CPU情報

Intel Comet Lake-S 14nmデスクトップ10コアおよび6コアES CPUベンチマークのリーク– Z490マザーボードも発見

投稿日:

Intelが第10世代のComet Lake-Sデスクトップラインナップを準備すると、上記のラインナップのエンジニアリングサンプルで実行されたパフォーマンステストなど、いくつかのリークがありました。

Intel Comet Lake-Sデスクトップファミリーは、より高速なクロックを提供する強化された14nmプロセスノードを再び搭載する予定ですが、第9世代を超えるラインアップの最大の改善は、すべてのSKUにマルチスレッドを追加することです。

 

Intel Comet Lake-S 10および6コアデスクトップCPUテスト済み、より多くのスレッドがより高いマルチスレッドパフォーマンスを実現

前回のリーク以来、Intel Comet LakeデスクトップCPUファミリに関する報告はほとんどありません。

ただし、Momomo_UsおよびKomachi_Ensakaによるいくつかの調査により、Comet Lake-S 10コアおよび6コアモデルの新しい性能の論理的な仕様がもたらされ、それぞれCore i9およびCore i5ファミリで紹介されます。

Intel Comet Lake-S 10コア/ 20スレッドコアi9 ESデスクトップCPU:

テストされたすべてのComet Lakeデスクトッププロセッサは、まだ非常に初期のエンジニアリングサンプルですが、GenuineIntel Family 6 Model 165の一部であるため、実際にはComet Lake-Sベースです。

最初のサンプルは、ステッピング1の10コアおよび20スレッドのCore i9モデルです。

基本周波数は1.51 GHz、最大ブースト周波数は3.19 GHzです。

このチップは、Geekbench 4のシングルコアで4074ポイント、マルチコアパフォーマンステストで25962ポイントを獲得しています。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

これは、両方のスコアでCore i9-9900XおよびCore i9-9900KSよりも低くなっていますが、低いクロックと初期のES状態のが原因でしょう。

また、このチップはHP Pavilion 23オールインワンPCに搭載されていますが、必ずしも最適な冷却機能を備えているとは限らないため、サーマルスロットリングが発生している可能性があります。

もう1つのリストは、SiSoftwareデータベース内にある10コアと20スレッドチップ用です。

このチップには、20 MBのL3キャッシュとともに、2.60 GHzのより高いベースクロックがあります。 このテストもOEMビルドセットアップ(Acer Predator Orion PO5-615s)からのものですが、HPのテストとは異なり、これはAIOではなく、完全なデスク

トップグレード(フルタワー)セットアップです。

 

Intel Comet Lake-S 6コア/ 12スレッドコアi5 ESデスクトップCPU:

次に、12 MBのL3キャッシュを備えた6コアおよび12スレッドのCore i5チップのいくつかのエントリがあります。

最後に、Core i5モデルは、AMDの現在市場を支配しているRyzen 3000プロセッサのラインナップや、メインストリーム市場を席巻したより激しいRyzen 5チップとの競争にすら必要とされる、マルチスレッドのサポートがあります。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

6コアCore i5チップ用にSiSoftwareで作成されたすべてのエントリは、3.00 GHzの基本クロック速度を備えています。

データベースで報告される最大ブースト速度は3.9 GHzであり、既存のCore i5が着陸する場所よりもかなり低いため、これは別のエンジニアリングサンプルであることがわかります。

チップにはいくつかのエントリがありますが、最も顕著なのは、SuperMicro(SUPERO)およびASRockのZ490チップセットベースのマザーボードです。

Z490プラットフォームは、第10世代のComet Lake-S CPUとともに販売されるため、データベースにリストされているのは非常に興味深いです。

 

※ クリックすると別Window・タブで開きます

UserBenchmarkのエントリは、ASRockのZ490M ITXマザーボードで最近作成されたため、さらに興味深いものです。

UserBenchmarkリストは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブーストクロックを報告します。

