その他

IntelがXbox OneとScorpio SoCのチーフアーキテクト:John Sellを引き抜く

更新日:

私はちょうどIntelがXboxの取り組みに貢献するために最も著名な建築家の一人を密告したという言葉を得ました。

John Sellは、Xbox One、Scorpio、およびScarlett SoCのチーフアーキテクトであり、Intelフェロー(研究員)としてIntelのアーキテクチャ部門に参加しました。

私が言われたことから、ジョンはインテルのアーキテクチャー、グラフィックスとソフトウェアのためのセキュリティに取り組んでいるでしょう。

言い換えれば、この男はRaja Koduri氏によって採用されました。

彼は今、Intelのチーフアーキテクトです。

 

IntelはXbox OneのチーフアーキテクトJohn Sellを雇う

John氏のスキルはIntelにとって非常に有益であることが証明されようとしています。

なぜなら、低電力グラフィックSoCが最も向いている用途の一つはコンソールだからです。

Intelがゲーム機にSoCを供給することになっても不思議ではありません。

しかし、これは面白いことです、ジョンは最初AMDの人でした。

1997年から2005年までマイクロソフトに赴任する前からAMDのシニアフェローになっていました。

その外観から、IntelはOG-AMDに変わっています。これは、AMD自体が今ある以上のものです。

同社は今のところ非常に積極的に才能を採用しており、Tesla、Google、そしてもちろんAMDやNVIDIAのような会社から人々を左右にヘッドハントしています。

同社が事実上あらゆるアプリケーションのためにそこから引き出すための膨大な才能のプールを持つことを自らが位置づけていることは明らかです。

コンソールとSoCは、この早い時期に同社の焦点になることはありませんが、最終的にはほぼ確実になるでしょう。それが、John Sellのスキルと経験が大きな価値をもたらす可能性があるところです。

熱望するグラフィックス会社として、私は彼らがセミカスタム市場に目を向けていると確信しています。

今のセキュリティに焦点を合わせることはまた、将来的には野生の雑草のように出現しているように見える幽霊(およびその多くの子孫)ベースの攻撃ベクトルから自らを将来的に証明することを可能にします。

これはIntelからのかなり大きな動きであり、同社が送信しようとしているメッセージングは日に日に明確になっています。

この膨大な才能で、Intelは今すぐにアクセスすることができます、あとは来るべき時に来るべ製品を提供することだけです。

2020年には間に合いそうにありませんが。

ソース:wccftech - Intel Poaches Chief Architect Of Xbox One and Scorpio SoCs: John Sell

解説:

真に強力な大企業とは変化を恐れない

この話がどういう話かというと、次世代Xbox用のSoCを開発したAMDのJohn Sellを引き抜いたという話です。

intelはRaja氏に続いて、AMDの研究員をガンガン引き抜いています。

これはとりもなおさず、現時点でAMDの勝利を認めいてるということです。(笑

責任問題になりがちな大企業で自らの間違いをあっさり認めてこうした行動がとれるということが如何に難しいかは想像に難くないのではないかと思います。

以前の記事でこう触れました

NetflixはE3にパネルを主催し、ゲームに関するニュースを流す予定です。

パナソニック社長の「今のままでは10年も持たない」発言、その真意

会社を変えなければいけないことは、リーダー自身深刻に受け止めている。ただ、何をどう変えるのか。まだ誰にもわからない。

私は日本企業の批判というものを繰り返していますが、上の苦悩というのは結局はオナニーなわけですよ。

「ぼくちゃんこんなに頑張っているのに業績が回復しないし、方法がわからない」

と言ってる経営トップってどう思いますか?

これを許す日本の社会とか、話を聞いてあげるマスコミとかも気持ち悪いし頭おかしいと思います。

本来苦労話というのは終わってからするものであり、してる最中にするものではないです。(笑

私は企業が生き残るためにリストラするのは全然ありだと思います。

もちろんそれによって、何千人の人が路頭に迷って、自殺する人も中にはいるかもしれません。

家族が散り散りになったり、首を切られた人の子供は大学などをやめなくてはならないかもしれません。

切られる人は気の毒ですけど、会社がつぶれるよりはマシです。

でも企業のトップが「どうしていいのかわからない」というのは完全にアウトです。

切られた人から見たら許せるセリフじゃないですよね。

「どうしていいのかわからない」というのは「経営者として私は無能です」と言ってるのと同じです。

同じく、一方では会社から必要とされてないことを理由に首を切りその人たちの人生を滅茶苦茶にしながら、自分はオナニーにふける

こういう奴をどう思いますか?

私的には、こんなクソみたいな甘ったれ坊主は「じゃあ辞めろ」でFAです。

今の日本の社会はこのクソみたいな甘ったれ坊主の集まりが無茶苦茶にしてしまったということです。

競争社会で「大変だ」と言えば同情されると思ってる甘ちゃんが勝ち残れるわけがありません。

 

正しい企業の在り方というのはintelのようなあり方だと思います。

苦悩してる暇があったら正しいやり方を知ってる人材をガンガン引き抜いてくる。

「どうしていいのかわからない?じゃあ知ってるやつを連れてこい」という発想ですね(笑

エゲツ無いと思いますし、格好が悪いと思います。

しかし、倒産するよりははるかにマシですよ。

倒産というのは最大の責任逃れですからね。

intelというのは恥や外聞をかなぐり捨てて行動できる大企業です。

少なくとも日本から見たら稀有な資質だと思います。

結果を出すためには「恰好悪い」とかそういうことは一切言わない、「どうしていいのかわからない」とか言ってる暇があったら行動して、気が付いたら(外部の人が知る時には)すでに行動が終わってるとかそんな企業です。

intelがこれらの人材を引き抜いてどんな製品を出してくるのかわかりませんが、確実に優秀な製品を出してくると思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.