです。

この変更は、AMDのRyzenデスクトップCPUファミリーとの競争が激化したために行われました。

以下は、第10世代Comet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • 最大10個のプロセッサコアで性能を強化
  • 最大30 PCH-H高速I/Oレーンでポートの柔軟性を強化
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel Core i5-10600およびCore i5-10600T 65W / 35W 10th GenデスクトップCPU

仕様に関しては、Core i5-10600は6コアおよび12スレッドプロセッサであり、3.3 GHzのベースクロックと4.5 GHz(シングルコア)になる可能性が高いブーストクロックを備えています。

これはCore i5-10500よりも少し高速です。Corei5-10500は6コアおよび12スレッドチップですが、ベースクロックは3.2 GHz、ブーストクロックは4.3 GHz(シングルコア)です。

どちらのチップも65W TDPを備えていますが、Core i5-10600Kを使用すると、ロック解除されたデザインが得られます。これは、95WのTDPを備えている可能性が最も高いものです。

HKEPCは6コアおよび12スレッドSKUでもあるCore i5-10600Tのリストを取得することさえできました。

ただし、はるかに低い35WのTDPとなります。

このチップは、2.4 GHzベースおよび4.0 GHzブーストの低クロックとなります。

Core i5-9600Tと比較して、このチップはベースが全体で200 MHz増加し、ブーストクロックが300 MHz増加します。

これは、Tシリーズ製品の注目点です。

Intel Core i5-10400、エントリーレベル6コアおよび12スレッドデスクトップCPU

HKEPCのユーザーたちは、エントリーレベル6コアで12スレッドの10番めのGenデスクトップCPUであるCore i5-10400についても言及しています。

このチップは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブースト周波数を備えていると言われています。

繰り返しになりますが、これは、同じクロック速度で6つのコアと6つのスレッドを備えた、以前にリリースされたCore i5-9400の2.90 GHzベースと4.1 GHzブーストに対する優れたブーストです。

 

Intel Core i3-10300 65W 4コアおよび8スレッドデスクトップCPU

他の部分は、Core i3-10300です。これは、3.7 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを備えた4コアおよび8スレッドCPUです。

現在、Core i3-9300と比較して、Core i3-10300の実際のベースクロックは同じですが、ブーストクロックが-100 MHz未満です。

ただし、i3-10300には4つの余分なスレッドがあり、Core i3-9300にはないため、100 MHzの低い周波数を説明できます。

また、これらは単なるエンジニアリングサンプルの速度であり、実際のクロックがより高速になる可能性もあります。

このチップはAlienware Aurora 11 Gamingデスクトップで発見され、OEMがすでにチップを手にしていることを示しています。

現在、AlienwareのAuroraデスクトップの基本構成は869.99ドルで販売されており、Core i5-9400と、8 GB DDR4メモリと1 TBハードディスクを備えたGTX 1650 4 GBグラフィックスカードを備えています。

Core i3-10300の構成は約600〜700ドルで販売されているようで、OEMがゲーミングPCを構築した後のユーザーにとっては良い選択肢になります。

CPU固有のリークに加えて、Core i9-10900のリストには、10個のコアと20個のスレッドが含まれています。

これは、2.50 GHzのベースクロックと同じブースト周波数を備えた非常に初期のエンジニアリングサンプルです。

このリークの興味深い点は、チップ自体ではなく、テストされたボードです。

マザーボードは、今後登場するIntel Z490チップセットベースのボードであるZ490-A PROです。

別のリークでは、Intel Core i5-10600がASUS B460-Proボード上で実行されているのを見つけることができます。

B460チップセットは、以下で詳述する400シリーズファミリの一部でもあります。

Gigabyte / AORUSのZ490シリーズマザーボードもごく最近EECに掲載されました。

また、Intelが第10世代ワークステーションビルダー向けに在庫している新しいワークステーションブランドのチップセットの一部である単一のW480マザーボードもあります。

  • Z490 AORUS MASTER WATERFORCE Z4 PRO AX
  • Z490 AORUS ELITE AC
  • Z490 VISION
  • W480 DESIGNARE ECC
  • H470I AORUS PRO AX
  • B450M H