もう一度、Core i5-9600Kと比較してみると、Comet Lake-S 6コアモデルは、9世代のCoffee Lake-Rモデルのたったの6スレッドと比較して12スレッドとなるため、8コアや64コアなどの(マルチスレッド)ベンチを期待するすべてのメトリックでわずかに遅いくなっています。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

6コアチップは、Geekbench 4上のHP Pavilion 23 AIO PCでもテストされ、2.00 GHzベースのクロックと、Stepping 0で2.90 GHzのブーストが報告されています。

チップは、シングルコアで3667ポイント、マルチコアで15843ポイント、OpenCLテストで32576ポイントのスコアを出しました。

これらのスコアは、マルチスレッドのサポートを備えた第10世代のモデルにもかかわらず、Core i5-9600Kよりもはるかに低くなっています。

ここでも、すべてのエンジニアリングサンプルの場合と同様に、クロック速度が問題になっています。

 

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUファミリについてわかっていることはすべて説明します

Intel第10世代デスクトッププロセッサファミリは、Comet Lakeとして知られています。

メインストリームデスクトップファミリの公式コードネームであるLake-S彗星は、洗練された14nm ++プロセスノードに基づいています。

このファミリーは、Intelの第9世代Core CPUファミリーに取って代わり、最近主力のCore i9-9900KSが発売されました(CPUの完全なレビューはこちらでご覧いただけます)。

10nmの量産はまだ大量展開には至っていないため、Intelはそれをスキップしますが、最近では、2020年に10nmデスクトッププロセッサのリリースが予定されています。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • パフォーマンスを強化するための最大10個のプロセッサコア
  • ポートの柔軟性のための最大30 PCH-H高速I / Oレーン
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

 

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

Intel 10th Generation Comet Lake-Sファミリは、最初に9つのSKUを使用して起動し、後でさらに多くのSKUを使用します。

これらは、Xeon W、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、およびCeleronパーツに分割されます。 驚いたことに、IntelはComet Lakeファミリ用に2つの異なるチップレイアウトを持っています。

10コアと8コアのバリエーションは、Comet Lake-S 10 + 2ウェーハに基づいており、残りの部分はComet Lake-S 6 + 2ウェーハに基づいています。

Intelのスライドによると、第10世代のComet Lakeファミリは、第9世代のプロセッサと比較してマルチスレッドコンピューティングワークロードのパフォーマンスが18%向上し、一般的なWindowsワークロードの第9世代の部品よりも世代が8%向上します。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

Intel第10世代Xeon Comet LakeデスクトップCPUファミリ:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ぷースト
クロック
キャッシュTDP価格
Intel Xeon
Vpro 10+2
10 / 203.1 GHz5.1 GHz20 MB80W不明
Intel Xeon
Vpro 10+2
10 / 202.0 GHz4.6 GHz20 MB35W不明
Intel Xeon
Vpro 8+2
8 / 163.2 GHz4.8 GHz16 MB80W不明
Intel Xeon
Vpro 8+2
8 / 163.2 GHz4.4 GHz16 MB35W不明
Intel Xeon
Vpro 6+2
6 /123.5 GHz4.7 GHz12 MB80W不明
Intel Xeon
Vpro 6+2
6 /122.4 GHz3.8 GHz12 MB35W不明

前に予想されたように、すべての第10世代コアSKUはマルチスレッドサポートを備えています。

Core i9ラインナップは10コアと20スレッド、Core i7ラインアップは8コアと16スレッド、Core i5ラインアップは6コアと12スレッド、Core i3ラインアップは4コアと8スレッドを取得します。 Pentiumのラインナップは、2つのコアと4つのスレッドでマルチスレッドをサポートします。

これにより、マルチスレッドのサポートを受け取らず、2コアと2スレッドに制限されるCeleronラインナップは除外されます。

「K」ロック解除されたSKUのいずれもリストに記載されていないことがわかります。つまり、それらは後でリリースされます。

「K」ロック解除SKUのTDPは、非Kモデルよりも高くなることに注意してください

Z490チップセットのサポートを特色とし、より主流を目指す非Kチップは、W480、Q470、およびH410チップセットベースのマザーボードを対象としています。

 

