CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3970Xは140W ECOモードでテストされ、165W、Intel Core i9-10980XE CPUを粉砕

投稿日:

第3世代AMD Ryzen Threadripper CPUは先月発売され、IntelのHEDTはレビューがWebに掲載された瞬間を忘れていました。

1ヵ月後、第3世代のThreadripperプロセッサーはECOモードでテストされ、140Wでも165W Core i9-10980XEを破って、チップの非常に効率的なモンスターであることを明らかにしました。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970Xは絶対に効率的なモンスターチップで、Intelのトップ165W CPUをわずか140Wで破壊します

AMD Ryzen Masterユーティリティを使用して、Computerbaseでは、Ryzen Threadripper 3970X 32コアプロセッサをさまざまなTDPで実行することができました。

TDPの範囲は180W、140W、さらには95Wで、効率を上げるためにチューニングしたときにCPUがどのように動作するかを確認するだけでした。

AMD Ryzen Threadripper 3970Xには280Wの定格TDPがあり、3.7 GHzベースおよび4.5 GHzブースト(シングルコア)の定格クロックです。

低いTDPで実行すると、クロックは低くなりますが、負荷が高いワークロードで24時間365日実行したい場合に優れた効率を発揮します。

ストックチップは、280Wで約3.77 GHzですべてのコアを実行することが報告されていますが、180W TDPは3.37 GHzの低いクロックレートを生成しました。

これは、TDPを35%削減するために10%の周波数低下です。

180WのRyzen Threadripper 3970Xは、24コアのThreadripper 3960Xよりも高速で、シングルおよびマルチコアワークロードの両方でIntelのCore i9-10980XEよりもはるかに高速です。

CPUの最大消費電力も287Wから190W未満に低下します。これは、Ryzen Threadripper 2990WX 32コアチップよりも約65W低く、さらに優れたパフォーマンスを提供します。

Intel Core i9-10980XEの標準TDPでの消費電力は157Wで、AVXオフセットは2.3 GHzです。

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コアCPU ECOモードパフォーマンス(画像クレジット:Computerbase):

 

本当の魔法は、チップが140Wに設定されたときに始まります。ここでは、Ryzen Threadripper 3970X 32コアプロセッサーがRyzen Threadripper 2990WXとIntel Core i9-10980XEの両方を打ち負かしています。

1つは12nm 250Wチップで、もう1つは14nm ++ 165Wチップです。

これは、7nm Zen 2コアによって提供されるAMDの非常に高い効率を示すために始まります。 このチップには、140WでのRyzen Threadripper 3960X(280W)との緊密な呼び出しがあり、これも非常に印象的です。

95Wでは、チップは250W Ryzen Threadripper 2950X 16コアプロセッサとほぼ同じ速度です。

最も衝撃的な結果は、シングルコアテストでの95Wで、シングルコアクロックがはるかに低い95Wチップでさえ、95WでIntelのCore i9-10980XEと同等のパフォーマンスを発揮することです。

シングルコアは32コアほどTDPを必要としないため、95Wでも280W TDPと同じブーストレベルに近くなります

しかし、3970Xがシングルコアで最大4.80 GHzに構成されたIntel i9チップに追いついているのは、3970Xの4.5 GHzシングルコアブーストに比べて印象的です。

105Wメインストリーム16コアプロセッサであるAMD Ryzen 3950Xでさえ、ECOモード設定で素晴らしい結果を示しています。

HotHardwareは、ECOモードでチップを実行し、3950Xで構成されたストックのパフォーマンスレベルの85〜90%に達しつつ、総消費電力を50W削減しました。

3年前にIntel CPUの効率がAMDによって追い越される日が来ると私に言っていたなら、私はあなたがおかしいと言っていたと言ったでしょう

しかし、ここで私たちは2019年にあり、AMDはIntelを完全にノックアウトし、コア数だけでなく効率でも純粋な優位性を示しています。

AMDはまだ始まったばかりであり、AMDがZen 3について覆面広告を始める2020年には、IntelのデスクトップおよびモバイルCPUの取り組みがさらに面倒になるため、これは間違いなくIntelに関係するはずです。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3970X Tested at 140W ECO Mode, Still Wrecks the 165W, Intel Core i9-10980XE CPU

 

解説:

実はこの話題はツイッターで見ていました。

しかし、これ以上Intelをオーバーキルしても仕方ないかなと思ってスルーしていたのですが、wccftechが取り扱ったので観念して取り上げます。

Core i9-10980XEのシングルスレッド性能=3970Xを95W制限した時と同じ

Core i9-10980XEのマルチスレッド性能=3970Xを140W制限した時以下

ということがRyzen Masterを使ったテストにより完全に証明されてしまったということです。

もともとLGA2066のCPUは価値が文字通り半減していましたが、完全にこれで価値がなくなったと言って良いのではないかと思います。

性能で負けてしまえば電力バカ食いで高価なプラットフォームにすぎませんからね。

Ryzenシリーズの登場で一番割を食わされたのが、このLGA2066でしょう。

 

実はタマはある

実はIntelがThreadripperに対抗しようと思えばできないことはないです。

サーバー向けの56コア112スレッドCPUであるCascadeLake-APを引っ張ってくればよいだけですから。

しかし、CascadeLake-APはIntelの発表している推奨小売り価格が$13,012という信じられないほど高額なCPUであり、intelのサーバー向けの切り札と言ってもよいものなのでLGA2066(HEDT)には下せないでしょう。

※ もちろんピン数も足りないでしょう。

約140万円ほどする製品をおいそれとは出せないということです。

もうIntelはLGA2066に関しては終わったものとして考えていると思います。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.