ここで見ることができるいくつかの第10世代デスクトップCPUのベンチマークとともに、以前に発見されたZ490ボードがあります。

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/20不明不明20 MB不明不明
Intel Core
I9-10900
10/203.0 GHz5.1 GHz20 MB80W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/16不明不明16 MB不明不明
Intel Core
I7-10700
8/163.0 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz16 MB35W不明
Intel Core
I5-10500K
6/12不明不明12 MB不明不明
Intel Core
I5-10500
6/123.2 GHz4.3 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6/122.3 GHz3.7 GHz12 MB35W不明
Intel Core
I3-10100K
4/8不明不明8 MB不明不明
Intel Core
I3-10100
4/83.2 GHz3.8 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/23.2 GHz3.2 GHz2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/23.0 GHz3.0 GHz2 MB35W不明

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

Intelは、来年にも導入される400シリーズのボードを備えた新しいソケットに移行していることが確認されました。

LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングは左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lakeは、より高いピンカウントのパッケージに移行します
  • Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake LGAは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI/O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

LGA 1200ソケット(H5)の設計図もMomomo_Usによってリークされており、新しいソケット自体の設計を示し、既存のLGA 1151ソケット(H4)と比較しています。

H5 LGA 1200ソケットとH4 LGA 1151ソケットの間のピンおよびソケット固有の変更については、上記の設計図で詳しく説明しています。 (画像クレジット:Momomo_US

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配する必要のないハードウェアの変更の1つです。

Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。

前述の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外では、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを調べています。

これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。

また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intel 400シリーズチップセットファミリ:

チップセット名Intel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
全HSIO
レーン数
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
30 レーン
(16 CPI
+ 14 PCH)
全PCIe 3.0レーン数
(CPU + PCH)
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
22(16 CPU +
6 PCIe 2.0)
チップセット
PCIe 3.0 レーン数
最大 24最大 24最大 246 (PCIe 2.0 のみ)
SATA 3.0
ポート数
最大8最大8最大84
最大USB 3.2 Ports
Gen 2 (10 Gb/s)
/ Gen 1 (5 Gb/s)
8/108/106/100/4
全USBポート数
(最大 USB 3.2 Gen 1
(5 Gb/s))
14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST テクノロジ
PCIe 3.0
ストレージポート数
3 PCH3 PCH3 PCH0
拡張シリアル
ペリフェラル
インタフェース
2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
オーバー
クロック
サポート
可能不可不可不可
Processor
PCIe Express 3.0
レーン数構成
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
or 1x8 + 2x4
1x16
ディスプレイサポート
(Ports / Pipes)
3/33/33/33/2
DMI 3.0
レーン数
4444 (DMI 2.0 Only)
メモリ
チャンネル数
/クロック
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/1
(DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。

Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。

W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。

CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポートまたは10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、およびIntel RSTがサポートされます。

Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intel自身から後で入手できます。

CES 2020でZ490マザーボードとComet Lake-SデスクトップCPUファミリに関する詳細情報を期待してください。Intelの次世代デスクトップファミリロードマップの詳細を確認する必要があります。

私たちの情報源は、2020年2月の適切な打ち上げを指摘しています。

ソース:wccftech - Intel’s 10th Gen Core i5-10600 6 Core/12 Thread and Core i3-10300 4 Core/8 Thread Desktop CPUs Spotted

 

解説:

Comet Lake-Sの発売日は2月になったようです。

先日の記事で4月とされていたComet Lake-Sの発売は2月となったようです。

まあ、4月なら本当に「Intelおわっtel」という感じだったのでこれは順当かなと思います。

複数のモデルがあちこちのベンチマークサイトにリークされ、発売直前という雰囲気を醸し出しています。

Ryzenの16コア32スレッドには及ばずとも10コア20スレッドのモデルが発売され、全てのモデルにHTTが搭載されます。

これくらいは第9世代からやるべきだったのですが、慢心からかそうしませんでした。

少なくともわたくしにはそのように見えました。

当の性能が高いRyzenの方は大盤振る舞いをしていますが、Intelはそうではありません。

性能で負けて、かつ、おかしな制限を付けると競争に勝っているときはいいですが、負けていると「しみったれてけち臭い」という印象を与えてしまいます。

マーケティング上、これは非常にマイナスで、事実、売り上げがガタ落ちになってしまいました。

Core i5とCore i3にHTTがついていたら、おそらくここまで悲惨なことにはならなかったと思います。

完全にIntelの戦略ミスですが、これで少しはまともになったと言ってもよいでしょう。

今、IntelがやるべきことはAMD製品の方が自社製品より上であることを素直に認めることです。

正しい現状を認識できれば逆転する方法はいくらでもあります。

Comet Lake-Sが2月発売ならRocket Lake-Sも年内発売が期待できます。

4月発売という話を聞いたときは生産上のトラブルを抱えているのかと思いました。

なんにせよこれで首の皮1枚でつながったという感じです。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.