CPU情報 その他

EHA調査によると、ヨーロッパのユーザーの60%がAMD CPUを好む

投稿日:

AMD logo

欧州ハードウェア協会による独自の調査では、AMD CPUを好むユーザーが全回答者の60%以上を占めていることがわかりました。

これは2018年の40%から増加した数値であり、AMDの非常に成功したZenアーキテクチャと、7nmノードでのプロセスリーダーシップが原因である可能性があります。

EHAからのプレスリリースはこちらでご覧いただけます。

 

EHA:大多数のヨーロッパ人はAMD CPUを好む

数年前、Intelがプロセッサをほぼ完全に独占し、AMDプロセッサを真剣に検討した人は誰もいなかったとは信じられません。

ランドスケープが今では大きく異なっているように見えることは、会社の回復力の証です。

2019年後半の時点で、AMDはチャンピオンに、Intelは弱者によく似ています。

このEHAからの独立した調査は、Wccftechの調査でも確認したことを再確認し、AMDプロセッサーへの消費者心理のシフトを示しています。

AMDの2017年初頭の純関心は約40%でしたが、残念なことに2016年の初期の数字はありません。これは、会社の出発点のベースラインを示すためです。

これは、2019年初頭に急速に50%に跳ね上がり、2019年下半期には60%を超えました。(Intelからの2回目の値下げを除く)。

EHAのKoen Crijns会長は、結果について次のように述べました。

 

EHAのKoen Crijns会長は次のように述べています。

「RyzenシリーズのCPUにより、AMDは優れた価格/性能比を提供しながら、残存するパフォーマンスギャップを排除しました。」

「ここ数か月で50%から60%に急増したことは、AMDの最新の第3世代RyzenデスクトップCPUの発売によって説明できます」とCrijns氏は述べています。

「Ryzen 3000は、マルチスレッドワークロードだけでなく、PCゲームのような軽度にスレッド化されたアプリケーションでも優れたパフォーマンスを提供します」。

「Nvidiaは依然としてこのセグメントの支配的な勢力であり、EHAの出版物を読むテクノロジー愛好家、早期導入者、インフルエンサーの72.8%がGeForceを選択しますが、

AMDの積極的な価格設定のRadeon RX 5700および5700 XT製品の発売が影響を与えました」とCrijns氏は説明します。

「5月に、読者の19%未満がAMDグラフィックスを選択していました。

今日、その数は23%に近づいています」。

「最近の調査では、AMD GPUを好む人は、ほとんどすべてをAMD CPUと組み合わせることが示されています」とCrijns氏は述べています。

「Intel CPUとAMD GPUの組み合わせは、結果の2.9%しか占めていません」。

出典:EHA

EHAは、消費者心理の大規模な変化のためにAMDの第3世代のRyzenおよびThreadripper部品の発売を評価しています

-これは、7nmが会社に導入され、AMDが「価値」の選択肢から「絶対的な最高のパフォーマンスと価値」の選択肢に卒業したことを考えると、驚くことではありません。

現在AMDに欠けている唯一のものはGPU側であり、これは2017年にさかのぼって排他的に話したものであり、AMDの優位性の上昇にRTGがどのように付随するかについてです。

AMDはCPUで最高のパフォーマンスを発揮しているが、NVIDIAはそうではないが7nmプロセスであるという事実を利用して、GPUで価値観を追求することができる。

7nmプロセスは、NVIDIAの12nm NFF(本質的に再パッケージ化された16nm FF)と比較して深刻な規模の経済を提供し、AMDはそれを利用してグリーンから市場シェアを奪います。

AMDのシェアはわずか2-3ドルから40ドルに急騰し、1つ確かなことは、AMDが再びGPU側を最高の形にした場合、価格が再び上昇することです。

ソース:wccftech - 60% of European Users Prefer AMD CPUs According To EHA Survey

 

解説:

欧州ハードウェア協会の調査によると、AMDの方が好ましいと答えたユーザーの割合が60%を超えたとのこと。

Intel、AMDともにアメリカの企業であり、敗者には容赦ないというのは欧州人らしいです。(笑

一応Intelはヨーロッパのサッカーリーグにチームも持っているはずなのですが、その割には本当に容赦がないです。

こうなってしまった原因の一つとしてはやはり、ここ最近のCPUの供給不足でユーザーのここがすっかり離れてしまったということも影響しているのではないかと思います。

「売りたくても売れない」「欲しくても買えない」という状態が長く続いた上に性能でもAMDが上回ってしまいました。

Ryzen3000シリーズも上位のRyzen9が品薄と言えば品薄ですが、SocketAM4自体がRyzen1000シリーズの時代から互換性があり、影響が相対的に少ないです。

順調に進化を続けるRyzenとそれを迎え撃つIntel、1年でまるっきり立場が逆転してしまいました。

こういうことがあるので半導体の世界は面白いです。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.