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

これにより、400シリーズプラットフォームと新しいLGAソケットに関連する次の話題に進みます。

Intelは、来年にも導入される400シリーズのマザーボードを備えた新しいソケットに実際に移行していることが確認されています。

LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lakeは、より高いピンカウントのパッケージに移行します
  • Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake LGAは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI/O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配しないでください。ハードウェアの変更は1点だけです。

Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。

上記の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外に、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを検討しています。

これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。

また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

 

Intel 400シリーズチップセットファミリ:

チップセット名Intel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
全HSIO
レーン数
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
30 レーン
(16 CPI
+ 14 PCH)
全PCIe 3.0レーン数
(CPU + PCH)
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
22(16 CPU +
6 PCIe 2.0)
チップセット
PCIe 3.0 レーン数
最大 24最大 24最大 246 (PCIe 2.0 のみ)
SATA 3.0
ポート数
最大8最大8最大84
最大USB 3.2 Ports
Gen 2 (10 Gb/s)
/ Gen 1 (5 Gb/s)
8/108/106/100/4
全USBポート数
(最大 USB 3.2 Gen 1
(5 Gb/s))
14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST テクノロジ
PCIe 3.0
ストレージポート数
3 PCH3 PCH3 PCH0
拡張シリアル
ペリフェラル
インタフェース
2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
オーバー
クロック
サポート
可能不可不可不可
Processor
PCIe Express 3.0
レーン数構成
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
or 1x8 + 2x4
1x16
ディスプレイサポート
(Ports / Pipes)
3/33/33/33/2
DMI 3.0
レーン数
4444 (DMI 2.0 Only)
メモリ
チャンネル数
/クロック
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/1
(DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。

Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。

W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。

CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポート、または10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、Intel RSTがサポートされます。

Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intel自身から後で入手できます。

ソース:wccftech - Intel Comet Lake-S 14nm Desktop 10 Core & 6 Core ES CPU Benchmarks Leak Out – Z490 Motherboards Spotted Too

 

解説:

Comet Lake-Sのまとめ記事のようなものです。

前半はベンチマークのリークですが、エンジニアリングサンプルのクロックが低すぎてあまり参考になりません。

10コア20スレッド、6コア12スレッドになることなどが確認できるだけ、スコアはあくまで参考程度になっています。

これが製品の性能だったら絶望的すぎますね。(笑

チップは10コアと8コアが10コアのダイてCore i5/i3が6コアのダイを使って生産されることになるようです。

また、W480とQ470、H410のソケットは互換性がなくなるようです。

こちらは切り欠きか何かでソケットがはまらないようにするんですかね。

H410の仕様を見ると、非常にコストダウンの進んだチップセットになるようです。

Core i3も4コア8スレッドになりますが、Ryzen4000シリーズAPU(Renior)とかなり良い勝負になるのではないかと思います。

両方ともシングルスレッド性能はCinebench R15で190強、マルチスレッド性能は990程度になるのではないと思います。

この数字はCore i7-7700Kとほぼ同じになります。

エントリーCPUが3世代前のハイエンドと同じ性能になるというのは凄いですね。

Comet Lake-Sに関してはRyzen3000シリーズと比較するとどうなるのかという話になっています。

人の心の移り変わりというのは残酷です。

最上位の10コア20スレッドモデルは、まあ、普通に考えれば12コア24スレッドなんて使わないので、10コア20スレッドでも同じようなものなのですが、残念ながら、PCマニアというのはそういう風に考えられない生き物なので、恐らくは、「Intelオワコン」の論拠にされると思います。(笑

何れにしても全モデルがマルチスレッド化してやることをやってきたという製品になることは確実です。

ユーザーはどんな判断を下すのか、発売日に注目です。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.