CPU情報 その他

AMD、第3世代のRyzenおよびRyzen Threadripper CPUの市場ポジショニングを発表–すべての価格帯でIntelの第9および第10世代のコアCPUを圧倒

投稿日:

AMDは、第3世代のRyzenおよびRyzen Threadripper CPUのクイックリファレンスガイドを掲載し、2019年のすべてのプロセッサーと2020のフラッグシップであるRyzen Threadripper 3990Xの市場での位置付けを示しています。

 

AMD第3世代RyzenおよびRyzen Threadripper CPUのポジショニングが公開-Intelの第9/10世代CPU全体の取り組みを混乱させる

2019年後半には、AMDの最初の7nmコンシューマ向けメインストリームおよびハイエンドデスクトッププロセッサ、第3世代RyzenおよびRyzen Threadripperが発売されました。

これまでに合計6つのRyzenプロセッサーが公式に発売され、消費者が利用できるようになりましたが、2つのRyzen Threadripperプロセッサーが最近HEDT市場に参入しました。

以下は、AMDの2019年の第3世代ラインアップ全体です(ラインナップはRyzen 5 3400GおよびRyzen 3 3200Gを除く)。

  • AMD Ryzen Threadripper 3970X (32 Core / 64 Thread / $1999 US)
  • AMD Ryzen Threadripper 3960X (24 Core / 48 Thread / $1399 US)
  • AMD Ryzen 9 3950X (16 Core / 32 Thread / $749 US)
  • AMD Ryzen 9 3900X (12 Core / 24 Thread / $499 US)
  • AMD Ryzen 7 3800X (8 Core / 16 Thread / $399 US)
  • AMD Ryzen 7 3700X (8 Core / 16 Thread / $329 US)
  • AMD Ryzen 5 3600X (6 Core / 12 Thread / $249 US)
  • AMD Ryzen 5 3600 (6 Core / 12 Thread / $199 US)

リファレンスガイドでは、AMDは自社のプロセッサをIntelの第9世代および第10世代のCoreシリーズと比較しています。

AMD自体によって、Ryzen Threadripper 3970XはCore i9-10980XEと比較されます。

これはフラッグシップ対フラッグシップの比較であり、1ドルあたりのパフォーマンスにおいても、3970XはトップのHEDTセグメントで明確な勝者です。 Ryzen Threadripper 3970Xに続くのは、Core i9-10920Xと比較されている3960Xです。

3960Xは、700ドルで販売されているIntelの12コアパーツと比較して、1ドルあたりのパフォーマンスがはるかに優れています。

Ryzen Threadripper製品は、2倍のコストがありますが、Intelの価格調整済みの第10世代Xシリーズプロセッサーよりも高い価値を提供します。

AMDは、リファレンスガイドにRyzen Threadripper 3990Xフラッグシップ2020チップもリストしました。

チップはまだ発売されていないため、AMDはそれと比較するものを提案することはできません

しかし、Intelのラインナップを知っているので、2020年には64コアと128スレッドに近いものは存在せず、3990Xの「比較先」ガイドは、近い将来「不明」のままにする必要があります。

メインストリームのラインナップはもっと興味深いです。

競合他社がCore i9-9920XまたはCore i9-10920XであるRyzen 9 3950Xから始めます。

Intel CPUは700米ドルで12コアを提供し、AMDはさらに50米ドルで16コアを提供し、より高い4.7 GHzブースト速度を特徴としています。

AMD Ryzen 9 3950Xは、ここでのレビューで見られるIntelのフラッグシップHEDT CPUであるCore i9-10980XEに対しても非常に競争力があります。

12コアと24スレッドを備えたAMD Ryzen 9 3900Xは、8コアと16スレッドを備えたCore i9-9900Kに対して配置されています。

両方のCPUの価格は約499ドルですが、これらのプロセッサーは在庫がありません。

1つは需要が高いため利用できず、もう1つは14nmの供給問題のため利用できません。

AMD Ryzen 7 3800Xは8コアと16スレッドを399 USドルで提供しますが、Core i7-9700Kは8コアを提供しますがスレッドを8に削減し、385ドルもしています。

