その他

AMD Ryzen CPUは、韓国DIY市場でIntelコアCPUを超える売り上げを継続 - 史上初めて53%の市場シェアを獲得

更新日:

赤いチームがもう一つの市場シェアのマイルストーンを達成したように、AMD Ryzenが韓国のDIY市場でIntel Coreプロセッサを超える好調な販売を止めることはできません。

ShopDanaの報告によると、AMD Ryzenプロセッサーは、韓国のIntelの47%に対してCPUの市場シェア全体の53%に達しました。

 

韓国でIntel Core CPUを超える売り上げを上げ、AMD Ryzen CPUが史上初めて53%の市場シェアを獲得

前回のレポートで、AMD Ryzenプロセッサーが史上初めて韓国市場でIntel Coreプロセッサーのアウトセルを開始した方法について説明しましたが、それだけではありません。

Ryzenの勢いは続き、AMDプロセッサはその後数か月でIntelよりもさらに高い市場シェアを獲得しました。

10月の韓国におけるAMDのCPU市場シェアは、9月の51%から53%に上昇しました。 Intel CPUの市場シェアは9月の49%から10月の47%に低下しました。

47%は、Ryzen 3000シリーズが導入される前のIntelの最近の歴史で最も低い市場シェア数です。

AMDのZen 2コアプロセッサがリリースされる前、Intelは平均市場シェア60%を安定して享受していました

しかし、14nmの供給の問題と、進行中のコア戦争で競争力を失い、IPCの向上がほとんどないため、韓国のDIY市場での消滅につながっています。

CPUベンチマークによると、2019年第4四半期のAMD Ryzenプロセッサのシェアは30.3%で、Intel Core CPUのシェアは69.7%でした(データは11月16日まで集計されました。)

これらの数値は主に使用中のCPUのものであり、他の小売業者ベースの数(MindFactoryなど)の場合のように販売されたCPUの総数ではありません。

また、数値は特定の地域ではなく地球全体のものであるため、すべてのユーザーデータがCPUBenchmarkに送信されていることは一考に値するでしょう。

まあ、MindFactoryについても述べたので、AMDの売り上げは依然として非常に好調であり、小売業者の第3世代Ryzen CPUの売り上げにとって10月がまた大きな月であったことを示しています。

参考記事:AMDは10月にドイツ最大の小売業者であるMindfactory.deでチョークホールドを保持

これで、さまざまな小売業者およびデータベースからの3つの異なるデータポイントを示しましたが、Mercury Research(Tomshardware)のDean McCarronからの最新の数値も表示します。

独立したCPU市場アナリスト会社であるMercury Researchは、しばらくの間、AMDおよびIntel CPUの市場シェアレポートを共有しています。

最新のデータによると、AMDデスクトップCPUの市場シェアは、2019年第2四半期の17.1%と比較して、2019年第3四半期の18%です。これは、前四半期から0.9%、前年から5%の増加です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5
3500
Ryzen 5
3500X
Ryzen 5
3600
Ryzen 5
3600X
Ryzen 7
3700
Ryzen 7
3700X
Ryzen 7
3750X
Ryzen 7
3800X
Ryzen 9
3900
Ryzen 9
3900X
Ryzen 9
3950X
コア数/
スレッド数
6/66/66/126/128/168/168/168/1612/1412/1416/32
ベース
クロック
3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz不明3.9 GHz3.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブースト
クロック
4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz不明4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ
(l2+L3)
16 MB32 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIeレーン数
(Gen 4 CPU+PCH)
4040404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W105W65W105W105W
価格
(USドル)
$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$349 US?$399 US$449 US?$499 US$749 US

AMD Ryzen 3000シリーズの製品ラインは現在、199ドルから始まり、11月25日に小売店で発売される主力製品のRyzen 9 3950Xなど、最大749ドルまでのプロセッサで構成されています。

Athlon 3000G、Ryzen 5 3500X、Ryzen 5 3500などのさらに多くの予算オプションが登場すると、特に、これらの150ドル未満のプロセッサーが低価格帯やeSportsゲームカフェで非常に人気があるアジア太平洋地域では、市場シェアがさらに高くなっていることがわかります。

独自の調査の結果は、より多くのハードウェア愛好家がPCでAMD CPUを使用していることを示しており、DIYセグメントでのAMDの台頭をさらに認識しています。

ソース:wccftech - AMD Ryzen CPUs Continue Outselling Intel Core CPUs in DIY South Korean Markets – Reaches 53% Market Share For First Time in History

 

解説:

ドイツの小売業者MindFactoryの売上データのほか、韓国のデータがまた出ましたので、取り上げます。

韓国のDIY市場ではAMDがシェア53%で史上最高となったようです。

残念ながらこれはDIY市場のみの話です。ドイツの小売業者MindFactoryの売上データも同じです。

では全体はどうかと言うと、Mercury Researchという会社の調査ではAMD18%、Intel82%と圧倒的な差がついています。

Ryzenの発売以降は売り上げを伸ばし、シェアを2倍に伸ばしましたが、それでも18%です。

intelはOEMが非常に強いので、全体のシェアでみるとやはり圧倒的に強いです。

最近はOEMでもAMDの採用が伸びているようですが、全体として見るとやはりIntelが強いことに変わりはありません。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.