CPU情報

AMD「Zen 4」5nm製品は2021年に発売予定、5nmの歩留まりはすでに7nmを超えています

投稿日:

AMD Ryzen Logo

AMDは最近真っ赤になっており、何も問題はないようです。

China Timesからのこのレポートが信じられる場合(そしてこれは普通は信頼できる情報源です)、TSMCの5nmテストは非常にうまくいき、AMDを含む最初の3人の顧客は既にロックされています。

China Timesが取得したスケジュールによると、AMDの5nm製品は2021年初頭に上陸し、2020年に5nmの量産が予定されています。

 

AMDがTSMC 5nmの生産能力を獲得する最初の3人の顧客のうち、NVIDIAが姿を消している

レポートで聞いて本当に驚くべきことは、TSMCの5nmの歩留まりがすでに7nmを超えていることです。これは非常に偉業です。

これは、TSMCの5nmが予想よりも早く実行可能になり、7nmから5nmへの移行も本格的に開始できることを意味します。

生産能力の最初の波をつかむことができる3つの顧客は、Apple、HiSilicon、AMDです。

Appleが最初の一口を得るのは驚くことではありませんが、NVIDIAがこのリストに載っていないのは興味深いことです-私は彼らがプロセスの優位性をつかむために真っ先に並んでいると思っていました。(ただし、これは7nm GPUをまだ発売していないことを考えると疑わしい仮定かもしれません)。

私の理解では、NVIDIAがまだ7nmに移行していない理由は、歩留まりの問題です。

TSMCがすでに7nmよりも高い5nmの歩留まりを達成している場合、この統計は2021年までにしか改善しないと推測できます。

NVIDIAが製品の最初の一口を手に入れることができなくなった場合、AMDがGPUの側面を復活させてカムバックすることを決定すると、彼らは不利になる可能性があります。 。

一方で、Intelのプレッシャーはさらに大きくなりました。Intelは10nmをプッシュするのに苦労しており、2021年までに7nmを達成することを目指しています。-Intelの7nmは(TSMCの)5nmにほぼ等しく、EUVに基づいているため、EUVに基づいていない10nm(直感的ではない)よりも実行しやすいはずです。

Intelが2021年までに7nmに到達できる場合、少なくとも、TSMCと同等の立場になります。

他のシナリオでは、Intelがさらに市場シェアを失い、株価が暴騰することを意味します。

TSMCの5nmプロセスは、レポートによると50%の歩留まりを超えており(これは現在7nmの歩留まりと思われます)、月間生産能力は50000ユニットから70000ユニットに増加し、80000ユニットが境界線上にあります。

新しい5nmプロセスは、古い7nmプロセスの1.8倍の密度であり(AMDのMCM哲学のスケーラビリティをさらに提供)、クロック速度を15%向上させることができます。

これは、現在それぞれ4.4 GHzと1700 MHzをカバーしているCPUとGPUが5.0 GHzと1955 MHzを簡単にマークをできることを意味します。

正直なところ、AMDの運は尽きることがなく、同社の現在の株価は上昇するだけです。

TSMCが業界をリードし、AMDの受賞歴のあるZenデザインを導入し、他の誰よりも安い価格で処理しているため、消費者が今できる唯一の不満は、GPU側にも少し注意を向けることです。

彼らが言うように、肝心なのは価格です。

ソース:wccftech - AMD ‘Zen 4’ 5nm Products Will Launch In 2021, 5nm Yield Has Already Crossed 7nm

解説:

Ryzwen5000シリーズは2021年予定か

Ryzen4000シリーズが2020年Q4予定ということになっています。

しかし、Ryzen5000シリーズは2021年予定ということになっています。

私は普通に遅れると思っています。

早くても2021年Q4だと思います。

まず、製品の販売期間を1年未満とするのは機会損失があるのではないかとという販売政策上の問題、そして、3950XやThreadripperが遅れているように、リソース不足や製造プロセスの遅れが原因でリリースが遅れる製造上の問題です。

現在は7nmでこの問題にぶち当たっているわけですが、歩留まりが低すぎてAppleにA13が供給できなかった7nmEUVで歩留まりがクリアできるのかどうかという問題です。(A13はN7Pです。)

これら数々の問題を考慮に入れると2021年早期というのは難しいのではないかと思います。

本来であれば9月に3950XとThreadripperは発売していたはずだと思いますが、スケジュールが後ろにずれ込み、工場のリードタイムも伸びていることを考えると、楽観視は出来ないかなと思います。

AMDはGFをメインFabにしていた時はペーパーローンチ(発表だけして発売しないことです)の嵐でしたので、イマイチAMDの予定するスケジュールを疑ってかかる癖がついているので、先入観はあるかもしれません。

それはお断りしておきます。

どちらにしても先の話になりますが、問題なのはRadeonの製造をどうするのかということですね。

このまま順調に行けばIntelとは最悪の場合でも互角でしょうが、nVidiaはプロセスで買っていても販売では負けています。

この圧倒的に不利な戦況を5nmを矢継ぎ早に投入することでひっくり返せるのかどうかは注目だと思います。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/09/25 19:58:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥47,231 (2020/09/25 19:56:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/09/25 19:56:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/09/25 19:58:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.