Ryzenを使用すると、スレッドが増えるだけでなく、キャッシュとPCIeレーン(Gen 4)も増えます。

Ryzen 7 3800Xのコストが少し高すぎる場合、AMDには別の8コア16スレッドチップ(329ドル)があります。Ryzen7 3700Xは、65W TDPとオーバークロック用のロックされていないデザインの驚くべき8コアプロセッサです。

Ryzen 7 3700Xは、Core i7-9700Kに対しても競争力があります。

 

最後に、6個のコアと12個のスレッドを備えたAMD Ryzen 5 3600パーツがあり、マルチスレッド機能を備えていないCore i5-9600シリーズプロセッサを単純に粉砕します。

Ryzen 5 3400GおよびRyzen 3 3200Gプロセッサーもあり、これらのプロセッサーの価格は約100ドルです。

予算内でユーザーに優れたグラフィックパフォーマンスを提供しますが、Ryzen 4000シリーズAPUの形で来年アップグレードされる12nm Zen +アーキテクチャに基づいています。

それだけでは不十分な場合、AMDは最近、49ドルの米国Athlon 3000Gを導入しました。

全体として、IntelのメインストリームとHEDTプロセッサーの両方を共有する第3世代Ryzen CPUが、AMDが世界中のDIY市場でこれほどうまく機能している理由を見ることができます。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/128不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
20172018201920202021?

HEDTおよびメインストリーム コア/スレッド数競争:

20162017201820192020
AMD HEDT無し16 / 3232 / 6432 / 6464 / 128
Intel HEDT10 / 2018 / 3618 / 3618 / 36
28 / 56
(Xeon W-3175X)
18 / 36
28 / 56
(Xeon W-3175X)
AMD メイン
ストリーム
8 / 88 / 168 / 1616 / 3216 /32
Intel メイン
ストリーム
4/86 / 128 / 168 / 1610 / 20

最後に、6個のコアと12個のスレッドを備えたAMD Ryzen 5 3600パーツがあり、マルチスレッド機能を備えていないCore i5-9600シリーズプロセッサを単純に粉砕します。

Ryzen 5 3400GおよびRyzen 3 3200Gプロセッサーもあります。これらのプロセッサーは約100 USドルで、予算内でユーザーに優れたグラフィックパフォーマンスを提供します。

まだ12nm Zen +アーキテクチャに基づいており、来年Ryzen 4000シリーズAPUの形でアップグレードされます。

それだけでは不十分な場合、AMDは最近、49ドルの米国Athlon 3000Gを導入しました。

全体として、IntelのメインストリームとHEDTプロセッサーの両方を共有する第3世代Ryzen CPUが、AMDが世界中のDIY市場でこれほどうまく機能している理由を見ることができます。

ソース:wccftech - AMD Unveils 3rd Gen Ryzen & Ryzen Threadripper CPUs Market Positioning – Crushing Intel’s 9th & 10th Gen Core CPUs At Every Price Point

 

解説:

3950Xと第三世代Threadripperの発表によって、Intelの現行製品のすべてのポジショニングを崩してしまったという話です。

周知のとおり、11/30に日本でも3950Xと第三世代Threadripperが発売されました。

どちらも非常に高価なCPUですが、価格に見合った高性能でIntel製品を圧倒しました。

2019年の年末商戦は圧倒的にAMDです。

AMD製品が強かったというだけでなく、Intel製品の供給不足も響いていると思います。

Intelは2019年Q3には品不足が解消するとしていましたが、OEM幹部からは「依然として供給不足は続いている」とコメントが出ています。

それを証明するかのようにサムスンの工場でIntel製品が生産されるという非公式のうわさも出ています。

他社に性能で負け、さらに製品の供給不足によって販売に支障が出るというのは私の記憶では過去になかった事態です。

今後、Intelがどのようにこの事態に対処するのか、注目です。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.