その他

IntelはCPUを製造するためにSamsung Foundriesを利用しました[非公開]

投稿日:

12:49 AM GMT + 5 11/30/2019を更新します。インテルはこの話にコメントし、韓国の出版物からの噂を完全に否定しました。

完全な声明は次のとおりです。

「先週の手紙は、ファウンドリの使用を増やして、Intelでより多くのCPUを構築できると述べています。CPUに対するサードパーティのファウンドリの使用に関するニュースレポートは不正確です。」

 

韓国の出版物からのこのレポートが信じられるとすれば、決して起こり得ないことですが、インテルは主要な収入源であるCPUの一部を製造するためにサードパーティのファウンドリを利用しています。

明確にするために、Intelは以前にTSMCを利用してノースブリッジのような非必須チップを製造していましたが、常にコア製品となるプロセッサを社内で作成しました。

このレポートが当てはまる場合、インテルがCPUを製造するためにサードパーティのファウンドリを利用したのは史上初めてです。

 

サムスン、Intelがプロセッサの供給需要を満たすのを支援

わずか1週間前、Intelはパートナーに、供給の問題を修正しないことを謝罪し、既存の(および今後の)四半期にCPU需要に対応できないことを警告する公開状を送りました。

これに続いて、DellなどのOEMが大幅に減少した予測を発表し、Intelの責任を安全に固定しました。

問題は単純で、私は「プロセスランプジレンマ」と呼んでいます。

インテルには、使用できるCAPEXの有限量があり、現在、既に7nmプロセス(Intelの10nmに相当)に移行しているTSMCなどのファウンドリに遅れをとっています。

 

サムスン電子は、Intel向けデスクトッププロセッサチップの製造受注を獲得し、比較的弱いファウンドリビジネスを強化する意味のある推進力を得ました。

業界筋によると、IntelはPC CPUの急増する需要に対応するのに苦労しており、世界の2つの最大のファウンドリであるTSMC of TaiwanとSamsung Electronicsに手を差し伸べているとのことです。

Intelは過去に基本的なチップ部品の供給を外注しましたが、米国の半導体大手が主力CPUのために外部企業に頼るのは初めてだと、情報筋は言いました。

現在、Intelは、既存の14nmファウンドリのキャパシティを拡張するために割り当てられた資本的支出を使用することができます(同じ金額を7nmに投資しないというコストで)。 または、その資本的支出を使用して7nmへの移行を加速することができます

しかし、14nmの需要が満たされないため、AMDに市場シェアを譲ることになっています。(そして最終的にAMDの代わりとなる製品が市場に溢れます)。

おわかりのように、Intelはそれ自体、まれな敗北状態に陥りましたが、サードパーティのファウンドリ使用を打診することは、このような状態をごまかす1つの方法です。

KTB Investment&Securitiesのアナリスト、キム・ヤンジェは、次のように述べています。

「来年、インテルとクアルコムからより多くのチップの注文が来る可能性があります。」

ここで問題のレポートは、サムスンファウンドリー(私が付け加える可能性のある巨大なビジネスであり、Intelのビジョンに沿ったより大きな財政的に並んだもの)が、Intelが製品として出荷する実際のCPUダイを製造する契約を結んだことを示しています

これは、Intelが生産に必要とする厳しい基準のために、私たちの多くが決して起こらないと思っていたことです。

実際、Sandbridge時代には、コスタリカと他の場所で製造されたCPUの間で消費者の感情にかなりのばらつきがあったことを今でも覚えています。

Intelが実際にSamsung Foundriesを利用した場合、さらに厳しい場合に同様の問題が発生する可能性があります。

IntelのCopy Exactly SOPは社内のファウンドリ用に作成されたものであり、その場合でも消費者は2つのファウンドリ間のばらつきを疑っていましたが、この場合ファウンドリは実際には異なります。

サムスンFab製のCPUは、Intelのものよりも信頼性が低いのでしょうか? またはその逆でしょうか? それは時間だけが教えてくれます。

Intelに公平を期すために、私は彼らが問題を解決するためにできることを1つだけ行うと確信しています。

これを実現するために、Samsungとプロセス技術を共有します。-そして、彼らはもはや進んだプロセスを持っていないことを考えると、それはもはや大きな意味はありません。

インテルのファウンドリービジネスにとってこれが意味すること

これは明らかですが、サードパーティのファウンドリ使用を打診するすると、Intelは既存の14nm設備に資本的支出を費やすことなく、できるだけ早く7nm EUVへの移行に集中することができます(現時点では10nmへの移行はまだ途中です) 。

確かにマージンは減少しますが、Intelが目指していることの1つは、厚くてもうけの多いマージンです。

したがって、生存のために十分な余裕があります。

ただし、これにより、インテルのファウンドリービジネスの将来について興味深い疑問が生じます。

すでに設計面で失敗しており、サムスンが貴重なパートナーであることが判明した場合、Intelが望むなら、最終的なスピンオフへの道を開くことができます。

Global Foundriesで見たように、社内のファウンドリのスピンオフは非常に厄介な問題であり、以前と同様に会社を制約することになりかねません。

とにかく、このレポートが真実であることが判明した場合、それはIntelが2020年の第1四半期の終わりまでに需要を満たすことができることを意味します。-そして、それはそれがAMDに譲る市場シェアの量を減らします-これは、インテルの投資家にとって安心すべきものです。

ソース:wccftech - Intel Has Tapped Samsung Foundries To Manufacture CPUs [Debunked]
解説:

ツイッターではすでにツイートしましたが、intelがコア製品であるCPUの生産を外部の工場=サムスンの半導体工場に委託するという話が出ています。

Intelは公式にこれを否定していますが、そのような噂が流れているようです。

もしこの噂が真実だった場合、初めてのことであり、Intelの半導体製造の「できる限り正確に複製を作る」という理念にどのような影響を与えるのかという疑問が出ています。

Intel製のCPUとサムスンFabのCPUで評価に差が出るのかどうかなども含めて、やって見なければわからないと記事中では結論づけています。

また、この状態が進むと、AMDがGlobal Foundriesを外に出したような事態に進むのではないかという懸念にも触れられています。

この話が本当だった場合、2020年の泰一四半期にはIntel CPUの供給不足は解消されるのではないかとしています。

「売りたくても売るものがない」というかなり困った状況になっている、Intelと取引先にとって、プライドをかなぐり捨てでも他社の工場で生産するというのは良い解決策だと思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.