その他

Intel Meteor Lake-SのデスクトップPCチップ用CPUインターポーザー

投稿日:

デスクトップ向けのMeteor Lakeは、噂に違わずラインナップされるかもしれません。

噂ではそうではないとされているが、Intelの第14世代Meteor Lakeプロセッサーは、結局のところデスクトップ空間でデビューする可能性がある。

LGA1851 Meteor Lake-Sインターポーザーが何かを示しているとすれば、IntelはMeteor Lakeのデスクトップ用バリエーションをテストしているように見えます。

もしかしたら、このツールは他の内部目的を果たすものかもしれないので、期待しない方がいい。

LGA1700ソケットがデビューする前から、LGA18xxソケットの話も出ていた。

LGA1700には、第12世代Alder Lakeプロセッサと第13世代Raptor Lakeプロセッサが搭載されています。

したがって、Raptor Lakeの後継は、それがMeteor Lakeであろうとなかろうと、新しいソケットでデビューすることになりそうだ。

Intelのソケットへのコミットメントが、AMDのように決まっていないことはよく知られている。

例えば、AMDは最新のAM5ソケットを2025年以降もサポートすると公言している。LGA1200ソケットのような以前のIntelソケットを見ると、2世代のプロセッサーにしか対応していないのです。

ハードウェアリーカーのmomomo_us(新しいタブで開く)は最近、LGA1851-MTL-Sインターポーザー(Q6UB1851MTLS)を発見し、IntelがMeteor Lake-Sデスクトップチップを準備しているかもしれないと暗に示しているかのようです。

インターポーザーの仕事は、ソケットや接続部を別のものにつなぐ電気的な導管を提供することです。

しかし、技術仕様書や文書にアクセスできなければ、Meteor Lake-Sインターポーザーの本当の目的を推測することは難しい。

インターポーズは1,851個の接点を示し、LGA1851の呼称と一致する。これがMeteor Lakeのデスクトップ用ソケットだと仮定すると、現在のLGA1700ソケットから8.9%だけ接点が増えたと見ることもできます。

しかし、前回のLGA1200ソケットからLGA1700ソケットへの移行では、41.7%のコンタクトの増加がありました。

以前、Intelの文書とされるものがリーク(新しいタブで開く)され、次期Meteor Lake(MTL)プロセッサに14th Generationという名称が使用されることが指摘されたはずです。

しかし、この文書では、Meteor Lakeがモバイル、デスクトップ、あるいはその両方に登場するのかどうかは特定されていません。

例えば、Tiger Lakeのように、特定のIntelマイクロアーキテクチャがモバイルセグメントに留まることは、前代未聞のことではありません。

この文書では、Tiger Lakeは第11世代のセクションに含まれているため、この文書ではモバイルとデスクトップの両方のラインナップを考慮している。

未確認のIntelロードマップは、Meteor Lakeが近い将来デスクトップに登場しない可能性を暗示している。

しかし、このロードマップは、Intelが第3四半期のリリースに向けてRaptor Lake Refresh(RPL-R)を準備していると多くの人に信じさせている。

したがって、噂されているRaptor Lake Refreshが、IntelのLGA1700ソケットの最後の製品であるというのはもっともな話である。

Intelは最近、Meteor Lakeで多くの前進を遂げている。

チップメーカーは最近、いくつかのLinuxパッチを展開し、次期Meteor LakeチップのL4キャッシュを示唆しました。

また、Meteor LakeのL4キャッシュを確認するIntelの特許も登場し、IntelはL4キャッシュに「Adamantine」という呼称を使用しています。

モバイルMeteor Lakeは今年発売される予定であり、デスクトップ型がIntelの計画にあるとすれば、Raptor Lake Refreshに何らかの信憑性があると仮定して、おそらく2024年まで発売はしないであろう。

ソース:Tom's Hardware - Intel Meteor Lake-S CPU Tool Surfaces for Desktop PC Chips

 

 

 

 

解説:

MeteorLakeのデスクトップ向けインターポーザーが発見される?

果たしてこれが当初からラインナップされていたTML-Sの残骸なのか、それともまだラインナップに残っており、いずれ発売されるものなのかははっきりしないようです。

今年はあくまでもRaptor LakeのRefreshが出ると言われており、Meteor Lakeのデスクトップ版が発売される可能性は低いとされていますが、今年のことにも関わらず、今のところハッキリとした情報はありません。

Raptor Lake Refreshなら同じソケットが3世代続くことになりますし、Meteor LakeならばCore i9は出ないということになります。

※ もっともRaptor Lake Refreshの型番は13XXXになると言われていますので、正確に言うと13世代が2年続くということになります。

どっちも有りそうな話ですが、それだけに今のところどっちになるのかと言う断定的な話は出てきていません。

前の記事にも書きましたが、L4キャッシュがMeteorに乗るならば、モバイルがデスクトップを圧倒しそうな予感はします。

伝え聞くMeteorのパフォーマンスだとクロックが落ちてもRaptorと同程度のシングル性能があるように見える上にそのうえで3D V-Caceとよく似た効果のL4キャッシュを搭載するとなると旧アーキテクチャーでは敵わないのではないのかなと感じます。

 

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.